FC2ブログ
Loading…
 

私の本棚 13 〜積読本棚ブロック7前列

aerawreuoaiq32q1c2312.jpg

『ペニーフット・ホテル受難の日』 ケイト・キングズバリー
『菫色の時間』 串田孫一
『バルザックと小さな中国のお針子』 ダイ・シージエ
『ぼくの名はチェット』 スペンサー・クイン
『パヴァーヌ』 キース・ロバーツ
『花言葉をさがして』 ヴァネッサ・ディフェンバー
『オーランドー』 ヴァージニア・ウルフ


以上7冊。

はい。やっぱり古本シリーズですよ。
今年(2018年)の10月に近所のブックオフが閉店。
最終的には8割引きセールなぞ開催してまして。
バサバサと買い込んでしまいました。

一番左の文庫はその時買いましたね。
だから、むりやり隙間に詰め込んだ感じ。
ここは単行本のための場所だったのに。

文庫の左に一見、洋書っぽいものが見えますが。
これはブック型の紅茶缶です。
ははは。どれだけ缶が好きなんだ……
表紙?はこんな感じなのです。

IMGP0944232hb.jpg

バシラーティーティーブック Vol4 (100g)
バシラ―ティージャパン
販売価格 ¥3,240
(2018年11月28日9時46分時点の価格)


なんとまぁ。
Amazonでも売ってましたわ。
私は確か雑貨屋さんで見つけて買いました。
お味もね、甘い香りで美味しいです、たぶん。
正直、よく覚えていないんだな。

でも。他にもここの紅茶缶は買ってるけど。
マズかったことはないので間違いないと思う。

あと。本棚をはみだして。
ちょこんと座ってるうさぎさん。
アンティークのシュタイフです。

シュタイフといえばクマのイメージですが。
ワニとかカバとかゾウとか実はあります。
くまモンだってあるんですもんね。

私、このうさちゃんに一目惚れ。
しかし、ぬいぐるみとか人形は持たない主義で。
部屋に一つとてないんですよね。

5年ほど悩んだ末。
この子だけを例外として迎え入れることにしました。

私。とくに、うさぎ好きってわけではありません。
ただ。酒井駒子さんの『ビロードのうさぎ』が大好き。
ポーズも耳の長さも違いますが、雰囲気は似てます。

本と比べたらわかると思いますが。
手のひらに乗る小ささなんです。
愛くるしいんじゃなく、思案顔なのもいいよね。
本棚の隙間に座っていても似合いそうだな、って。

ところが……本棚に隙間がもうない!
とはいえ。いずれ、これらの積読本も。
読み終えたら半分近くは処分するはずなので。
その時は、この子も本棚の住人になる予定です。

うん。来年だな!
もしくは再来年!

この「私の本棚」シリーズが終わったら。
順次、これらの積読本の山を読み崩し始めるつもり。

しかし。その場合。
読み終えた本を収納する場所(移動させるとして)がない。
未読と既読が混じらないようにするいい方法ないかな。

ま。なんとかなるでしょう。
いざとなったら床に積み上げるとか。
クローゼットの隅に積み上げるとか。
机の下とか横とかの隅に押し込むとか。

(う……。どの案も本が可哀想)


では次回はこの棚の後列を紹介いたします。

このコーナーを初めてお読みの方は、
よろしければ、こちらの記事をお読み下さい。

私の本棚 〜はじめに
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3518-991cc776

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 私の本棚 13 〜積読本棚ブロック7前列
  • 2018年11月29日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***