FC2ブログ
Loading…
 

『マイナス50℃の世界』米原万里 山本皓一

4044094438
角川ソフィア文庫
Amazon

それでも人は生きられる。

うそー。うそうそうそー。
永久凍土の上で生きている人々。
っていうか。街があるの!

ビルが建ってるの!
マイナス40℃でも学校行くの!
市営バスも走ってるの!

万里さんは行ったのね、ココに。
いやぁ逞しい。頼もしい。

何もかもが、想定外で。
ショック過ぎて、面白過ぎる。

人間て、「慣れる」のね。どんなことにも。
この寒さに慣れると。なんとなんと。
マイナス30℃よりマイナス55℃の方が快適、となる。

はぁぁぁ・・・・

励まされるというか。
なんかなんか。癒される。
寒過ぎて、あったかいよ。

(2018.4.26)
とにかく。びっくりして。
口を開けっ放しで読んでいた。
私には「冒険」な生活が「日常」なんだもんな。
気が狂いそうに寒いと思うのだけれど。
普通に暮らしてるんだものな。
住めば都、か。うん。そうかそうか。
それがいいね。私もそうありたい。
落ち込んでる時に読むと、いい本かもしれません。
写真もたくさん載ってるし。とにかく面白い。
何より。驚きが悩みを吹き飛ばしてくれる気がする。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3342-3d50a11e

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『マイナス50℃の世界』米原万里 山本皓一
  • 2018年11月25日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***