FC2ブログ
Loading…
 

『心に美しい庭をつくりなさい。』 枡野俊明

2020.07.01 未分類   comments 0

心の庭づくりに託した「禅の教え」


ザーッとひたすら引用。

 できるかぎり、心を捉えている思いを捨てる。それが、「心の庭」をつくる際の前提です。座禅をするのが理想ですが、日常生活に座禅を取り入れているという人は、そうはいないと思います。
 それに代わるものとして、自分がもっとも心地よいことをするというのはいかがでしょうか。好きな音楽を聴く、気に入った画集を眺める、身体を動かす、アロマを焚く……。そのことをしていると、心が穏やかになったり、軽やかになったり、落ち着いてきたりする、ということが誰にでもあるはずです。
 そのとき、心を捉えているものから離れているのではありませんか?捨てているのです。しばらくそんな時間を持ったあと、静かに心に庭を思い浮かべてみましょう。この一連の流れが「心の庭」をつくるもっとも基本的なルール、決めごとです。

「心の庭」も簡素であるのが望ましいとはいえるかもしれません。簡素でいて、全体として調和がとれ、美しい庭が描けるということは、とらわれているものがなく、安定していて、しかも、しなやかな心が、そうした庭としてあらわれている、と考えられるからです。
 そんな心の有り様は禅が説く心と合致しています。もちろん、少なからず、余計なものを心に抱えながら生きているのが人ですから、時間がかかっても、確実にひとつずつそぎ落としていけばいいのです。

 仏教では欲や迷いを「煩悩」、あるいは「執着」といったりしますが、その世界からいかに距離を置くかが、現代人の課題ではないでしょうか。
 もちろん、ものが欲しい、情報を得たい、利便性を謳歌したい、ということがいけないというつもりはありません。人は時代性をもって生きているわけですから、それらすべてを断ちきったら、生活は成り立ちません。
 必要なのはまみれないということだと思います。言葉を換えれば、自分を律する心を持つことといってもいいかもしれません。
 「知足」という禅語があります。「足るを知る」ということですね。たとえば、ものに対しても、「もっと欲しい」ではなく、「もうこれで十分だ」という心が知足です。お釈迦様も欲望には際限がないとおっしゃっているように、「もっと欲しい」という思いは永遠の連鎖を続けます。

 誰にでも考えが行き詰まってしまうということがあります。(中略)
 突破口となるのは、考えることをいったんやめて、心地よさ、くつろぎの状態に心を置くことです。心がその状態にあると、それまで見えなかったものが見えてきます。気づかなかったことに気づくのです。新たな発見や気づきは発送の源泉です。つまり、心地よくなれば、心がくつろいだら、斬新な発想を生むための準備が整う、といっていいでしょう。

 現代人は総じて、心にいっぱい詰め込みすぎです。たとえば、それは、常識といわれるものであったり、固定観念、偏見というものであったり……。
 また、高度情報化にともなって、さまざまな情報も詰め込まれています。仕事の変化も、当然、関係していると思いますが、じつはそれらが、心を疲れさせ、硬直化させ、ゆとりを失わせている根本的な原因ではないか、とわたしは思っています。

「こんな思いを持っていてはいけない」「この思いをなんとか抑さえつけなくては……」と考えるから、かえって、そのことに心がとどまってしまう。わくままに、消えるままにして、放っておくのがいちばんです。

 処理にしても、即、ただちに、というのが枡野流です。届いたメールにはできるかぎりその場で返信メールを打ちます。いただいたお手紙の返事はさすがにその場でというわけにはいきませんが、その日の夜に時間があれば書いてしまいます。
 講演などのオファーをいただいた際も、その場でパソコンのスケジュールを見て、即答するのがわたしのなかでの原則です。
 また、庭づくりの現場でも即断がきわめて重要なのです。たとえば、大きな石を据えるというとき、クレーンで石を吊ったまま判断に迷っていたら、作業は大幅に停滞します。
 みなさんも、「心の庭』をつくるときに、「この石、いるかな、いや、やっぱりいらないかな……」などと迷わずに、即断を心がけるようにするといいと思います。「心の庭」で即断のトレーニングをするのです。
 「即断」「即処理」が習慣になっていると、多忙なスケジュールもこなせますし、疲れないのです。考えてみれば、そのときにやるべきことをやるだけですから、むずかしいことでもありません。
 習慣にする、癖をつけるということが大切です。まずは、メールの即処理あたりから始めてはいかがでしょう。実際にやってみることでしか、習慣にはなりませんし、癖もつきません。ちなみに“即処理”は禅的生き方そのものです。

 しかし、無駄な時間こそ貴重なのです。そのことに気づかなければいけません。無駄な時間といっても、ゴロゴロ寝転がってテレビを観ているような時間のことではありません。
 その時間を持つことによって、心地よくなる、心がリフレッシュする、前向きになる……。それが、わたしがいう無駄な時間です。

「玉、味がかざれば光らず」
 得意分野は自分が持っている玉です。やるべきことはそれにひたすら磨きをかけることでしょう。せっかく自分だけの才があるのに、他人の玉がきになって自分の玉を磨くことをしないなんて、もったいないことだと思いませんか?

 人は執着心を完全に消し去ることはできません。しかし、知足の心を持つこと、そうであろうと心がけることで、踏みとどまることができます。スパイラルに陥ることはないのです。

 ゴミがたまった心で描く「心の庭」には翳りがあります。心のゴミの点検と掃除を怠らないでください。いつも、翳りのない「心の庭」を描ける人であってください。

 ふるまい、所作の美しさは「丁寧」であることが原点だ、とわたしは思っています。丁寧におこなうことを心がけると、自然に所作はゆったりとして、落ち着いたものになります。そこに誰もが美しさを感じるのではないでしょうか。

言葉も美しさの要素です。綺麗な言葉を聞いていると、こちらの心まで清々しくなります。

 ふるまいを整えると、言葉も整ってくる。ふるまいも、言葉も整うと、自然に心も整ったものになる。この三つにはそうした関係があるのです。美しさも同じです。ふるまいを美しくすると、言葉も美しくなる。ふるまい、言葉が美しいと、心も美しいものになるのです。


(2018.10.30)
日頃から心がけ続けている事ばかりなのですが。
出来てないです、残念ながら。
即断っていうのが中でも私の不得意中の不得意。
保留・先送りが多すぎるという自覚は非常にある。
心のゴミも相当溜まっているし。
それにしても。「庭」って言葉が好きだな、私。
もちろん「庭」そのものも好きだけれど。
概念としての「庭」が好きなのだと思う。
「作る」ことがそもそも好きで。
その中でも「庭をつくる」というのは特別。
当ブログも私の「庭」なわけですが。
近頃、手入れが行き届いていなぁと反省。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3504-40387276

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『心に美しい庭をつくりなさい。』 枡野俊明
  • 2020年07月01日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***