FC2ブログ
Loading…
 

2019年4月に観た映画

2019.05.22 映画   comments 0
*映画タイトルをクリックすると、映画.comの作品ページに飛びます。

mybookshop.jpg 4/5
マイ・ブックショップ
★★★★
監督 イザベル・コイシェ
2017年 スペイン
112分

エミリー・モーティマー
ビル・ナイ
パトリシア・クラークソン



地味だけど。哀しいというか悔しいけど。
主人公を幸せにしてあげて!と叫びたいけど。
何しろ、素敵な英国の田舎町の風景。
フローレンスの開いた書店はまさに私の理想。
行きたい!可愛い!おしゃれ!落ち着く!
主人公は若くもない未亡人で美人でもないですが。
洋服やもの選びのセンスが抜群。
本棚までもが色彩が調和していて見事。
彼女の愛弟子(?)の少女も超・おしゃれ。
話の暗さを救ってくれる愛らしい色彩に満ちています。
ヒロインの唯一無二の味方である親友のことが。
私は素敵だと思いましたし、そのぶん辛いお話でした。

yukiguni23209.jpg 4/12
YUKIGUNI
★★★★

監督 渡辺智史
2018年 日本
87分

井山計一


京都シネマにて。

私の一番好きなカクテルが「雪国」なんですよねー。
と言いつつ、もう6、7年前だな、最後に飲んだの。
バーなんて行かない生活になっちゃったので。

そのカクテルを生み出したバーテンダーのドキュメンタリーです。
90歳を超えてなお、現役。かっこいい。
なんかでも、単純にいい話、でもなかった。
幸せな人だなぁって思うけれど。
本人もそうと自覚しておられるのだけれど。

娘さんも息子さんも。
店のことが第一だった父と母に複雑な思いがあって。
ほのぼのとはしないんだな・・・

井上氏は伝説のバーテンダーとなりましたが。
奥様の晩年は幸せではなくて。
いや、そうと決められるものでもないのですが。
本人も周囲も苦しんだ、その爪痕が見えてしまう。
身内を亡くしたばかりの私にはそれが苦しかった。

何だろう。
それでも。氏の笑顔と話術に魅せられて。
店に通うお客様の気持ちはよくわかるし。
こういうお店が近くにあったらいいなぁと思うし。

格好いいよね。バーテンダーって。
格好いい人に会える場所、であってほしいよねバーは。
当然ですが、格好いい=イケメンということではありません。

日常は格好いいものではないから。だからこそ。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3631-53ac2d03

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 2019年4月に観た映画
  • 2019年05月22日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***