FC2ブログ
Loading…
 

父の死

病気一つしたことのない父が。
昨日、あっという間にこの世を去ってしまいました。

私が出勤して。
その後、母が買い物へ出かけて。
母は買い物から40分後に帰宅して。

その時にはトイレで倒れていました。
すでに心肺停止でした。

朝。いつも通りに朝食を一緒にとり。
自分の仕事と父が決めている掃除もして。
私の分もコーヒーを淹れてくれ。

何もかも。
いつもと同じ朝だったのに。

父がいない暮らしが想像できません。
母と二人きり。
どちらも弱い人間なのに。
そんな二人を支え続けてくれた父が消えてしまった。

どれほど。我慢づよく。
どれほど。優しく。
どれほど。愛情深い人だったろう。

何もしてあげられなかった。

75歳は、若すぎるとは言わないかもしれないけれど。
でも。やっぱり早すぎる。

いつかは、ということは全く考えないわけではなかった。
でも。まだ、先のことだと思っていた。

親をなくすことは。
誰にでもあることと覚悟はしていた。
でも。今ではなかった。

トイレで倒れたと言っても。
服もきちんと着て、床一つ汚すこともなく、
きれいにパタリと倒れていたという。

とにかく、病気と縁がなく。
どこかが痛いとかしんどいとか口にしたこともない人で。
誰よりも健康に見えていた人だったから。

皆がただただ、びっくりして。信じられなくて。

そんな中、親族の一人が思わずつぶやいた。
「あまりにも爽やかに逝ってしまった」と。

仕事中の私は、メールも電話もロッカーの中。
後になって開いた母からのショートメールには。

「お父さんが亡くなってしまいました」
「お父さんが亡くなってしまいました」

と。二回、短かい言葉が繰り返されていました。

長かった父の逝った一日、それよりも長かった翌日、
そして、父を送る明日。

私の心は半分くらいは平静で、
けれど一睡も出来ないほどには動転から冷めず、
気がつくと、こうつぶやき続けている。

「お父さんがいない、お父さんがいない、お父さんがいない」

もう会えないなんて。
そんなおかしなことってあるだろうか。

ごめんなさい。
ブログ、当分、お休みします。

落ち着いたら帰って参りますね。
関連記事

ご冥福をお祈り致します。
2019.01.14 10:15 | URL | まいまい #x610XEa2 [edit]
突然のことで驚きました。
心からお悔やみ申し上げます。
また、ブログの再開をお待ちしてます
2019.01.16 12:51 | URL | t0m0 #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.01.18 15:18 | | # [edit]
ありがとうございます。
ほんとうに突然すぎて、まだショックから覚めません。
ブログは一応、年内には再開するつもりでいます。
それが、来月か、半年先かはまだわかりませんが・・・
また、その時はよろしくお願いいたします。
2019.02.06 08:22 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
ありがとうございます。
父がきっと母と私のことを今も心配しているに違いない、
元気を出さなきゃって、そう思っています。
2019.02.06 08:24 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
返信は不要、とおっしゃって頂きましたが、やはり一言だけ。
鍵コメ様のコメント、心に深くしみました。
ありがとうございます。

今日、父の死後ずっと大きな課題だった問題に、
母と悩みに悩んだ末に回答を出しました。

とても大きな決断で。
それによってまた、これから大変な日々が続きますが。
無理はせず、前向きに歩んでいこうと思います。

父は私と母のことをいつも心配してくれていましたから。
父に、もう大丈夫だよ、と言ってあげられるように。

寒暖差の激しい日が続きますね。
鍵コメ様もお身体を大切になさってください。

2019.02.06 08:53 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3586-65ee5a76

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***