FC2ブログ
Loading…
 

『古文書入門 くずし字で「百人一首」を楽しむ』  中野三敏

2018.10.31 未分類   comments 0
4046214414
角川学芸出版
Amazon

古文書が読めるようになりたい

是が非でもってことはないですが。
読めるといいなぁって思います。

書道を習ったおかげで少しは読めるのですが。
文章をスラスラ読めるレベルには程遠く。
パラパラと単語が拾い読みできるくらい。

手書きの文書とか写本はめちゃめちゃ難しい。
著者はそういうものを最初から読むのは無謀だと言います。

どのくらい無茶かと言うと。
全くの登山の初心者がヒマラヤ登山を志すようなものだ、と。

じゃ。どうしたらいいの?
で。本書です。著者のおススメは江戸期の通俗的な木版本。

なんでかと言いますとね。えーと。
「あ」は「安」、「い」は「以」から来てるのは知ってます?

ところが昔の仮名は。
「あ」でも「阿」「愛」「亞」とかもあるのね。もっとある。

しかも。これはあくまで「原型」であって。
それぞれが現代人には判別できないくらいに激しく崩されている。
崩し方も何パターンもあるのです。

結果、五十音っていうけど、300字以上になっちゃう。
ええ。ひらがなだけでそれですよ。読めるはずない。

版木に用いられる仮名は一音が三字くらいに抑えられている。
それに崩し方も標準的で、個性が強くない。
売り物ですから、出来るだけ読みやすいように作ってある。

ただ、著者いわく版木にも読みやすさの違いがあって。
初級、中級、上級はあるそうです。

百人一首は、歌そのものを覚えている人も多いでしょうから。
入門にはまさに、うってつけなのです。

ここから慣らして。
テキスト代わりに木版本を古書で買うといいそうです。

え!古書って!と思いますけど。
明治初期くらいのなら数百円で買えるし、読みやすいとのこと。
往来物、易占書、教科書などが入門に適しているそうで。

あとは。やっぱり、辞書はいるよね。
著者のお勧めは、児玉幸多編「くずし字用例辞典」。

私は書道の教科書とかで適当に対応してるもんな。
そりゃ、読める字のバリエーションが少ないわけだ。

ふーん。欲しいな、この辞書。
古本屋で見つけたら買おうかな。

くずし字用例辞典 普及版
児玉 幸多
東京堂出版


(2018.8.1)
なんと検索したら、図書館にあって。
辞書なのに貸し出し可能だった。
今度、借りてみよう。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3448-676c60d2

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 『古文書入門 くずし字で「百人一首」を楽しむ』  中野三敏
  • 2018年10月31日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***