FC2ブログ
Loading…
 

私の本棚 6 〜積読本棚ブロック3後列

myhondana0006.jpg

『白い薔薇の淵まで』 中山可穂
『無限の境界』 L・M・ビジョルド
『本を隠すなら本の中に』 ローナ・バレット
『水に描かれた館』 佐々木丸美
『夢館』 佐々木丸美
『ななつのこ』 加納朋子
『無名仮名人名簿』 向田邦子
『渡りの足跡』 梨木香歩
『殿さまの日』 星 新一
『洟をたらした神』 吉野せい
『山の独奏曲』 串田孫一
『猫だましい』 河合隼雄
『汽車旅の酒』 吉田健一
『ハイデガー拾い読み』 木田 元
『回送電車』 堀江敏幸
『祖国とは国語』 藤原正彦
『猫』 クラフト・エヴィング商会
『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』 中島らも
『不実な美女か貞淑な醜女か』 米原万里
『この三つのもの』 佐藤春夫
『崑崙の河』 陳舜臣
『あすなろ物語』 井上 靖
『男どき女どき』 向田邦子

以上23冊。

はい。これはどういう基準で並べたか一目瞭然ですよね?
カラーグラデーションになるように慎重に選びました。

水色から紺に切り替わるところが残念です。
ていうか。紺は入れないほうが良かったかも。

せっかくだから、前面出そうかとも思いましたが。
ま。部屋のインテリアに似合う色合いでもないので隠してます。

内容は雑多。ほぼ100円の古本だろうと思います。
文庫は単行本より気軽に買えますね。

余談ですが、「崑崙」が読めずに難儀しました。
「こんろん」って読むのですね。

パソコンやワープロ以降、漢字が書けなくなったって。
良く耳にしますよね。
書けない字でも読めたら変換できるからですね。

私の場合は違います。
ワープロの時代になってから。
今まで書けていた字が咄嗟に打てずに苛立つ機会が増えました。

書くのはね、読めなくたって見たとおり書けばいい。
記憶にある通りに書けばいい。

読みが間違ってたり曖昧な語が意外とあったんですね。
あと。知らなくてもいいや、っていう。
でも書くのには支障がなくて。
時としては「読めてない」ことに気付いてもなかった。

キーボードを打つ時に「あれ?」と。
「こうだ」と思って打っても変換するとその字が出ない。

はは、この話、以前もしましたね。
「ゑ」なんかもどうすりゃ出てくるか頭をひねりました。
「崑崙」なんて。読めなくても書けるのに!

ふつう、読めないともっと気にするのかな?
気になったら調べるよね。
いや。気になる時もあるんですよ、もちろん。

でも。基本「無意識」領域の広い人間で。
調べるのも無意識にやっているので。
調べたということ事実を覚えていない可能性はある。

あと。何しろ。はやく先を読みたくて。
だから。調べてる時間がもったいなくて。
疑問はとりあえず置いといて読み進んでしまう傾向がある。

そもそも。音読しないし。話し好きでもないし。
「読み」をだいぶ蔑ろにして生きてきたんだなぁ、私。
黙読って。改めて考えてみると不思議。

音読から黙読ができるようになった瞬間は、覚えてない。
でも。最初はできなかったという記憶はある。
「声に出さず読む?」「なんのこっちゃ?」って。

うっすら覚えているのは。
黙読だとドンドン読めるな!って嬉しかったこと。
音読って「自分の声」が耳障りだったし。

だけど。黙読だって。脳内を声は流れてますよね。
読めないとこを私、どうやって処理してたんだろう。

ちなみに。人から驚かれるくらいには読むのは速いですが。
速読ではありません。一字一句洩らさず読んでいます。
ってことは。私は「早口」なんでしょうか。

うーん。あまり話すほうじゃないので考えたことなかった。
だけど興奮してくるとマシンガントークになる自覚はある。

あれ。本棚の話じゃないな、これ。

話のついでで、速く読むコツは何かっていえば。
もうこれは幅広く大量に読書する、ってことですね。

語彙が多いと。速く読める。
ポイントは言葉の意味を瞬時に掴めるかどうかだと思う。
あとは、色々読んでいたら「書き癖」にも対応できる。

たとえ文字は読めても。内容が理解しにくい場合は遅くなる。
哲学書と歴史書なんかはかなり速度が落ちます。科学もだ!

苦手な分野の本ばかり集中して読むキャンペーンとかいいかもね。
読み慣れると、脳の中にその種の本を読む時の「モード」が出来る。
スイッチを切り替えれば良くなって、楽に読めるようになる。

近年。楽に読めるものしか読んでないのは反省しよう。
別にそれでも楽しんでるんだからいいんだけど。
読める書物の範囲を狭めてしまうのはつまらない。

毎年言ってる気がしますけど。
もっと難しいものを読みます、って。
古典を読みなおします、って。

(本棚にそれらしい本が見当たらないぞ………)


というわけで。
今回の棚は背表紙の色にこだわった文庫本たち、でした。

では次回はこの棚の隣の前列を紹介いたします。

このコーナーを初めてお読みの方は、
よろしければ、こちらの記事をお読み下さい。

私の本棚 〜はじめに

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3456-b8fd5d6b

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 私の本棚 6 〜積読本棚ブロック3後列
  • 2018年10月13日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***