FC2ブログ
Loading…
 

『カラダはすごい! 』久坂部 羊

4594077064
扶桑社
Amazon

タイトルの軽さが勿体ないような

「モーツァルトとレクター博士の医学講座」
……と、副題にあります。

本書の内容については著者自身が、あとがきで書いています。
簡潔でわかりやすいので、引用します。

 世間があまりに健康を求めるため、詐欺に近い情報や、商品が氾濫していることにも、私は疑問を感じます。だますほうも悪いですが、だまされるほうも悪いと思います。消費者が冷静な判断を下すようになれば、怪しげな売り物は淘汰されるでしょう。
 医学の知識が、そのことにも役立つことを、願ってやみません。

本文も筆致は軽快ですが、中身は真面目。
著者の、この思いが全体に満ちています。

タイトルだけがムダに軽い。
帯に踊ってる言葉も三面記事風だ。
手に取りやすいように、という工夫のつもりなのでしょう。

私はむしろ、警戒するわ………
半ばトンデモ本と覚悟して読み始めたもの。

実は、トンデモ本も面白かったりするので。
きゃはは〜って笑いながら読めてしまうし。
それなら、それで、いいやと思って。

いやいやいや。
エンターテイメントの衣は被ってるけど。
身体の仕組みがどうなっているかがよくわかる本だ。

日頃なんとなく疑問だったことも、やさしく教えてくれる。
点滴って、やっぱりね。私、不審に思っていたのよ。
著者は、脱水症以外に使用することに異を唱えてます。

あと、ザクッと面白いと思ったところを。

動物にも血液型がある。
チンパンジー・・・A型とO型
ゴリラ・・・すべてB型
犬・・・13種類以上の型

大便は毎日出す必要なし。自分のペースに合わせればよい。
毎日排便があると、むしろ肛門の耐用年数が短くなる。

同じ色を見ても他人が自分と同じ色を見ている保証はない

痛みを安易に止めることに疑問。
痛みは生存に必要な重要なサインだから。

例えば。
胃が痛い⇒食べるなという合図
腰痛・関節痛⇒動かすなという警告
  
(確かにね。痛みが取れたら食べるし、動くし)

味覚が敏感なのも良し悪しで。鈍感でもいい。

味覚が敏感だと、
・食材の鮮度もわかる
・少し古いとおいしく感じられない
・化学調味料もすぐ見分けられる
  ↓
むしろ鈍かったり未熟な方が、
おいしく食べられるものが多くて幸せ

(ガーン。私、不幸な組に入る!)

これは絶対にそうというわけではなく、考え方次第?
・・・と思うところもありますけれど。

「検診を毎年受けるほうが短命」というところとかね。
これは性格にもよるのではないかしら。
それで安心する人にまで受けるなとは言いづらい。

ただ私は頑固な「受けない派」で。
その理由は、まさに著者の考えと一致します。

検診は「病気でないものも病気とする」ことがある。
「早期発見」の利を私は信じていません。
治療で苦しむ時間が増えるだけだという考え方。

著者がそう言ってるわけではないですが。
病気に気付くなら、手遅れになってからの方がいい。
そしたら、それまでは普通に生きていられるのだもの。

あとは。病気でもないのに。
検査入院でむしろ病気みたいになってしまった、という。
そういう例をたくさん知っているので。

「病気探し」をすると「病気になる」って思っています。

ま。実際に病気になったらなったで。
病院の方が病気を見つけてくれなかったりもするのです。
……とか言うと、ただの医者不信だなぁ。

興味半分で読んでも十分に面白く。
かつ参考になること、考えさせれることが多い本だと思います。

(2018.4.4)
私も家族も病弱なんですけれど。
体の異変に正直で、無理に頑張らない。
なので。実は一周回って健康なのかもしれません。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3336-d10519db

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『カラダはすごい! 』久坂部 羊
  • 2018年11月22日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***