FC2ブログ
Loading…
 

『「めんどくさい」がなくなる台所』足立洋子

2020.05.08 家事   comments 0
SBクリエイティブ
Amazon


もっとラクになるには、どうしたらいいか?

漠然とした「めんどくさい!」は正体不明の敵のようなもの。
「めんどくさいポイント」がはっきりすれば解消するコツが見える。

著者いわく。
台所仕事は、「頭7割、手仕事3割」だそうです。

「もっとラクになるには、どうしたらいいか?」と。
考えるクセをつけましょう。

「どうせするなら、より楽しく、よりラクに!」を。
口グセにしましょう。

あ。私、ここに「より美しく」を加えたいです。

さて、具体的アイデアは。

・夕食後、明日の夕食の献立を決め、
 メイン食材をトレイに載せておく

・油はオイルポットの網+キッチンペーバーを重ね、
 使用後すぐ、二重ごしにする

・余ったおかずはワンステージアップ
 →ひじきの煮物は豆腐と炒めて卵とじして丼ぶりに
 →おでんの大根は油で焼いて大根ステーキ
 →チキンソテーは割いてセロリとマヨ和えのサラダに

・献立を考えたくない日のメニューを予め決めておく
 →焼きそば、スパゲティ、チャーハン、煮込みうどん等

・マンネリ打破のための表を作る
 表の横列・・・「ひき肉」「鶏」「豚」「牛」「魚」
 表の縦列・・・「生」「焼く・炒める」「煮る・煮込む」
      揚げる」「蒸す・茹でる」「オーブン」「ご飯・麺」

・常備菜は程々に(食べきるのが大変、面倒くさがりやに不向き)

・作りたくない日は徹底してつくらない

・その日使い切るものと、冷凍するものに分ける
 →使い切るもの・・・鶏胸肉、ささみ、魚切り身
  冷凍するもの・・・ひき肉、豚肉・牛肉全般、鳥もも肉

・買い置き野菜を決める
 →じゃがいも、玉ねぎ、人参と、キャベツ、白菜、大根のうちどれか

・「冷蔵庫一掃デー」を楽しんでする
 →「冷蔵庫のものでパーティーだ!」と。
  余った野菜を適当に切り、グリル皿や天板やぎゅうぎゅうに詰め焼く
  少し焼き目がついたらひっくり返し、火が通ったら、お皿に盛る
  肉も加えてもいいし、ハーブソルトを振るだけで美味しい

・ご飯を週に一度4合炊き、150〜180gずつ冷凍
 ビニールに薄く均一に入れて
 3分〜3分半で解凍

・フライパン、ボウル、まな板は大きめを使う(ストレス減)
・段取りを前もって考えておく
・冷凍ミックスきのこを作っておく
 →椎茸、エリンギ、舞茸、しめじ・マッシュルームを適当に切る
 →ざっくり混ぜ、100gずつ小分けにして冷凍

・収納は7割詰め、3割は常に空けておく(収納の余裕が心の余裕)

・レジ袋はスペースを決めて収納。畳み方も統一する

・取り出しにくかったら、収納場所を動かしてみる

すみません。あくまでも私が読んで書いた「メモ」です。
普通のことといえばそうなんですが、よく整理されています。

あと、巻末の「味の型紙」もいいですね。
基本の味付けを覚えてしまうというところ。

・麺つゆ・・・醤油、みりん、だしを1:1:4で混ぜるだけ
・かぼちゃ・さつまいもの甘煮
 100gに砂糖大さじ1、塩ひとつまみ、水はかぶるくらい

些細なことの積み重ねが大事なんですよね、台所仕事は。
少しの手間と気遣いと工夫で違ってきます。

とか言う私は台所をバタバタ馳け廻る派です。
要領悪い、手際悪い、手順悪い!

見ていて、やたら無駄な動きが多いだろうと思います。
うん。むやみと忙しそうに見えるんじゃないかな・・・

(2019. 11.14 読了)
本書を読んで、私の家事にモットーができました。
「楽しく、ラクに、美しく!」
あ。ちょっと付け加えるならば。
「どうせなら」もしくは「できるだけ」。
頑張りすぎないでやっていこうと思います。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3673-12471bb6

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『「めんどくさい」がなくなる台所』足立洋子
  • 2020年05月08日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***