FC2ブログ
Loading…
 

『十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。―狐狸庵先生の心に届く手紙』遠藤周作

4759309497
海竜社
Amazon

古本屋で100円だったので買いました。

未発表作なのですね。
労働闘争のドタバタ期に編集者が紛失して。
著者の没後に発見された原稿。

手紙の書き方の本です。
あまり。参考にはなりません。

相手を思いやって手紙を書こうよ、ってことが。
著者流のユーモアで述べられる。

以下、付箋を貼った箇所の引用。

 一概に「読む人の身になって」と言ってもそれはその都度、書き方がちがってくるのです。しかし手紙の書き方はと問われたならば
 「読む人の身になって」
 この一言につきるのである
 手紙を書くとき––––一分間だけペンを持って眼をつぶってください。これ送る相手の人の今の顔形を心に思い浮かべてください。
 病気で長く寝ている人なら……
 まずほら、ベッドが浮かびます。ベッドに寝ている彼の蒼白い顔も浮かびます。すると、彼がどんな気持ちか、どんな話を聞きたがっているか、どんな話や言葉は聞きたがらないか、段々、わかってきたでしょう。彼は退屈しています。夜も病気の不安でねられないのです。そんな彼には慰めにみちた言葉と、思わず心を朗らかにするようなユーモアが必要だ。
 よし、この二つを手紙の中で書いてやろう。これで「何を書くか」はきまらなくても「どう書くか」は浮かんできましょう。これだけ浮かんだだけで手紙の五割はもうできたようなものです。

あとは。
文章が上手くなるコツというか。
著者自身が八年間続けたトレーニングも載っています。

何でも。著者自身、
作家デビューしたものの、文章が下手と悩んだそうで。
朝から晩まで、このゲームをやって訓練したそうです。

別に難しいことではありません。
目に入るものを自分の言葉で文章にするだけ。

とは言え、沈む太陽が目に入ったとしますね。
これを「燃える火の玉のように」と表現してはダメ。
オリジナルな形容を見つけなさいということ。

ツルピカの爺さんの頭を「薬缶のように光る」もバツ。
「宝石のように鏤められた星」もナシ。

つまり。
1 普通、誰にも使われている慣用句は使用せず
2 しかもその名詞にピタリとくるような言葉を
探してみましょうということ。

えー。難しいですね。
私はこれは不得意かもしれません。

敢えて、形容せず「太陽は太陽で済ませちゃえ」派です。
禿げた頭は禿げた頭で、もういいじゃん。
うーん。そういうもんでもないか。

ピタリと来てしかも斬新、な形容に出会うと楽しいものね。

(2018.6.10)
件のゲームは作家にならない人には必要ないわけですが。
ヒマつぶしにいいし、これを続けると本の読み方も変るよ、と。
あ。暇つぶし……今、私が必要としていることだった。
でも目に入るのは他人の顔ばかりなんですが。
人の顔の形容って難問ですよね。
このゲームを試みた、ある日の通勤時。
若者が履いたド派手なコンバースが目に入り。
あれは何色か?としばし考え。
「カエルのような緑」
「安物の人工芝のような緑」
「12色のクレヨンの箱に入ってる緑」
などなど、頭をひねっておりました。
(カエルのような緑って・・・おいおい)
ま。やっぱり。
「派手な緑のコンバース」でいいような気がする。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3408-1aef7772

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。―狐狸庵先生の心に届く手紙』遠藤周作
  • 2018年12月25日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***