FC2ブログ
Loading…
 

暮しの手帖 4世紀77号

B00TPE1N7Q
暮しの手帖社
Amazon

気を抜きましょう

夏の号です。2015年の。
お料理の記事が多めかな。
いかにも夏らしいスパイシーなメニューと。
涼しげで、手早く作れるメニュー。

特にコレ!という気を惹くコーナーはなく。
それでも、いつも通り、ぼんやりと癒される。

好きな連載のひとつに、
高山なおみさんの「気ぬけごはん」がありますが。
手抜きした方が美味しかったという豆乳ゼリーが載っている。

ゼラチンをふやかすのは昔ながらの方法を守っていた著者。
私も同じなので親近感を抱きましたが。
なんと、材料に直に加えて混ぜた方がなめらかだったそう。

しかもミルクパンで温めていたのをレンジでチンにしたのに、
夫にほめられて、すっかり気がぬけた・・・と。

私も一度、簡単なやり方で作ってみよう。


豆乳プリン(2個分)

・豆乳1カップにきび砂糖大さじ1を加える。
・レンジでホットミルク程度に温める
・砂糖が溶けたら粉ゼラチン(5g入りの袋を半分)加える
・しつこくよくよく混ぜる
・プリン型に流し入れ、あら熱がとれてから冷蔵庫へ

甘味控えめなので、食べる時に黒蜜かメープルシロップをかけて。

(勝手に箇条書きにまとめました。)

あとは。
ヤマザキマリの「爺さんのパスタ」(エッセイ)が良かった。
私、実は彼女のマンガは読んだことが一度もないですし。
映画化した作品も観てないですけれど。

新聞(うちは毎日です)の人生相談で時々登場されて。
なんとなく、人柄というか、考え方が好きなんです。

脱線しますけど。この人生相談コーナー。
なかなか回答者が豪華(?)でして。
高橋源一郎さん、渡辺えりさん、光浦靖子さんなど。
答えがどれも面白いのです。

ダントツで「優しい」のは渡辺えりさん。
もらい泣きしそうな感じの深い優しさ。
ヤマザキマリさんの答えはカッコいいです。
高橋源一郎氏は「厳しい」ですがその奥に愛はある、かな。
光浦さんも優しいな。明るいけど、軽くない。伝わる。

カッコいい人生相談って、褒めてないか。
でも。突き放される感じでもなく腑に落ちるっていうかね。

ただ。5月に読むと。
夏を先取りし過ぎな内容でしたね・・・

(2018.5.2)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3356-ee47aa13

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 暮しの手帖 4世紀77号
  • 2018年10月22日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***