FC2ブログ
Loading…
 

『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上)』スティーグ・ラーソン


思てたんと、違う……良くも悪くも。

え。ドラゴン・タトゥーの女出てこーへん。
あ。この子? こんな感じなん?
予想外やったわ・・・苦手かも。

で。ミカエルってナニ?
男だけど、妙にヒロインやん。

と思ったら。著者本人が意図しててんね。

「美しくセクシーだが賢いとはいえない、
 典型的な女性キャラクターの男性版」

えー。えー。なんか、可哀想な響きやねんけど。
でも。確かにそういう都合のよいヒロイン多めかもしれへん。

私、あんまりフェミニズム的視点を持ってへんから。
女性が差別されている、虐げられていると感じることは少ないねん。

女なりに損なこともあるけれど得なこともあるし。
それは男性にもあるやろうと。

別に。男性に生まれたことが絶対的に有利でもないやん?

ミカエルを賢くないって言っちゃうと、ちょっと……
まぁ「流されてる」よね、確かに。

モテる努力をしなくてもモテるんやね。
いや。正義感も仕事の能力も無いワケちゃうし。
ただ、なんか絶妙な「ひ弱さ」があるねん。

ヒーローじゃなく、ヒロイン感あり。
って感じること自体、女性のイメージの捉え方の偏りや!
と、言えなくもないわけやけど。

まーまーまー。目くじら立てんとこ。
しかし、強い女性が出てき過ぎちゃう?
旦那公認の愛人を堂々と持てるエリカさん、嫌いやないよ。
しかし、メンタルゆうか、面の皮ゆうか、やたら厚過ぎやろ。

肝腎の「ドラゴン・タトゥーの女」リスベット。
これも狙いやったんやろうけど。
女ってより、少女っていうか、子供っていうか。

そもそもヒトとして不完全な印象。
能力と行動力を見れば「カッコいい」ねんけど。
なんかもう、痛々しくて、見ててツラいわ。

とか言ったら、リスベットに殺されそうやけど。

そもそも。
評判になってた頃に読まへんかったのは。
私、タトゥーがめっちゃ苦手なんよ。

自分の体を自分がどうしようと自由とは思うねん。
理屈では受け入れられるねん。
別に。好きにしたらええやんて思うねん。

けど。目に入ると生理的にダメなん。
ものっすごい拒絶反応があるん。

敢えて。理由をこじつけてみるとすれば。
自分にかなり大きな手術痕があるからかもしれへんなー。
それが消えないことが辛かったから。

わざわざ、傷をつける感覚がわからんのかも。
デザインやから、オシャレのつもりなんやし。
傷ってわけやないねんけど。

肌に消えない痕を描くってことがなんかダメやね。
ま。現代は頑張れば消せるらしいけどね。

や。そーゆーもんでもないわ。
とりあえず。私が痛いんちゃうのに。
もの凄く痛そうに見えてあかんねん。

ピアスも同じやね。
私も両耳ひとつずつ開けてるし。
片耳に二つまでなら普通に見れるねん。

三つを超えてくると。
「あ、イタタ…・」って感じる。
鼻ピアスも怖い。「イタッ」ってなる。

こないだ。
首の後ろにピアスが刺さってるヒト見て。
怖過ぎて泣きそうになった……

で。過剰にピアスとかタトゥーしてる人って。
わりかし、キレイな子が多いやんか。
えー。勿体ないー。せっかくやのに、って。

ナニ言いたいんかわからんくなってきた。
ほんと、ただただ、生理的に見てると痛なってくるねん。

体に傷をつけるなんて、とかないねん。
したかったらしてもええと思うねん。
ただ、見せんといて欲しい。
まぁ。でも。見せへんかったら意味ないんやろうしなぁ。

ヘンな例えやけど。
物を落とすと、「痛っ!」って言ってしまえへん?
私は昔からそうやねん。
シャーペンの芯が折れても「痛っ!」

なんでやろ。
物に感情移入してもしゃーないねんけど。
ていうか。してるつもりもないねんけど。
条件反射的に、「痛い」と感じるん。

他人のタトゥーとか、ピアス見るのもそれに近いかも。

たぶん。順応性はある(らしい)から。
タトゥーだらけのヒトに囲まれて暮らしたら慣れるんかな?

