FC2ブログ
Loading…
 

つぶやき集 2018年4月 1

昨日のピリスのリサイタル。彼女の紡ぐ音が、音楽が素晴らしかったのはもちろん、ホールの景色が美しかった。演奏者と観客の心が通い合っていると感じる幸せな空間、経験でした。今頃になって、なぜか涙が湧いてきます。素敵な時間をありがとうございました。ピリスさんも、一緒に聴いていた方々も。

誰にも言わないだろうと思っていたこと、そして実際にずっと隠していたことを、呆気なく口にしてしまう瞬間が人生には稀にある。言ったのが良かったか、言わずにいた方が良かったか、それはわからない。ただ妙に肩の荷がおりたような心の軽さもあって。そして、その軽さが淋しく心細い。

軽くなった分を。急いで埋めようとしていることに気付く。人は案外、おもりを必要としているものなのだ。自由より不自由に安住するものなのだ。この心細さや淋しさを、だからほんとうは大切にしなければならない。

空白が語るもの。「無い」ということで存在を示すもの。不在であるからこそ、その力が伝わってくるもの。

ツイッター、3年前に辞めたはずだったけれど。メインアカウントを凍結した後もこの予備アカウントは消せず。気がつけば少しずつ呟く頻度が増している。せめて、内容は読書と芸術鑑賞に限ろうと決めてはいるのだけれど。ふと、心のざわめきを吐き出してしまいたくなる。時々ならば良し、としようか。

さてと。返却期限の迫った「アメリカ短編小説傑作選 2001」を読むとしよう。この本を借りたのは、単独で翻訳されている本のないある作家の作品を読むためだったはずなのだけれど。その作家の名が思い出せない。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3769-5ad17f69

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • つぶやき集 2018年4月 1
  • 2020年05月15日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***