FC2ブログ
Loading…
 

私の本棚(2018年12月末現在のまとめ)

まず、総数の発表から。
全部で230冊でした。私の予想の220冊に近い!惜しい!

内訳はざくっと。
翻訳本が79冊。
混在しているのが9冊。
国内本が142冊。

私、翻訳本の方が好きなのですが。
古本屋では圧倒的に少ないからだと思います。

以下。全部をまとめて転記。
本棚順ではなく、なるべく作家別にしました。
50音順にしようとしましたが、ちょっと適当です。

『鍵』 H・G・ウエルズ シュニッツラー ホーフマンスタール
『絆』 海音寺潮五郎 コナン・ドイル 山本周五郎
『森』 モンゴメリー ジョルジュサンド タゴール
『命』 シュトルム オー・ヘンリ ヴァッサーマン
『影』 ロレンス 内田百閒 永井龍男
『響』 ヴァーグナー ホフマン ダウスン
『心』 ドストエフスキー 芥川龍之介 プレヴォー
『月』 ルナアル リルケ プラトーノフ
『庭』 梅崎春生 スタインベック 岡本かの子

『猫のパジャマ』 レイ・ブラッドベリ
『ハロウィンがやってきた』 レイ・ブラッドベリ

『猫語の教科書』 ポール・ギャリコ
『われらが英雄スクラッフィ』 ポール・ギャリコ

『ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルII 』 スザンナ・クラーク
『ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルI 』 スザンナ・クラーク

『ロンゲスト・ジャーニー』 E・M・フォースター
『正統とは何か』 G・K・チェスタトン
『無限の境界』 L・M・ビジョルド
『よしきた、ジーヴズ』 P・D・ウッドハウス
『バスカヴィル家の犬』 アーサー・コナン・ドイル
『なつかしく謎めいて』 アーシュラ・K・ルグウィン
『クリスピン』 アヴィ
『ちいさなちいさな王様』 アクセル・ハッケ ミヒャエル・ゾーヴァ
『大草原の奇跡』 アラン・w・エッカート
『パイは小さな秘密を運ぶ』 アラン・ブラッドリー
『書店猫ハムレットの跳躍』 アリ・ブランドン
『ジュリエット』 アリス・マンロー
『絶滅した水鳥の湖』 アン ラバスティール
『本の愉しみ、書棚の悩み』 アン・ファディマン
『孤独』 アンソニー・ストー
『石、紙、鉄』 アンリ・トロワイヤ
『バベットの晩餐会』 イサク・ディネーセン
『魔法の庭』 イタロ・カルヴィーノ
『オーランドー』 ヴァージニア・ウルフ
『花言葉をさがして』 ヴァネッサ・ディフェンバー
『仮面の街』 ウィリアム・アレグザンダー
『自然と愛と孤独と』 エミリ・ディキンスン
『白い城』 オルハン・パムク
『書店主フィクリーのものがたり』 ガブリエル・ゼヴィン
『あかい花』 ガルシン
『盗まれっ子』 キース・ドノヒュー
『パヴァーヌ』  キース・ロバーツ
『猫』 クラフト・エヴィング商会
『ある小さなスズメの記録』 クレア・キップス
『スリー・カップス・オブ・ティー』 グレッグ・モーテンソン デイヴィッド・オリバー・レーリン
『ペニーフット・ホテル受難の日』 ケイト・キングズバリー
『若きウェルテルの悩み』 ゲーテ
『聖なる山の夜明け』 コリン・グリーンランド
『闇の奥』 コンラッド
『クライム・マシン』 ジャック・リッチー
『美しき誘い』 シュトルム
『短くて恐ろしいフィルの時代』 ジョージ・ソーンダーズ
『縞模様のパジャマの少年』 ジョン・ボイン
『ぼくの名はチェット』 スペンサー・クイン
『楽しみは創り出せるものよ』 ターシャ・テューダー
『バルザックと小さな中国のお針子』 ダイ・シージエ
『人類の星の時間』 ツヴァイク
『トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す』 トーマス・マン
『マーシイ』 トニ・モリスン
『英国のインテリア史』 トレヴァー・ヨーク
『死神とのインタヴュー』 ノサック
『レンブラントの帽子』 バーナード・マラマッド
『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』 パウロ・コエーリョ
『冬の薔薇』 パトリシア・A・マキリップ
『怪物はささやく』 パトリック・ネス
『数学放浪記』 ピーター・フランクル
『フランケンシュタインの日記』 ヒューバート・ヴェナブルズ
『ポリス・ゴドゥノフ』 プーシキン
『パースの城』 ブラウリオ・アナレス
『おだやかな死』 ボーヴォワール
『スウ姉さん』 ポーター
『最後の物たちの国で』 ポール・オースター
『野生の樹木園』 マーリオ・リゴーニ・ステルン
『ボヘミアの不思議キャビネット』 マリー・ルツコスキ
『水晶栓』 モーリス・ルブラン
『カブールの燕たち』 ヤスミナ・カドラ
『世界でいちばん美しい物語』 ユベール・リーヴス
『羽をなくした妖精』 ユリヨ・コッコ
『未知の贈りもの』 ライアル・ワトソン
『ナゲキバト』 ラリー・バークダル
『コレリ大尉のマンドリン』 ルイ・ド・ベルニエール
『優しい鬼』 レアード・ハント
『ガイコツと探偵をする方法』 レイ・ペリー
『小鼠ニューヨークを侵略』 レナード・ウィバリー
『ペガーナの神々』 ロード・ダンセイニ
『本を隠すなら本の中に』 ローナ・バレット
『おかしなことを聞くね』 ローレンス・ブロック
『容疑者』 ロバート・クレイス

