FC2ブログ
Loading…
 

『途方に暮れて、人生論』保坂和志

4794214928
草思社
Amazon

今年読んだ本のベスト10に絶対入る本。
これはね、ほんと、素晴らしい。
・・・何が?って?

ちょっと横着して、この本の良さをわかりやすくまとめている、
コピーの文章を拝借。

人生のあいまいで複雑な豊かさについて粘り強く考え、丁寧に言葉をつみかさねていく。読めば読むほど世界の広がりが増していく、不思議な人生論。

名言だらけなのだ、この本。
しかも、こう、他人が見過ごしてしまうようなところに、
ズバっとではなく、のらーりくらーりと入ってくる。

切り口が鮮やかというのと違う、その独特なゆるい鋭さが、
妙に実感を伴って、強く訴えかけてくる。

多くの、時代に乗れない人々(私も当然その一員)の救いとなる、
そんな一冊だろう・・・何だか、ほっとする。

世の風潮に流される我が身を嘆きつつ、そんな自分を傍観している私も、
自分の価値観を取り戻して生きていけそうな、気力が湧いてくる。

何度も読み返したい本。

(2006.7.25)
ええ、4年前に読んで以来、一度も読み返してません・・・
まぁ、毎度毎度のことではありますが。
どんどん列を伸ばす「読み返したい本」のリスト。
すでに、一生のうちに全てを読み返すのは不可能な冊数に達しています。
ああ、何を読むべきか、読まざるべきか・・・。
それを悩むのも、ある意味、楽しみのひとつかもしれません。


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/484-27bd8502

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『途方に暮れて、人生論』保坂和志
  • 2010年10月08日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***