FC2ブログ
Loading…
 

『デンジャラス』  桐野夏生

412004985X
中央公論新社
Amazon

ほんまのことなん?

谷崎潤一郎の晩年を描いた作品なん!
知らんと読み始めたんで、びっくり。

一応、谷崎文学はひととおり呼んでます。
読んだのが昔過ぎて忘れてたりはしますが。

本作を読んでいると、無性に「細雪」を再読したくなる。
そっか。そんなに明確なモデルがいたんやね。

私、あまり、創作の裏側に興味なくって。
おかげで作家の現実生活はあまり知らないんです。
松子夫人のことはぼんやり存じ上げてますが。

その妹さんがねぇ・・・
ほんまに、こんな感じやったんかな?

谷崎の異常さだけはよくよく伝わってくるし。
私が大嫌いなタイプの女がうようよしてるなぁとも思う。

いや。ほんとに私って女だったか?と疑うほど。
ここに出てくる女たちが異次元やわ。

ああ。めんどくさ。しんど。あほらし。
やっぱ、女なんて辞めたいわー。

まぁ。でも。ひとことで言えば、面白い。

実際のところどうだったかは、ともかく。
自分勝手な人間だらけの人間模様が見飽きない。
視点を変えれば幾つも異なる物語が出来るやろうな。

そして、どれがほんまってこともない感じがする。

谷崎の才能は本物やし。
それを支えた女神たちがいたのも間違いいない。
その関係がややこしかったんも。

しかし。イヤな女だらけの中でも。
重子って最高にイヤな女やね。

だいたい。男性が魅力的と思う女性は。
女から見ると「最低・最悪」なんちゃうかな。
絶対にそうとは言わんけど。

ま、谷崎だって、ヤな男やろ。
世の中は(特に男と女の関わりなんてものは)、
面倒くさいことを面白がらんと、つまらんのかも。

(2018.4.30)
私も女の端くれなんで。
わからないわけじゃない。
わかるからイヤ、ってこともある。
桐野夏生さんがねぇ、と吃驚なような題材だけど。
それでも、桐野夏生らしさは感じる。
読者をぞっとさせるのが、上手いなぁ。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3348-274ca61c

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 『デンジャラス』  桐野夏生
  • 2018年10月05日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***