『日本の名随筆 病』 大岡昇平 編
『日本の名随筆 香』 塚本邦雄 編
『日本の名随筆 装』 佐多稲子 編
『日本の名随筆 海』 辻邦生 編
『日本の名随筆 墨』 篠田桃紅 編

『私と20世紀クロニクル』 D・キーン
『ドナルド・キーンの音盤風刺花伝』 D・キーン

『第一阿房列車』 内田百閒
『第二阿房列車』 内田百閒
『サラサーテの盤』 内田百閒

『空と樹と』 長田 弘
『長田 弘詩集』 長田 弘
『記憶のつくり方』 長田 弘

『猫だましい』 河合隼雄
『おはなし おはなし』 河合隼雄

『四季の無言歌』 串田孫一
『山の独奏曲』 串田孫一
『雑木林のモーツァルト』 串田孫一
『虹を見た夕暮れ』 串田孫一
『呟く光と翳』 串田孫一
『可憐な悪魔』 串田孫一
『四季の語らい』 串田孫一
『串田孫一随筆集 Ⅲ 草笛を吹いた道』 串田孫一
『菫色の時間』 串田孫一
『風の中の詩』 串田孫一
『砂時計と寝言』 串田孫一

『無名仮名人名簿』 向田邦子
『男どき女どき』 向田邦子
『眠り人形』 向田邦子
『愛という字』 向田邦子

『水に描かれた館』 佐々木丸美
『夢館』 佐々木丸美

『さらば気まぐれ美術館』 洲之内 徹
『しゃれのめす』 洲之内 徹

『はるかな国からやってきた』 谷川俊太郎
『祝魂歌』 谷川俊太郎
『すき好きノート』 谷川俊太郎

『世に棲む患者』 中井久夫
『記憶の肖像』 中井久夫

『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』 中島らも
『とらちゃん的日常』 中島らも

『白夜の旅』 東山魁夷
『泉に聴く』 東山魁夷

『殿さまの日』 星 新一
『きまぐれロボット』 星 新一
『どんぐり民話館』 星 新一
『ノックの音が』 星 新一
『おかしな先祖』 星 新一
『なりそこない王子』 星 新一