声を大にして言いたいんは。
タトゥーしているヒトへの偏見はないねん。
タトゥー入れる行為自体に文句があるとかないねん。
やりたい気持ちは正直わからんけど。

タトゥーそのものがあかんねん。
そんなもんと一緒にするなって言われそうやけど。
ゴキブリみたいなもんかな。

ゴキブリにだって生きる権利はあって。
トンボや蝶々とナニが違うねんって思うけど。
もう、ゴキブリってだけであかんやろ。
見た瞬間、ギャー!って叫ぶやろ。

私にとってはそれくらいあかん奴やわ。
なんでゴキブリがそんなにあかんかわからんくらいあかん。
問答無用の、生理的嫌悪やわ。

キレイなヒトは男女問わず目の保養やのに。
タトゥーが入ってたら、怖くて見られへん。
ああ。勿体ない…。残念やわ…。

もちろん。
実際にタトゥー入れた人に出会ったとしても。
「痛っ!」と叫ばないつもりでおるよ。

でも。ごめん、心の中で叫ぶのは許してや。
タトゥーがおしゃれだと思う自由もあると思うし。
タトゥーが目に入るとオソロしいと感じる自由もあると思うわ。

金髪の人が好きか嫌いかくらいなものって、考えたい。
あまり過剰に排斥するのはどうかと思うけど。
世の中タトゥーだらけになるのも正直イヤや。

それでも。したかったらする。したくなかったらせぇへん。
それが保証されてる世の中であるべきやと思う。

もともと。ファッションに正解なんてなくて。
お洒落って、いつの時代も意味不明のヘンテコなもんやし。
だから。愛する人の名を彫る、とか言うよりも。
純粋にお洒落としてやってる方が好感持てるわ。

意味を持たせ過ぎない方が、カッコええよ、潔くて。
「〜の決意」みたいなんは、タトゥー以外で示そうよ。
って私は思うねんけど、ま、それも好きにしたらええわ。

うん。そやな。
タトゥーを見慣れる訓練とか、したらええかも、私。

友人の会社に全身隈無くタトゥーだらけの美形男性がおるんやて。
仕事は出来るらしいで。美容業会だから許されるんやろうけど。
それで営業って、凄いなぁ。逆に会ってみたいかも。

ま。たぶん。「痛い痛い痛い!!!!」って内心絶叫するやろけど。

あ。本の感想……
最初、面白なくて。読むのやめそうになって。
段々。何とかノってきたかなぁ。

リスベットはワケわからん子やけど、好きよ。
タトゥーは読んでる限りはあまり思い浮かべなければええし。
タトゥーがなかったらリスベットっぽくないやろし。

って。なんで、タトゥーの話で終わるねん!

ミカエルも好きやで。
モテて、流されて、悩んで。
でも、悩むとこと悩まないとこのバランスがなんかオモロイ。

リスベットよりは、ミカエルの方が共感はできるというか。
どっちかっていうと、こっち寄りの人間なんやろな、私。
(あ、私はモテへんで!)

以下。規則正しい生活フェチ(そんなんあるのか?)ゆえの引用。

 二月下旬、ミカエルの生活には一定のリズムが生まれ、ヘーデビーでの毎日は同じことの繰り替えしになった。毎朝九時に起きて朝食をとったあと、正午まで新しい資料に取り組む。それから天候にかかわらず一時間散歩する。午後、家に戻るか<カフェ・スサンヌ>の席について仕事を続け、午前中に読んだ内容を掘り下げたり、ヘンリックの自伝の草稿を書き進めたりする。十五時から十八時までは自由時間とし、買い物や洗濯、ヘーデスタへの外出、その他の家事や雑用にあてる。十九時ごろヘンリックの家を訪れ、その日に生じた疑問点について話し合う。二十二時ごろ家に帰り、午前一時か二時まで机に向かって資料を読む。こうして、ヘンリックから預かった資料にくまなく目を通していった。

私、こういう生活、たぶん好きやな。

(2018.10.5)
なぜに唐突な関西弁……?
たまに、そういう気分になるだけです。
話すように書いてみたいな、って。
難しいですね。なんかウソっぽい。
ちなみに、純粋な大阪育ちなんですけど。
両親が関東出身で、家の中では関西弁は話しません。
エセ標準語ですね。イントネーションは関西風味。
関西弁も色々ありまして。
大阪と神戸と奈良と京都とみな違います。
大阪でも地域によって違います。
私は大阪の北の方なので。コテコテではないです。
だけど。文章にしたら、ベタっとしますね。
そういえば。考える時は標準語なんですね。
だから。関西弁で書こうとうすると。
「演技」している感覚になるみたいで。
うー。なかなかに気持ち悪いです。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3497-22380b99

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上)』スティーグ・ラーソン
  • 2019年03月13日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***