FC2ブログ
Loading…
 

毎日新聞書評の「2018年この3冊」 2

2017年もやりました。
毎日新聞の日曜日の書評欄の、年末の恒例企画のまとめ。
またまた、今更感溢れつつもやります。

毎日新聞の書評執筆陣が選ぶ、その年の「3冊」を。
解説は省いて、ただ一覧を転記しただけですが。

執筆陣の人数が結構たくさんなので。
今回も前回同様、5人ずつで。

あ。説明も気が向いたら、ちょっと入れましょうか。
書評者の書いた文章を抜粋・もしくは編集して付記します。

(画像をクリックするとAmazonのページへ飛びます)

伊藤光晴
(京都大名誉教授・経済学)

『新・日本の階級社会』橋本健二


『面従腹背』前川喜平


3『政権交代の政治力学』今井貴子

井波律子
(中国文学者)

『新約聖書 本文の訳』田川建三


『ノー・ディレクション・ホーム: ボブ・ディランの日々と音楽』エリザベス トムソン


『ドイツ職人紀行』池内 紀

岩間陽子
(政策研究大学院大教授・国際政治)

『ベルリンは晴れているか』深緑野分


『第三帝国の到来(上) (第三帝国の歴史』リチャード・J・エヴァンズ 


『越境の国際政治』田所昌幸


内田麻理香
(サイエンスライター)

『100年後の世界―SF映画から考えるテクノロジーと社会の未来』鈴木貴之 


『機械カニバリズム 人間なきあとの人類学へ』久保明教 


『未来をはじめる: 「人と一緒にいること」の政治学』宇野重規

江國香織
(作家)

『佐野洋子の「なに食ってんだ」』佐野洋子


2『スタア誕生』金井美恵子


3『庭』小山田浩子



この中で読んでみようかな、と多少なりとも思う本は。

『100年後の世界―SF映画から考えるテクノロジーと社会の未来』
『面従腹背』
『佐野洋子の「なに食ってんだ」』
『機械カニバリズム 人間なきあとの人類学へ』
『庭』小山田浩子
『ドイツ職人紀行』

いずれも。
期待せず読んだら予想外に面白かった、となるかも?
評者の方々、本当にこれがその年の「3冊」だったのかな。

この本を紹介したい、というより。
こういう本を紹介しなきゃ、って感じがする。

好きなものじゃなくて。
こういう本を評価すべきと思ってる本を選んだというか。

まぁ。私も違うといえば違う。
好きな本と感銘を受けた本は。
後者を選んでいるのかもしれないね。

江國さんだけが。素直に好きな本を並べてるみたい。
ものすごくわかりやすく、彼女っぽい趣味。

各者の本の紹介文は割愛しますが。
ほんの数行で読みたい気持ちにさせるのは難しいね。

自分の網には引っかからなさそうな本は多い。
自分の興味の幅はまだまだ狭いのだと知らされます。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3647-5f28f0b7

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 毎日新聞書評の「2018年この3冊」 2
  • 2019年07月16日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***