FC2ブログ
Loading…
 

新・片づけ術「断捨離」  やました ひでこ

4838720521
マガジンハウス
Amazon

どっひゃ~。こりゃ、ナンだ?
久々に、私を絶叫させる、迷作出現!

ちょっとしたブームを起こしている「断捨離」。
「不要・不適・不快」なモノを断ち、捨て、離れること、
その過程のなかで「モノと自分との関係を問い直すこと」
という、ヨガの考え方を拝借した生き方指南なワケです。
その人気ぶりは、今年の5月に図書館に予約した本が、
今頃やっと私の手元に届いたことからも窺われます。

これを読む以前に、著者の一番弟子だという、
川畑のぶこさんの著書を読み、好感を抱いていた私、
期待大で本書を読み始めた・・・のだが。

ぎょええっ!よ、読みづらい。しんどい。
何故か読んでて妙に腹が立つ。悪酔いする。助けて~~。

だいたい。
活字ならなんでもOKな、この悪食喰い&雑食な私が、
吐き出したくなるようなマズイ文章は、珍しいぞ。

あ~、コレ、今年読んだ本の中で、ダントツ、ワースト1!
決定!!!(あと2ヶ月今年は残ってるけど、間違いない!)

はいし、どうどー。(馬か?)ひひーん。・・・じゃなくて。
落ち着いて、何が、そんなに私を怒らせるのか、分析してみよう。

あああ、今更ですが、本書を読んで感動あるいは共感した方、
申し訳ございません。以上、以下の罵倒は私の個人的意見です。

そこのところをご了承頂き、続きをお読みくださいますよう。
え~。内容は、別に悪くはない。提唱してることは、ね。
ただ、読む気をなくさせる文章なのだ。
下手、な上に、読者を不快にさせるオーラが漂ってる。

ていねいな語調だけど、強硬?
なんていうか、上から目線で、カチン、と来る。
思いやりのない文章だなぁと思う。読む人の気持ち、考えろよ。

だけど、たぶん、この人、これで精一杯、気を遣ってると思う。
実例をあげて、わかりやすくしようとしてるみたいだけど、
その実例の選び方のセンスと、その描き方が、下手糞過ぎ。
ますます、反感を買うだけだよ、これは・・・。
好意的に考えれば、案外、不器用な人なんじゃなかろうか。

はっきり言おう。
こーゆー人は、本を書いちゃ、ダメだ。
自分も周りも不幸にする。
セミナーとかで講演する分には、この調子でもOKなんじゃないかな。
むしろ、こうでなきゃ、ダメなのかもしれない。

しかし、文章としては。ムダが多いから、イライラする。
直球過ぎて、遊びもなく、ガンガン耳元で、怒鳴られてる感じ。
あ、なのに、語調は丁寧で、しつこい。語尾がうるさい。
説教するオバさま、って印象だ。
聞き流したいが、内容はあながち間違いでないのが、
いっそう、ムカムカする。

つくづくと。
内容が正しくても、いい事を言ってても、
アプローチ、表現方法を間違えると悲惨だなと、実感。

マガジンハウスの編集者、大丈夫か?
コレを出版しても許されると思うなんて、
言語感覚、そうとうイカレてないか?
手直し、しようよ。それとも、した結果がコレか?

まぁ。これに感銘を受けちゃう読者もいるらしいから。
言葉とか文章に対する感性って、相当、麻痺してるんだわ。

と、これだけ、言いたい放題しながら。
私、大丈夫か?と激しい不安にかられる彩月なのである。

書きたいことを書きたいように書く、その危険がひしひしと・・・。
だいたい、アンタも文章、決して上手かないわよ。
ムダは多いし。繰り返しも多いし。相当、自己中心的だし。
ひぇぇ~。急に寒くなってきた~。誰か、コート投げてくれ。
え、タオルか?ガウンか?

・・・ふざけるのは、この辺にして(いや、けっこう本気だけど)。

結論。絶対、私は、この本は、お薦めしません!!!
「断捨離」の考え方も別に、目新しいものではありません。
ただ、この言葉に魅力はありますし、提唱してることには、
共感します・・・ので。

「断捨離」に、興味のある方は、
川畑のぶこ著「断捨離のすすめ」を読みましょう!
片付けたい、シンプルに暮らしたいという人には、お薦めです。

やましたのぶこさんが「断捨離」の伝道者と認める一番弟子、
川畑のぶこさんは、心理療法家という職業柄でしょうか、
読者に思いやりのある、わかりやすい文章を書かれます。

本書とは逆に読んでいて、心が落ち着きます。
繰り返し、読みたいと思えるような本です。
ああ、言ってることは同じはずなのに・・・何という違い!

