FC2ブログ
Loading…
 

『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』Marie

4799321811
ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

紙とペンだけで暮らしをマネジメント

「バレットジャーナル」というと。
インスタでは最近よく見かけるようになりました。

マスキングテープやイラストやコラージュを駆使した、
超おしゃれで、やたらアーティスティックな手作り手帳。

けれど。本来は。
紙とペンだけで暮らしをマネジメントするという、
シンプルな手帳術、なんだそうです。

自分流にいくらでもアレンジできるので。
ついつい絵心とセンスがあると、アートになっちゃう?

それが楽しい人はもちろん、それでいいんですが。
日々の生活をトータルに管理するには、凝り過ぎ禁物。
色分けすることすら、実は実用性は低いんですよね。

というのも・・・
たとえば大事なことは赤で書く、というルール。
もしも赤のペンを持っていない時に大事な用を思い出したら。
今は書けないから後で、となり。結果、忘れる。

それとか。
書く前に「これは何色で書くんだっけ?」と悩んだり。
「あれ、色を間違えちゃった」ってこともあるはず。

なんだかんだ言って。面倒くさいんです。
だいたい、ペンを持ち替えるのも手間。
もちろん多色ペンもありますが。
これもうっかり、芯の出し間違いもある。

黒一色だか、青一色だかが現実的。

このことは手帳をずっと書いて来て実感してる。
確かにカラフルだと見た目に楽しいし。
あとで見返す時にはわかりやすかったりはするけれど。

だから。手帳を書くことが趣味な人は凝ったらいい。
私にとって手帳はあくまで、暮らしをサポートするもの。
手帳を書く事に時間や神経を取られるのは本末転倒。

では、ありつつも。
紙面がおしゃれ、美しいという手帳が憧れで。
ほけーっと見惚れてしまう。未練がある。

バレットジャーナルの本来の「シンプルさ」は。
それはそれで「様式美」的なものはあると思う。

箇条書きってとこね。
あと、箇条書きでもわかりやすいように、
書き込み方や記号に工夫をするってところね。

私はもともと、独自の記号とか暗号とか、省略語を
日々開発している人なんです。

地名とか、商業施設とかは独自のマークで記入し。
人名も省略。行動も簡単に記号で表記。

マークに関しては内緒にしますが。
以下のようなものは独自の記号に変換できます。

・買い物
・日記を書く
・図書館
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・無印
・洗濯
・本の返却
・本の受け取り
・貸し出し延長

マーク一つで単語を表せると時間の節約になります。
あと、スペースも。小さな手帳に書き込むので。

ただ、マークの開発(?)には時間がかかっていて。
ピンと来るものが生まれず、諦めたものも。

掃除とか、最寄り駅とか、よく行く駅名とか。
使用頻度が高いのに、具合の良いのが出来ない。

単純にアルファベットで省略すると。
似たものがゴロゴロできちゃってダメなんです。
あくまでも記号化することにこだわっています。
それも、できる限りシンプルかつ、想起性のあるもの。

あ。
本の感想から脱線しました。

簡単にまとめるならば。
バレットジャーナルは4つの基本構成から出来ていて。

1 インデックス(目次)
2 フューチャーログ(半年分の予定)
3 マンスリーログ(月間予定)
4 デイリーログ(一日の予定 タスク)

デイリーログにはなんでもかんでも書いて行く。
日付けが入っていないから、好きなだけ書ける。
ただし、後で見返す時のためにインデックスを作る。
タスクは毎日更新する。

えーとね。私のモレスキン手帳は似た構成ですね。
ただ、デイリーログ部分だけを独立させている感じ。
予定用には別のダイアリーを持ち歩く。
月間と週間とデイリーと。

そもそも。私は用途別にノートを作りたがる人種で。
これは、なかなかやっかいなんです。
どのノートに何を書くのかが混乱してくるの。
何より、重い! 全てを携帯するのが不可!

かと言って。一つにまとめるのも難しい。
モレスキンに月間予定を書き込んだこともあって。
これは限りなくバレットジャーナルに近い形ですが。
使い勝手がイマイチで、1年でやめてしまいました。

今年は、24時間バーチカル(伊東屋)を使用中。
常に携帯し、なんでも書くことにしていて。
後ろの余白ページに読書記録や小遣い帳も記入。
ちゃんと月ごとの表を作って、書き込めるよう自作。

せっかくのメインのバーチカルですが。時間軸は無視。
細長〜いタスクリストの記入欄と化している。
タスクのチェックと翌日への持ち越しは。
ほぼ、この本のルールに近い状態になっています。

タスクを書いても余白はできるので。
そこに、思いつきを記入したりもします。

つまり。すっごい狭苦しいながらも。
私の24時間手帳はバレットジャーナル様式に類似。

本書でマネたいと思ったものの一つに。
「ポイント制タスク管理」っていうものがありますが。
これは、自分が週間化したい行動をポイント評価して、
色塗りしてグラフにするようなものなんですけれど。

これにぴったりの表がなんと! 24時間手帳の冒頭に!
月間チャートっていうんでしょうか。
今まで未使用の部分が役立って嬉しいです。

それにしても。
こうして文章で説明ってわかりにくいですね。
ここまで我慢して読んで下さった方のために、
下手くそ、いい加減、大雑把な実例をば、少しだけ。

どうぞ期待せずにご覧下さい。



IMG_8094sssaeib.jpg

言い訳ですけれど。5分くらいで走り書きしたので。
字が汚いし、歪んでます。右上がりの角度、ハンパない。

記号は敢えて、私のオリジナルのもの。
言葉で書くより、場所とらないし、早いでしょ?
これは、ほんの一部で。もっとあります。

私自身のポイントルールとしては。
ブログは一つ記事をかけば1ポイント。
一日に5つ書いたらどうするんだ?ってことはありますが。
ま、そんなにまとめて書くのはやめようかと。

英語は実際にはやれてません。運動も。
苦手なことを習慣化するのに励みになるかな?

(2018.5.7)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3360-1a371192

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』Marie
  • 2018年10月19日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***