FC2ブログ
Loading…
 

競売ナンバー49の叫び  トマス・ピンチョン

4480831290
筑摩書房
Amazon

読み始めてしばらく、本書をミステリーだと勘違いしていた私。
作中に鬱陶しくさえあるほど散りばめられた文学的な言葉遊び、
歴史的作品へのオマージュと窺われる諧謔、に首を傾げつつ、
なんて文学の薫り高いミステリーかしら、と感心していた。

それにしても、それにしても。事件は起きない。
そこでやっと、表紙をじっくりと眺めた。
トマス・ピンチョン!
「重力の虹」で有名な現代アメリカ文学の!!

時々、作者名すら見ずに読む自分には呆れる。
今年、他にも同様のことをやらかしていて、その時も相当ビックリした。
(私のうっかりぶりを知りたい方は、こちら→水村美苗「高台にある家」

「重力の虹」といえば、文学と呼ばれるものは全て読もうという、
熱意に溢れる文学少女だったかつての私が気にかけつつも、
苦手な気配を感じて読まないまま機会を失い、存在も忘れた作品。

いつかは読もうと思ってはいたトマス・ピンチョンを、
心構えなしに読み始めてしまったことに少なからぬショックを受け、
脳が一旦停止。頭をぶんぶん振って気を取り直し、読書再開。

あの、大袈裟に聞こえるかもしれませんが。
雑食系読書家な私も元を辿れば折り目正しい(?)文学少女。
文学には変わらず敬意を抱き、読む際には襟を正します。
チャンネルを切り替えて読む、って言った方が近いかな。

なのに、ミステリモードで読んでいたなんてショック!

すみません、お馬鹿な導入部分が長くなりましたが、やっとここから本題です。
個人的なショックも徐々に癒え、物語の世界に入っていく。

主人公エディパが現実と妄想の狭間で迷走する姿に共振し、
暑いのか寒いのか体感温度のセンサーも狂ったような、
妙に賑やかな仕掛けに満ちた迷路を空腹のまま何日も彷徨っているような、
そんなグラグラと怪しく歪んだ酩酊状態に、やがて陥る。

不安が高まり過ぎた反動で何故か心細さを上回る心地よさが生まれ、
神経の尖った陽気さがどこらかともなく湧いてきて、
愉しく奇妙な、ゆらゆら揺れる意識の混乱が目の前に華やかに繰り広げられ、
ついには自分が体ごと、どこか異世界へと運ばれて行くかのような、
きらびやかな悪夢のなかに、真っ逆さまに落ちて行く・・・

そのまま流され続けて、
この作品から何のメッセージを読み取ればいいのやら、
全くつかめぬまま、読了。

勢いで、本来読み飛ばすことの多い解注を読み始める。
・・・私、苦手なのだ、コレ。

ところが、ところが。何やら本文に負けず面白い。
所々しか気づかなかった様々な作中の仕掛けの解説に夢中になり、
これまた、あっという間に読み終える。

トマス・ピンチョン、こんなに面白いとは全く想定外。
私、こういう理不尽な状況に投げ込まれて振り回される主人公に
極めて同調しやすい素地があるのか、カフカの「城」なども大好き。

どうして面白いのか好きなのか、把握するのが難しい本。
どうやら私にとって無性に好ましい「程良いイライラ感」っていうものがあって。
それは、投げ捨てたくなるぐらいの苛立ちのほんの一歩手前に存在していて、
不穏な安らぎを与えてくれるらしい。

これは、「重力の虹」も期待できそうだな。

(2010.8.4)
文学を読む時は襟を正すなどと偉そうに言っといて、最終的に
「面白かった」の感想で終わっている私・・・
作者が何を言いたかったか掘り下げて考えるべきかもしないけれど、
ありきたりな分析に終わるであろう、そんな作業をやりたくはなくて。
素直に、この豊饒な混乱の世界に溺れるだけ、という読み方もあっていい、と。
・・・そう思わせてくれることがまた、この作品の力だという気がした。

>豊饒な混乱の世界に溺れるだけ
この僅かな言葉から想像される美しい本との戯れ、これ僕にはできないのです。(詩はまだ良いのですが小説は特に無理です)奈何せんお利口さんなところが抜けなくて常に『考える』ことに終始してしまいます。言葉に触れた途端、脳が誤作動してしまうのです。耽美的に、それこそ耽読することができないのは時に辛い。それでも陶酔することのできる音楽の存在は僕にとって恩寵以外の何物でもありません。ブログの冒頭で仰々しくもホラティウスを引用したのも故なきことではありません。ただ、彩月さんの感想を読んでいく内にそのような読み方がいつかできるようになれたら幸いです。本当に羨ましいです。
2010.08.09 20:51 | URL | 小泉宗次 #O2Vp08Bc [edit]
私は知より情が勝り過ぎて、それは数々の不都合の元になっています。
読書の最中、私は殆ど何も考えていません。ただ、その世界に飛び込んでいくだけ。読み終えてから、やっと考え始めるのですが、それは読んだ書物という「対象」に対して考えるのでなく、その書物から自分が得た「印象」について考えるのです。これは「間違った」読書ではないかという引け目をずっと抱いており、矯正しようと努めたこともあります。
今は「知」でなく「情」で掴めるものもあるのだと、そう思い始めています。自分流の読み方しか知らなかった私には、こうして読書の形の様々なことを教えられるだけでも良い刺激になります。小泉さんの文章を読むと「考え抜く」力を持った人だなといつも感嘆させられます。
私が無理を押しても読書の感想を書こうとするのは、考えたものより、感じたものの方が儚く消えていくことが身に沁みているからかもしれません。
私という個人の感情に人様を付き合わせるのは「公害」ではないかという迷いは消えませんが、小泉さんをはじめ、温かい読者さまのおかげで、自分の好きなように書くことを楽しもうという気持ちが生まれつつあると思います。
2010.08.10 00:05 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/362-be0dfd1d

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 競売ナンバー49の叫び  トマス・ピンチョン
  • 2010年08月09日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***