FC2ブログ
Loading…
 

『世界中年会議』四元康祐

4783713243世界中年会議
四元 康祐
思潮社
Amazon

詩はやっぱり「売れない」のだろうか。

そんなに古い本でもないのに絶版なんですね。
とか言う私も。知らなかったですものね、著者のこと。
いえ。忘れていたんです。

時々、当ブログの過去記事をパラパラ読み返すのですが。
『通勤電車で読む詩集』小池昌代 編の中にこんな記述を発見。

四元康祐という人の、「言語ジャック 1新幹線・車内案内」
これは、私としては、超・掘り出し物。何だ!この面白さは。
この人の詩は、もっと読んでみたい。

もっと読みたいといいながら。
その名前すら忘れて7年が経過している。
まぁ、よくある話です。

今度読む、近々読む、また読みたい、きっと読む。
私は「読む読む詐欺」だと言われても仕方ない。

読む気はあるのだが、読もうと思うものがあり過ぎる。
あるいは。安易にあれもこれも読む気にだけなって。
実際にはそこまで読みたくもないのかもしれない。

「読もう」と思うのは。
「面白そう」だからですね。
しかし、「面白そう」なものは結構溢れている。

「そう」なものが「そう」である保証はない。

「面白そう」でも「面白くない」
「感動しそう」でも「感動しない」
「役に立ちそう」でも「役に立たない」

ざらに、あることで。なので。
実は期待値が潜在的に低いのだと思う。

一読して「信者になる」くらいの。
「わーなんだこれ、凄いぞ凄いぞ凄過ぎるぞ!」くらいの。
爆発的な興奮とかがない限り、「今度読もう」の「今度」は遠い。

ちゃっかり。偶然に機会が訪れることもあるけれど。
大半が忘却の彼方へ走り去っていく。
「今度」はどんどん遠くなり、新たな「今度」が生まれる。

あ。たぶん。来年になると思いますけど。
自分の過去記事から「読む」と公言した本をピックアップして。
篩にかけたうえで、ほんとに読むという企画を計画しています。

そう。「読む読む詐欺」の汚名(誰も言ってないけど)をはらすのだ。
ていうより。かつての自分の心を動かしたものに出会ってみたい。

あ。四元康祐さん。

検索したら図書館にある本があまりにも少なかった。三冊!
なので。読みたい詩集とか選べませんでした。
Amazonのレビューも書き込みゼロ。

なんかわからんけど。この本にした。タイトルが面白いし。

で。読んで言えること。
この人は、もっと売れるべき!

詩に多少興味がある私も知らないなんて。
この国は現代詩人と言えば谷川俊太郎しかいないのか。

言い過ぎ。谷川さん、私、好きですよ。
工藤直子さんもいる。吉野弘さんも。長田弘さんも。
もっといるいる(でも割愛、ごめんなさい)。

でも、やっぱり。一般的には認知度は低いよね。
詩って。普通の人とは無縁という雰囲気がある。

小説も読まないのに、詩なんて読むわけもないか。
えらそうに言う私も、たまにしか読まない。

別なのかな。読むときに使う脳の筋肉が。
だからこそ、たまにストレッチに読むといいんだよ。

正直。私も頻繁には読めないんです。
でも。読むと。「ほぐされる」感じがする。
「癒される」ではないんだな。

考えるよりも。感じることに比重がかかる。詩を読むのは。
いや。感じてから、それについて考える、かな。
ううん。考えるの面倒だったら、考えなくてもいいんだよ。

四元康祐の詩は。考えてもムダっぽい。
感じるというのも。ストレートにドーン!じゃない。
ヒネてるかっていうと。とても素な印象もある。

やっぱり。「面白い」んです。
わかりやすく言えば短編小説を読んでるみたい。
ちょっと「奇妙な話」系の。

詩の中の出来事は「突飛」ではある。
大人のお伽噺というか。シュールで。

不思議と。受ける印象は澄んでいて。
ドロドロ、ギタギタはなくて、きれい。

私。「新感覚」なもの、苦手なんですよ。
時々、行き過ぎた憎悪を抱くくらいに。
でも、四元さんの詩は懐かしいような。
ちゃんと、わかるよ。よく、わかる。

シンプルで美しい言葉遣いだと思います。
格好つけてないけど、粗暴じゃない。

そして、
大切なこと。
「言い過ぎてない」。

わかりやすく美しい詩ではない。
形容詞で浮かぶのは「面白い」がまず最初。
いいなぁと思うのはその面白さが静かなところ。

浮かれ騒ぐ面白さではなくて。
魂の底の方に響いてくる奥深い重低音的な面白さ。
面白いって実はちょっと・・・だいぶ淋しさに近いんだな。

題材や内容からすると妙なくらいに心洗われる詩。

(2018.9.13)
欧米暮らしが長くて。今はドイツ在住のビジネスマンという著者。
そうか、詩が売れなくても困らないんだな。
というより。私が思ってるよりは認知されている詩人さんのはず。
だけど。詩集がベストセラーになってもいいくらい素敵なのに。
ていうか。頭のいい人なんだなー。なんか悔しい。好きだ。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3463-da934e11

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『世界中年会議』四元康祐
  • 2019年02月20日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***