FC2ブログ
Loading…
 

ヤングアダルトパパ  山本幸久 

4048740407
角川書店
Amazon

題名を見て、ふーん、若いおとーさんが育児を頑張る話かぁ、
ほのぼのしてていいかも、と軽い気持ちで読み始めた。

まもなくして。
ん? 若いパパ? え? ちょーっと待ったぁ!
中学生って、「若い」んじゃあなくて、「幼い」っていうんでは・・・。
そうか、ヤングアダルトってそ~ゆ~コト、はぁ・・・納得。

びっくりした。・・・中学生のパパって。
でもって、ママは、彼より10くらい年上の歌手もどきで、
子供を置いてトンズラしたんだと・・・。

しかしだな。静男クン。君、めっちゃいい子やね。
息子の優作への愛の溢れる日々の子育て、もう私、素直に応援しちゃうよ。
花音さん、という子供を捨ててった女にも何故か怒りは湧かない。

そもそも、こんな事態が起こってるのを把握しなかった、
静男のお父さんも相当なもんだけど、ま、それも気にならない。

たぶん。これ、山本幸久の魅力だと思うけど、
作中に、どんなハチャメチャな人間が登場しても、
結構これって大事件、てな出来事がおこっても、
なぁーんか、のほほ~んな空気が漂ってて、
読んでいても気持ちが、ぜんぜん焦らない。

まったりするのではなく、一緒に笑ったり泣いたりはするのだが、
何だろう、うまく言い表しにくい、安定感がある。
たぶん、根本的に、とても健やか、なんだと思う。

とぼけた味の、ちょっとチャラけた感じの、
だけど、きちっとした、明るい世界だ。
でも、考えてみて、普通、静男の立場だったら、もっと暗くなるよね。

あ、彼の母親は家を出て、再婚しちゃったんだよね。
で、父親は、ふらふら仕事と女に忙しくて、家に帰ってこないの。
これならグレても、当然じゃん?
でも、べつにグレて子供を作ったワケではないのだ・・・。

彼の子育て、感動的なんだよねぇ。笑えるけど。
で、思わず、こんなデキスギな少年、いるかぁ~?って思ったり。
だけど、いそうな気がするんだよね。
彼の友人たちも、程良く自分勝手で、でもなかなかイイ奴で、楽しい。

清々しい感動で、気持ち良く読み終えたけど、
ああ、まだまだ、静男クンの子育ては先が長くて。
ほんとに、君、大丈夫かぁ~って。
うん、でも、心配だけど、心配じゃない。
きっと、色々あるんだけど、優作君は健やかに育っていくよ。

そう、思わせてくれるのが、嬉しい。
いいよね、こういう小説。
ストレート直球勝負で、潔いね。好きだな。

(2010.9.22)
本の感想はここまで。
この先は私がこの本を読んで思いだした過去のエピソード。
さて、皆さま、静男クンみたいな子は、実在すると思いますか?
静男クンはとにかく息子、優作の面倒を良く見る。
こんなお父さん、いないでしょう~と言いたくなるくらい。
「優作に自分が必要である以上に、自分に優作が必要」という彼の台詞、
ジーンと来ます・・・と、ここで。

なんか、似たような話、どこかで聞いたぞ・・・と、ふと思う私。
え・・・。ん・・・。?あっ。あ、ああーっ。そうだ。いた。いたぞ。

「おれ、トモの為やったら、死んでもいいって、時々思うねん。大袈裟やって笑われるかもしれへんけど、本気やねん。今、おれは、トモのためにしっかりしなって。ほんとに。めっちゃ可愛くて。何より大事やねん。俺の命やねん、トモは」

と。思わず、ほけーっと、これTVドラマですかぁ~っと、
言いたくなるようなセリフを熱く熱く語る少年、その名も「翼」。

ああ、ほんと若いなぁ、ていうか幼いなぁ、可愛いなぁ、
・・・と感心しながら、何で私、こんな告白を聞いてるんだ?
と、はてなマークが頭の中にいっぱいでしたね、あの時。

翼クンはですね、当時19歳。すでに2歳になる息子がいました。
高校生の時、同級生の女の子との間に出来た子。
しかし、二人は結婚せず。高校は中退。
でもって、息子のためにと働きだした彼、一方フラフラしてる彼女。

