FC2ブログ
Loading…
 

『森暮らしの家』田渕義雄


写真がもっと大きくて、カラーだったらなぁ。

著者の言葉では伝わって来にくいところがあります。
でも。絶対に素敵な家!ってわかるので。
大判の写真集に、言葉が添えてある形式の方が良かった。

いや。森暮らしについて。家作りについて。
とても丁寧に書いて下さっているのですけれども。

私が視覚型の人間なせいか。
写真が少なくて白黒なことがとても不満に感じた。
文章から絵が広がる感じはしないのですよね、残念ながら。
誠実ではあるけれど。あまり上手い文章ではなくて。

しかし。憧れてしまう暮らしです。

窓ガラスの結露が美しい模様になって凍りつくことを”窓花”と呼ぶ。

 心の窓という言葉があるように、窓は大切なものなのだ。自分の家の窓をつくづくみつめてみる余裕こそが、今、必要なのではなかろうか。

 自分で自分を祝福する。それが庭の答えだ。人や人が作った物に癒されようとするから複雑になる。それよりも、花やズッキーニから癒される術を学ぼう。自然は誰にでも分け隔てがない。高山の頂きの岩に腰を下ろして、山脈をピンクに染めあげていく夕陽に癒されよう。そして、そんな自分を自分で祝福するんだ。
 晴耕雨木、または夏耕冬木。人生で大切なこと、それは自分の歓びを自分でつかむことなのではないでしょうか? ステキな詩を紹介しましょう。

 この世の暗さは影に過ぎない
 そのかげのむこうがわ
 まだ手が届くところには
 歓びがある
 その歓びをつかめ

 フラ・ジョバンニ(十五世紀のイタリアの詩人)

(2018.12.31)
著者が謙遜しまくるのも、少々耳障りで。
それはいいから!って気持ちになってしまいます。
家が素敵なだけに、惜しい。


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3548-dd2c26b1

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『森暮らしの家』田渕義雄
  • 2019年05月11日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***