『複雑な彼』 三島由紀夫
『命売ります』 三島由紀夫
『行動学入門』 三島由紀夫
『小説読本』 三島由紀夫

『汽車旅の酒』 吉田健一
『怪奇な話』 吉田健一
『ヨオロツパの世紀末』 吉田健一

『不実な美女か貞淑な醜女か』 米原万里
『他諺の空似』 米原万里
『旅行者の朝食』 米原万里

『人口庭園の秩序』 磯村光一
『毎日のパン』 いしいしんじ
『ちひろの花ことば』 いわさきちひろ
『機関車先生』 伊集院 静
『ヨーロッパ退屈日記』 伊丹十三
『あすなろ物語』 井上 靖
『ボローニャ紀行』 井上ひさし
『茨木のり子 言の葉1』 茨木のり子
『大阪人の胸のうち』 益田ミリ
『菊慈童』 円地文子
『蒲公英草紙』 恩田陸
『ななつのこ』 加納朋子
『蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ』 河井寛次郎
『時の余白に』 芥川喜好
『梶井基次郎小説全集』 梶井基次郎
『夜の写本師』 乾石智子
『音の影』 岩城宏之
『樹の花にて』 菊地信義
『海も暮れきる』 吉村昭
『永遠の故郷 夜』 吉田秀和
『洟をたらした神』 吉野せい
『なみのひとなみのいとなみ』 宮田珠己
『どくろ杯』 金子光晴
『アメリカン・アメリカ』 犬養道子
『白』 原 研哉
『百人一句』 高橋睦郎
『本が好き、悪口言うのはもっと好き』 高島俊男
『名俳句一〇〇〇』 佐川和夫
『この三つのもの』 佐藤春夫
『「絵のある」岩波文庫への招待』 坂崎重盛
『ライカでショット!』 笹本恒子
『風の詩集』 三木卓・川口晴美 編
『旦那の意見』 山口 瞳
『一色一生』 志村ふくみ
『室生犀星 日本詩人全集』 室生犀星
『快読100万語!ペーパーバックへの道』 酒井邦秀
『美しきもの』 寿岳文章・しづ
『半分コ』 出久根達郎
『ものづくりに生きる』 小関智弘
『小川未明童話集』 小川未明
『布・ひと・出逢い』 植田いつ子
『塩一トンの読書』 須賀敦子
『柳宗悦随筆集』 水尾比呂志編
『奈良・京都の古都めぐり』 水野敬三
『長い旅の途上』 星野道夫
『棚は生きている』 青田 恵
『カントはこう考えた』 石川文康
『西洋館を楽しむ』 増田彰久
『展覧会をつくる』 足澤るり子
『わたしの茶の間』 沢村貞子
『ぼんやりの時間』 辰濃和男
『キップをなくして』 池澤夏樹
『白い薔薇の淵まで』 中山可穂
『四季の言葉』 中村裕  今森光彦
『イギリス流園芸入門』 中尾真理
『崑崙の河』 陳舜臣
『気持ちよく暮らす100の方法』 津田晴美
『消えた少年』 東直己
『本の中の世界』 湯川秀樹
『数学者の言葉では』 藤原正彦
『祖国とは国語』 藤原正彦
『建築探偵 東奔西走』 藤森照信 増田彰久
『ジーノの家』 内田洋子
『日本のたくみ』 白州正子
『この一冊で聴いて10倍楽しめる!クラシックBOOK』 飯尾洋一
『翻訳読本』 別宮貞徳
『玻璃の天』 北村 薫
『名短篇、ここにあり』 北村薫 宮部みゆき編
『回送電車』 堀江敏幸
『画家たちの原風景』 堀尾真紀子
『陰陽師 天鼓ノ巻』 夢枕 獏
『ハイデガー拾い読み』 木田 元
『星三百六十五夜 秋』 野尻抱影
『レモン月夜の宇宙船』 野田昌宏
『夕暮の緑の光』 野呂邦暢
『かけがえのないもの』 養老孟司
『文士の料理店』 嵐山光三郎
『渡りの足跡』 梨木香歩
『ノスタルギガンテス』 寮 美千子
『ミドリさんとカラクリ屋敷』 鈴木 遥
『松本竣介 線と言葉』
『茨木のり子の献立帖』
『<衣装>で読むイギリス小説』


串田孫一と星新一がやたら多いですが。
大ファンであるからとかではなく。
古本屋で見つかりやすい本だったから。

まぁ。好きなことは好きで。
何を読んでもそうハズレないだろうし。
見つけたら買っていたというのもあるでしょう。

正直。
私のすごく欲しい本はほぼ古本屋に出回らなくて。
「絶対好き!これ読みたい!」という本はなかなか買えません。
「面白いかもしれない」「いいかも」くらいの本が多いです。

あ。ここには読んだことのない本だけを並べていますが。
読んだことがあって再読したくて買った本は他に収納してます。

実は。この後に。また2冊、買ってしまいました。
私。毎年、梅田の阪神百貨店の歳末の催事である、
「中古&廃盤レコード・CD カウントダウン・セール」へ行き、
何枚かのCDを買うのがお決まりになっているのですよね。

いつからか、その隣で「歳末古書ノ市」も開かれるようになり。
そちらも覗いて、本も買い込むように。
ええ。自分の中で毎年恒例行事となっているのです。

今年、買った本は。この2冊。

『黒い蜘蛛』 ゴットヘルフ(岩波文庫)
『小さな花』 加藤周一 (かもかわ出版)
 

これを入れると、232冊ですね。
ちなみに、本のタイプの話をしますと。

新書8冊。
文庫97冊。
単行本127冊。

基本、単行本が好きなのです。
文庫は移動の時に読む用のつもり。

で。来年から。
この積ん読の山を崩していこうと思います。
読了後は、このリストに感想ページのリンクを貼る予定。

図書館で本を借りなくても一年は過ごせそうですね。
でも借りるのは辞めないでしょうから。
このうち読めるのは半分ぐらいになるでしょうか。

本の冊数はほぼ当たりましたから、
今度は、読む冊数を予想してみようかな。
えーと。えーと。80冊くらい?
案外、50冊とかで終わるかな。

読み終えた本をどこへ移動させるかが問題だなぁ・・・
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3542-b1e63462

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 私の本棚(2018年12月末現在のまとめ)
  • 2018年12月30日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***