FC2ブログ
Loading…
 

『擬態』  北方謙三

4167419076
文藝春秋
Amazon

虚無の輪郭。

ふと。ハードボイルドが読みたくなった。
昔。ものすごくハマってたのだけれど。
そういえば、もう何年も読んでいない。

日本の作家だったら。
藤原伊織とか、逢坂 剛、志水辰夫、大沢在昌、原尞、
白川道・・・まだあると思うけど。
思い出せたのは、この辺り。

海外の作家だったら。
ローレンス・ブロック、ダシール・ハメット、
レイモンド・チャンドラー、ギャビン・ライアル、
ドナルド・E・ウェストレイク、ジェイムズ・エルロイ、
マイクル・コナリー・・・こちらも、まだあるはず。

やはり日本の作家の方が少ないかな?
だったら未読のハードボイルド作家を開拓してみよう、と。
検索して、何冊かチョイスしたうちの一冊が、この本。

うん。これは。面白い。
正直、期待してたのとは傾向が違ったけど。

主人公の自己破壊衝動がストーリーを牽引する。
壊れ続けていくヒーローが魅力的なんですが。
痛快とか渋いとかカッコいいとか男の美学・・・とは言えない。

行き止まりの道ばかりを選んでいる。
なのに妙に冷静で、ストイックで。頭も良くて。強くて。
一見、自暴自棄にも見えるけれど、そうではない。
あ、やっぱりカッコいいんだわ。

 自分の内部から、なにかが欠け落ちてしまったと感じることがあったが、それも立原にとってはどうでもいいことだった。欠落したものを補うためになにかをしようとは思わないし、補えるのなら欠落などとは言わないのだ。

立原っていうのが主人公なんですけれどね。
なんか。この感覚はわかるなぁ。
いや、過去形かな。もしかしたら。

欠け落ちてしまったと感じる地点を通り過ぎてしまった。
・・・そんな気がするのです。私の場合。
だから、自らの欠落と共に爆走していく立原が眩しくて。

妙に共感できる部分がある。
立原は時代の閉塞感と真正面から向き合ってしまったんだな。
みんな、目を逸らして誤摩化して生きていくのに。

たぶん。
立原本人もそうするつもりでいたけれど、出来なかった。
それは、たまたま、だとも言えるのだろう。

そして。今はまた。時代は変った、とも思う。
良くも悪くも。生きる人間の「意識」も。

現代のハードボイルドのヒーロー像はどうなるんだろう。
もしくはどうなっているんだろう。
そもそも。ハードボイルドってなんだっけ。

暴力的・反道徳的な内容を、批判を加えず、
客観的で簡潔な描写で記述する手法・文体・・・ですか?

それって、私は「ノワール」だと思ってましたが。
あ。「ノワール」は「犯罪スリラー」という方が近いか。

推理小説、探偵小説、冒険小説あたりとの境界線が曖昧ですよね。
だいたい、ハードボイルドって一匹狼な探偵ってイメージが強い。
(チャンドラーのせいというか、おかげというか)

馳 星周あたりは私にはハードボイルドには思えないんです。
ノワール要素が強いとあまり好きでないだけかも。
その点、本作はそこそこノワール系かもしれない。

まぁでも。
ハードボイルドに欠かせないのは。
クールでドライな表現、というところが一番だろう。
その筆致の感触が結局、人を魅了するのだ。

あとは。そこに「疾走感」があれば花丸。

というわけで、本書はハードボイルドの傑作、と云えるかな。
終盤の展開には少し、不満のようなものはあるけれど。

(2018.5.2)
蛇足とも言えそうな、池上冬樹の長い解説。
しかし、ハードボイルドの変遷を辿れたのは良かった。
私はそうしてみると、結構名作は読んでいるのだな。
解説の中で語られた作品はほぼ既読だった(ちょっと得意げ)。
「檻」が北方の最高傑作とのことなので今度読んでみよう。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3349-5352178a

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 『擬態』  北方謙三
  • 2018年11月05日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***