FC2ブログ
Loading…
 

『こうすればきれいな字が書ける』青山浩之

4778037197
小学館クリエイティブ
Amazon

私、こどもじゃありませんが・・・

こどもスーパー新書って。
なんかすごいな。

ていうか。
私、どれだけ「きれいな字」が書きたいんだ?

自他ともに認める数少ない取り柄が
「字がきれい」だったりするというのに。

いや。まぁ。汚くはないですよ、全然。
私の字を見て褒めない人の方が少ないですよ。
それは事実なのであって、自慢ではありません。

世間的には「字がきれい」にカテゴリされるのは認めます。
でもそれは、自分が求める「きれいな字」ではないのです。

幼い頃から、なぜか「きれいな字を書きたい」と強く思い。
その甲斐あってか、「きれいと言われる字」は書けるように。

ああー。でも。違うんだな違うんだな。私が思ってるのと。

常に自分の字の「悪いところ」ばかりが見え。
イライラしながら字を書いています。

自分の字に満足したいという野望を抱き。
その「悪いところ」を矯正しようと苦節ウン十年。

直り・・・ませんね。ええ。

その理由がこの本のおかげでわかった気がします。
要は私の脳内には私のダメな字が染み付いているんです。

青山氏いわく、
「きれいな字を書くには
 あなたの脳内文字をきれいにする必要がある」

毎日きれいな字を見ることが大切なんです。
でも、いちばんよく見るのは自分の字ですよね。
その字が汚いとずーっと脳内文字は汚いまま。

だから自分の字をきれいにしましょう・・・って。
ちょっとしたパラドックスになってますけども。

青山メソッドの文字トレなるものは以下の通り。

1 練習用ノートとえんぴつ、色ペンを準備
2 練習したい字を手本を見ずに書く
3 手本と比べ、試し書きの直したいところを見つける
4 直したいところに色ペンで印、もしくは直す
5 直したいところを意識して字の練習
  ★どこをどう直したいかを頭にいれてなるべく手本を見ずに
6 だいぶよくなってきたと思ったら練習のまとめとして
  一枚か二枚まとめ書き
7 最初のと比べる
8 まだ直したいところがあったらくりかえす
  ★一度に一ヶ所直す

ほかには、指トレであるとか、天気予報の聞き取りとか。
ちょっと、この手の本にしては面白い内容ですね。
役立つかどうか以前に読んでて楽しいですよ。

でね。このメソッド、いいと思います。
元々字がそこそこ汚い人はかなり改善するんじゃないかな。

問題は私はもう既に字はそこそこきれいなんです。
欠点はありますから、このメソッドも使えそうですけれど。

その欠点(くせ)が強固過ぎましてね。
どこが悪くてどう直せばいいかわかってても直らない。
その欠点だけ直そうと必死になると字全体が壊れてくる。

まぁいつの間にか。克服出来てることもあるので。
諦めずに続けるしかないんだろうな。

でも。ちょっと。疑ってしまうのだけれど。
字がきれいって、持って生まれた素質が大きいのでは・・・

私の高校生の時の同級生がすごーく字がきれいでしたよ。
私の父も書道なんてやってもないけど字がきれいですよ。

たまに、そういう人、いるんですよね。
何もしなくてもきれいな字が書ける人。

私は後天的な努力がほぼ100%ですからね。
そういう意味では私の字を褒める人にはこう言いたい。

「努力すれば、私程度の字なら書けるようになりますよ」

でもですね。私が書きたいのは「私程度」の字じゃない。
なんですけれど。もう限界なんだろうか。
だいぶ前から、改善や向上の跡が見えません。

なので。こうして「字がきれいになる」方法論を読んだり。
凝りもせずにペン字練習帳を購入して稽古してみたり。

ある意味、趣味ですね。
うまくなったら楽しみが減るのかもしれません。

しゃーないなぁ・・・

(2018.3.12)
字がそこそこ下手な人にはとってもおすすめです。
まぁまぁ書けている人にも面白いと思いますが。
役に立つかどうかは何とも・・・どうなんでしょうね。


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3325-1babf62d

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『こうすればきれいな字が書ける』青山浩之
  • 2018年09月06日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***