FC2ブログ
Loading…
 

『消えた少年』 東 直己

 ハヤカワ文庫JA
 Amazon



うーん。好きだったはずなのに。

ススキノ探偵シリーズも読んでるはず・・・と。
自分のウン十年分の読書データを検索してみたら。
なんと、この本、すでに読んでました!

1997年って。22年前ですか。あー。
そりゃ、忘れてても無理はない。

(えっ。そうか???)

記録漏れがなければ、著書の本で他に読んでいるのは。
「悲鳴」と「スタンレー」、いずれも2006年のこと。

正直、内容は一切、思い出せない。

ただ、面白かった、すごく良かった、好きだ、と。
肯定的な記憶しか「東 直己」という作家作品にはなくて。
いいのになぁ、あまり評価されてないなぁと感じていました。

近年、立て続けに映画化されましたよね。

しかしだな。イマイチ、だったんです。今読むと。
時代が古い気がして。っていうか実際古いんですね。
古さが味わいにもならない古さの微妙なむず痒さがある。

ひとことで言いますと。
なんか、恥ずかしいというか、白けるというか。
いや。単純に趣味に合わないというか。

ハードボイルドって。すごーく好きだったんです。
なのに。今は。「クサっ。格好つけすぎ」と冷める。

というよりも。
格好つけつつ、自虐的笑いに持っていく塩梅に共感しない。
いや。そういうのも嫌いじゃないんだけどさ・・・

笑いを取ろうとしている台詞や独白がピンとこない。
笑いのセンスが自分に合わない。

ヒロイン?も美人である以外に何の取り柄があるのだろう。
この女性に全く魅力を感じないのには困った。
勘ぐりすぎて、彼女が影の悪役かと思ってしまったくらい。

タイトルになっている「少年」に。
もしかすると若かった頃の私は共感できたのかもしれない。
映画好きで、正義感が強くて、群れない子。

あと。実感したのは。
日本のハードボイルドにはヤクザが欠かせないんだなってこと。

いいも悪いもない。
好きな人は、きっと好き。かつての私がそうだったように。
時が流れれば、人の嗜好も少しは変わる。

「ずっと好き」という作品、作家ではなかったということ。

(2019. 6.1読了)
古い記憶からの感想で、「傑作」や「お気に入り」と語るのは。
とてもとても危険だということが今回、わかりました。
あくまでも読んだ頃の私にとっての想いなのであって。
それが現在までも続いているとは限らないのは当然のこと。
若さには特有の「寛容」と「峻烈」があるような気がします。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3649-a313be84

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『消えた少年』 東 直己
  • 2019年08月24日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***