FC2ブログ
Loading…
 

『ミレニアム2 火と戯れる女 (上)』スティーグ・ラーソン


段々、面白くなってきた。

面白くなくもないけど、って感じだった前作から。
あれ。面白さがちょっと増して来たな、と。
独特のクセのある感じが悪くない。

リスベットがちょっと可愛く思えて来た。
そんな風に言ったら、睨み殺されそうだけど。

ミカエルは、最初からなんか好きなんだよね。
絶妙なダメ男だよね。いや、デキル奴なんだけどさ。

登場人物たちが、どちらかというと「強い」のに。
その強さと背中合わせにやたら「弱い」。

つまり。世間一般の常識よりも。
自分の価値観を信じて行動出来る強さがあるのだけど。
それゆえに脆いところがあるし、頑固過ぎるし。

うん。なんか近くにいたら疲れるんだろうけれど。
この人たち好きだわ。

そうそう。エリカも好きですよ。
夫公認の愛人を持つ上流階級出の女。
才色兼備で、堂々としてて。
なんでも持ってるけど。憎らしくはない。

まぁでも私。
いちばん、親近感を持てるとしたらミカエルかな。
とはいえ、あっちでもこっちでも異性を吸い寄せるという、
恐るべき磁力と美貌は持ってませんけど。

いわゆる男前があんまり好きでない一方で。
やたらめったらモテまくる男は面白いと思う。

近頃は。
やたらめったらモテる女も面白がれるようになったかも。
ヒトの魅力には色々なカタチがあるんだな。

リスベットも相当だよね。あらゆる意味で。
この人物造型は見事だな。

違和感というか。
読み慣れない感じはするんだけれど。
そこが味になってる。

スピード感あるストーリーなのに。
微妙に緩みもあるというかね。
緩急の按配が絶妙。

(2018.11.6)
ま。たぶん。
著者はモテる男だったんだろうな。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3544-49cd5a1e

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『ミレニアム2 火と戯れる女 (上)』スティーグ・ラーソン
  • 2019年03月17日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***