FC2ブログ
Loading…
 

2018年12月に観た映画

2019.01.08 映画   comments 0
foxeiga1.jpg 12/3
ボヘミアン・ラプソディ
★★★★

監督 ブライアン・シンガー
2018年 アメリカ
135分

ラミ・マレック
ルーシー・ボーイントン
グウィリム・リー


大ヒットしましたね。
ヒットの兆しが見えてきた頃に観に行きました。
全然、期待はしていなくて。正直観たいという気持ちもあまりなく。
でも。親友が良かったというので行ってみたのです。

うん。俳優がいい。脚本もいい。音楽もいい。
オーソドックスというか、ベタというか。
とても素直で素朴とも言える印象を受ける映画です。

クイーンなんて知らないよ、と思っていたら。
あれ、この曲? え、この曲も? へーぇ。
というくらい、どの曲も知っていて懐かしかった。

ファンでもなく、フレディーはヘンなおじさんのイメージだったけど。
この人、めちゃめちゃ才能があったんだな。メンバー達も。
曲作りしているシーンがワクワクしました。

音楽に魅力がなければ成り立たない映画でしたね。
格好良くて、哀しくて、少し滑稽で、美しい。
ただ、こんなの映画じゃない、とまでは言わなくても。
ドキュメンタリーとミュージックビデオの融合、
と取れてしまわなくもない内容ではあります。

だけど。フレディー・マーキュリーの人生自体が。
音楽なしではあり得ないものだったわけだから。
その音楽を極めて巧妙にたっぷりと織り込んだ構成は、
彼の魅力と才能と苦悩を描くのに適していたと思います。

クイーンを知らなかった世代も感動できるような、
気の利いた演出で彼らの音楽を聴かせるこの映画は、
フレディーへの追悼にふさわしかった気もします。

私も勢いでサウンドトラックCDを買いそうになりました。

France2cinema1.jpg 12/7
おかえり、ブルゴーニュへ
★★★★

監督 セドリック・クラピッシュ
2017年 フランス
113分

ピオ・マルマイ
アナ・ジラルド
フランソワ・シビル


ブルゴーニュのね、ワイン造りをしている一家の物語。
放蕩息子が10年ぶりに帰郷するところから始まる。
一言でいうと。ものすごいありがちなストーリー。

でも、家族の、というか兄弟だな、の描き方が良くて。
とても気持ちよく見られる映画で、私は好きでした。
長男と、長女と、次男。素敵な兄弟なんです。
長女が特にいいな。次男のいかにも次男ぽいところも。

ワイン造りについても勉強になりますね。
無類のワイン好きってわけではありませんが。
この映画を観ていると、妙にワインが飲みたくなる。

フランス人の気質とかが垣間見えるのも楽しい。
正直、長男の回想シーンが少々気障で鬱陶しかったかも。
そこもなんとなく、フランスっぽかった。嫌じゃない。

ドラマチックではなく。とことん、普通の家族なんです。
悩み方も、対処の仕方も、本当に普通。
愛されて育った、どちらかというと恵まれた子供達。

ま、ブルゴーニュの醸造家に生まれるというのは普通ではないけど。
変な意味での気負いはなくて、良い子達なんですよね。
素直に共感しやすい。

主題は骨肉の争いとかに化けてもおかしくなかったから。
それが、美しくも現実的な家族の話になっていたのが良かった。

こういう地味な佳作は、疲れた時にぴったり。
何しろ葡萄畑の景色もとびきり美しくて癒されます。

あまり映画を観なかった一年でしたが。
最後の月にそれでも、観に行けて良かった。
どちらも好きになれる映画でした。
来年は、もっと観たい!
(もう今年ですが)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3404-2d4d9d69

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 2018年12月に観た映画
  • 2019年01月08日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***