だから。私は、中身だとか、精神だとかで勝負するのは、
なんだか、いかがわしいと思ってしまうのだ。
外見だって、大事ですよ。着る物は、重要です!
内面が自然に滲み出てくるなんて、甘えたことを言うでない!

そりゃ、それもあるけど、最低限の努力はしろ!
してもダメなら、自覚&自重しろ!
・・・ああ、やっぱり、まるで自分に向けて言ってるような(汗)。

すみません。私がこのような罵倒記事書くことは、稀なので。
たまのことだと思って、許してやってくださいませ。
年に一回あるか、ないかだと思います・・・。

ちょくちょくお邪魔している「読みました」で、
この本の感想が取り上げられていまして。
それが、どうやら管理人のキヨハラ様が私と同意見でらっしゃるので、
なんとも、救われる思いでございますよ・・・。

と、言うわけで、リンク貼らせていただいちゃいましょう。
こちら→http://kiyohara00.blog113.fc2.com/blog-entry-159.html

(2010.10.4)
お疲れ様でした・・・てか、私も疲れたよ・・・。
今度、腹が立つ本に出会ったら、無視しようかしら・・・。


関連記事

彩月さん、

珍しくオーバーヒートしてますね(笑)
こういう人いますよ、世の中にはたくさん。

そういう人たちとの対処の仕方も、何となく分かるようになってきましたが、それは生身の人間とのコミュニケーションだから出来ることであって、本になると、それは拷問ですね。。。

よく、最後まで読めました!偉い!

私はどんな書物にも愛を(笑)というキャンペーンを張っているのですが、なかには「むむむ」というものもあります。

そのときは心を空白にし、字だけを読んで、心に入れないのである。
えっ、それって、読んでないじゃん、と突っ込まないでください。

生身の人間から、かちんと来ることを言われたときは、「あっ、何か音が聞こえてる」と感じて、聞き流すのである。えっ、それって、話聞いてないだけじゃん、と突っ込まないでください。

では。
2010.10.21 18:29 | URL | 速読おやじ #JyN/eAqk [edit]
生身の人間相手だからこそ、コミュニケーションで緩和できたり、
もしくは、いっそう、こじれて悪化したり・・・。

私、本を読むのを途中でやめることが出来ないのですよね。
やめた方がいい場合もあるような、気がするんですけど・・・。

速読おやじ様の処世術、おもしろいですよ~、それ。
きっと、表情は真剣に読んでたり、聞いてたりするんでしょうね。

彩月がそれをやると、すぐバレて、「聞いてないだろっ!」と、
思いっきり、怒鳴られそうな気がします・・・(笑)

演技力を磨かねば!(え、違う?)

・・・ありがとうございます。和みました♪
2010.10.21 19:41 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
「悪酔い」しますよね。あはは。
実世界でこの著者に会ったら、私、たぶん目をあわせられません。
でもこの本を高評価している人々やお弟子さんたちって、どんな人たちで、どうすばらしいと思っているのか、とても興味があります。(ありません?)
2010.10.30 14:15 | URL | キヨハラ #/.OuxNPQ [edit]
やっぱり、言語に対する感性が麻痺してるんじゃないかしらん。
・・・実物にあったら、なんか、カリスマ性があるんかしら。
たぶん。ちょっとクセのある、ややこしい引力を持ってるような気も。
ほら~。なんか、イヤなんだけど、そのイヤさがヤミツキに、って。
こ、ここまで言うと、人権侵害かしら・・・。

あ、そんなに悪い人じゃなくて、ちょっと(だいぶ)鈍感な人、
って可能性も、かなり高いですよ・・・。
そこが可愛げがあったりするとかね。実際に会ってみると。
とか、言いながら、私もお会いしたい気持ちにはなりません(笑)

2010.10.30 22:41 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/529-6031a156

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 新・片づけ術「断捨離」  やました ひでこ
  • 2010年10月21日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***