「あいつ、トモのこと何も面倒みぃひん。サイテーや。あんなん、トモの母親と違う」と言いつのる翼クン。
はぁ~。さよですか。何ともコメントできませんけど。

どこで彼と知り合ったかと言えば、自動車の教習所。
ある日突然、一応、免許取ろう!と思い立った私、
周囲の若者にビビリながら、近所の教習所に仕事の合間に通っていて。

ほら、最後の方。3人一組くらいで実車すること、あるじゃない?
その時、同じ車だったんだよね。翼クン。
ま、それ以前に私は彼のことは気付いてはいましたが。

大体、私は集団ってものが苦手で、人が多い場所は全て大嫌い。
いつも、学校でも何人かのお気に入り(男女は問いません)を
こっそりと眺める(鑑賞する)ことで気を紛らせていたのです。

そう。私が教習所で見つけたお気に入りの顔ナンバー1が翼クン。
そこ、何だかとっても不作(おいおい)な場所で、
他に私の眼にかなったのは、男前すぎる教官が一名だけだったのだよね。
でも、隣にいる教官をじろじろ眺めるのは難しいよね。

なので、教室で翼クンを眺めるのが唯一の秘かな楽しみでした。

気の強そうな、少しだけ悪そうな、でも可愛らしい、という、
典型的なジャニーズ顔で、私の好きな系統とはズレていて。
背が低いのと、服装がヤンキー過ぎるのが残念だったりしたんだけど。

で。何故か。どういう間違いか、彼が私に一目惚れ。
なんとまぁ、素敵な棚からボタモチ、と言いたいとこですが、
私、彼より9歳か10歳か(忘れた)年上でありまして。

・・・ないわ。それは。歳の差なんて、とおっしゃるかもしれませんが。
あのぉ。やっぱり、ちょっと(2ヶ月ほど、彼の猛攻アタックは続きました)。

何というか、若いと勘違いも暴走するんだなぁ・・・。
というわけで、冒頭のシーンへ戻りますね。
ははぁ・・・と。彼の言葉を聞いて、私、思いました。

あ、この子、トモくんのお母さんが欲しいんだな。
だから、年上で落ち着いてそうな私に目をつけたんだな、と。
それだけではない、とはちょっと思いたいですけどもね。

「俺が絶対、××(私の本名)、を幸せにするから!」と
彼は連呼しておりましたが、私は、やっぱりそれでも、
「若いなぁ・・・」という感想しか抱けませんでした。

ま、そんな冷静に冷め冷めだったってこともありませんけど。
ひどい失恋の後で、当時、気力も尽き果ててましたし。
それだっていい加減、ドラマか、コレ!な展開だったので、
もう、いいよ、そんなてんこ盛りは勘弁してよ、な気分で・・・。

というわけで、私が10歳年下の子連れの男の子と恋に落ちるという、
ドラマのような出来事は起こらなかったのでした。

ほんと、すっかりそんな出来事忘れてた・・・この本読んで、思いだしたよ。
「トモ」のことを語ってる時の翼クンの瞳は輝いてたなぁと。
聞いてる方が恥ずかしくなることを、何のテレもなく口にする姿に、
母性愛でなく、父性愛もやっぱり、あるんだなぁと思ったことも。

会ったことないんだけどね、トモくん。
もう、中学生くらいになってるよね。無事にスクスク育ったのかな?
だと、いいな。他人ごとだけどさ、でも。まっすぐにいい子に育ってて欲しい。

ここまで、読んで下さった皆様、私の超・個人的な昔語りに、
お付き合いありがとうございました・・・。

すみません、本の感想より私の思い出話の方が遥かに長くて汗)。

関連記事

ひたむきすぎる静男くんが良かったです。
過去のエピソード、ドラマのようでビックリでした。
トラックバックさせていただきました。
2011.10.19 02:34 | URL | 藍色 #JyN/eAqk [edit]
ひたむきでしたねぇ。これは応援しちゃいますよね。
山本幸久さんの作品は温かくて好きです。

あ。過去エピソードも読んで下さったのですね(^-^;)
あの頃、何故か私の身の回りでドラマみたいなことが、
よく起こっていました・・・懐かしいです。

トラックバックありがとうございます。
2011.10.19 08:14 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/415-aee630b4
夏休みもあと数日。中学2年生の静男は、生後5ヶ月の赤ん坊を負ぶり保育所を探していた。10以上年の離れた花音と恋をして、優作が生まれた。しかし彼女は幼い父子を残し、消えてしまったのだ。もうすぐ二学...
2011.10.19 02:24 粋な提案

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • ヤングアダルトパパ  山本幸久 
  • 2010年09月27日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***