FC2ブログ
Loading…
 

『引き寄せの法則』マイケル.J・ロオジエ

4062772698
講談社文庫
Amazon

引き寄せ本の決定打。

わかりやすく、要領よくまとまってる。
引き寄せ本は、うじゃうじゃあるので。
いちいち読んでたらキリが無い。

説明の仕方が違うだけで。
どれも同じことを言おうとしてるのだし。

引き寄せるには。
欲しいものを願うだけでいいんです。

ただ。たいていの人は。
自分が何を望んでいるかよくわかっていない。

「望むもの」への憧れでなく、
「望まないもの」への嫌悪に気持ちが行きがち。

職場でも家庭でも。
「私のことを理解してくれる人がいない」と言ってません?

同じ状況でも。
「私のことを理解してくれる人が欲しい」と言いましょう。

あと。自分に似たものが引き寄せられますから。
不機嫌にしてるのはソンですね。

「あなたは思考、感情、心象、そして言葉によって外に発動させているものを、自らの人生に引き寄せているのです」


ですので。よい波動を表しましょう。
まず、マイナスの波動を出すものは。

・失望
・孤独
・足りない、欠けている
・悲しみ
・とまどい
・緊張、ストレス
・怒り
・痛み

プラスの波動を出すものは。
・喜び
・愛情
・わくわくする
・充実している
・誇り
・安心
・自信
・好意

えー。
孤独と悲しみと怒りは私の得意分野ですが。

ま。そこんとこは置いといて。
「もっとわがままに生きてみよう」という提言が。
これ、大賛成です。

しかも。なんと著者は。
「人生のあらゆる領域でわがままになる」ことを勧めます。

あとは、まぁね。
今まであらゆる引き寄せ本で言われているのと同じ。
違うのは簡潔にまとめられていること。

これだと。すっきり頭を整理できます。

なんども言ってますが。
私は「引き寄せの法則」は信じています。

それで大富豪になれるとかは思いませんが。
150歳まで生きられるとかも思いませんが。

「念」の強さに応じて。
物事や人が引き寄せられてくるのは間違いない。

私はちょっと。
最悪のところから抜け出したところです。
沼にハマっているとき、負が負を呼ぶ感じでした。

(近頃は「沼」は悪い方に使わないですけど)

なるべく気分良く過ごしているだけでも。
状況は好転してくるものですね。

(2018.9.12)
引き寄せに興味がある人は読んでソンはない本です。
私はこれを最後に引き寄せ本を卒業しようと思います。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3477-17c08be8

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『引き寄せの法則』マイケル.J・ロオジエ
  • 2019年05月10日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***