FC2ブログ
Loading…
 

邪馬台国はどこですか? 鯨 統一郎

4488422012
創元推理文庫
Amazon

面白いです。大好きです!
歴史好きの人はもちろん、私のように好きだけど苦手(は?)な人も、
さりげなく歴史のおさらいなんか出来ちゃいつつ、楽しめます。

知的な、心地よい驚きがあるのだよね。
え~、うっそ~、バカなこと言わないでよぉ!
という、珍説が次から次へと飛び出しまして。

気がつくと、へぇ・・・そうかも、そんな気がしてきた、と。
気分良く、騙されてしまう感じなのだ。
いやいやいや、大したもんですよ。

あ、ジャンル的には、歴史ミステリですかね。
で、安楽椅子探偵もの?んん?でも、死人は出ないのだ。

舞台はいつも同じ、とある冴えない、一軒のバー。
顔ぶれもいつも同じ、3人の客と、バーテンダー1名。

おっとりした紳士(大学教授、日本史専攻)
やたら攻撃的な性格の美女(大学助手、世界史専攻)
飄々とした謎の男(妙な珍説を繰り出す張本人)
・・・そして、気の優しいバーテンダー。

この4名が会話してる、だけ。それも常に歴史談義。
・・・なんだけれども、ちっとも退屈しないのだ。

ドキドキ、ワクワク、
それで?それで?と身を乗り出して、
その会話に参加してる気分になれちゃうの。
私、夢中で読んじゃいました。素晴らしい~!

これ、大変だろうなぁ、書くの。
労多くして報われ難いタイプの小説スタイルですよ。

ネタ探しと、それを耕して育てるの、めっちゃ大変そう。
だんだん、苦しくなるんじゃないのかなぁ・・・と心配。

鯨さ~ん、頑張って~。
私、今後も贔屓させてもらいますから、
このクオリティ、ぜひ、保ち続けて下さ~い。

・・・って。私、何様だよ?
ナニ、馴れ馴れしく、エールを送ってるわけ?

だってさ、近頃、個人的にミステリが不作で・・・。
久々な良き出会いだったんだもん。
次に会う約束しときたいでしょ~?(必要ないってば)

(2010.10.18)
「すぐよめて満足感あり」のシリーズの中の、貴重なミステリ。
奇堂さん、ありがとうございます、とても気に入りましたよ。


関連記事

お久しぶりです。
試験お疲れ様。今さらですが。……いや、本当に今さらですが。

そして、気に入っていただけたようで、紹介者としては喜ばしい限り!

ポンポンとテンポのいい彩月さんの感想を見ていたら、僕もこの小説を凄く読みたくなりました。自分で紹介したくせに。

そうなんですよ。読んでいる内に、珍説がだんだんと真説に思えてきてしまう所が何とも魅力的なんですよね。

そういえば、作者からの一発目のメッセージが僕のお気に入りです。

「この作品がフィクションであるという保証はどこにもありません。 鯨統一郎」

これにはやられました。よくある例の文言を逆手に取っている所が何とも振るっています。

続編の『新・世界の七不思議』はその名の通り、アトランティスやナスカの地上絵などがテーマで、それ故、教授が別の人にすげ代わっていたりもします。教授ファンは残念。

個人的な事を言わせて貰うなら僕は「邪馬台国~」の方が好みです。が、つまらなかった訳では勿論なく、十分楽しめました。ただ、前作が面白過ぎたというのが正直なところです。

――と、思わず語ってしまいました。申し訳ありません。
何というか、彩月さんの文章を読むと何かが触発されてしまうんですよ。
2010.10.24 01:37 | URL | 奇堂 #5Gg6z9h6 [edit]
いえいえ、今さらであるべきはずが、そうでもなく。
いまだ、試験終了の解放感から生活が乱れ気味・・・
早く立て直さなきゃとちょっと(?)反省中です(笑)

嬉しいです。また読みたくなった、と言っていただけるなんて。
私の文章に何かが触発される・・・まぁ!光栄です。
どうぞ、どんどん語っちゃってください。

私、喜びのあまり、踊ります!え?見たくない?
・・・ウソウソ、また、楽しい記事を書くべく、
およばずながら、奮闘いたします。

「この作品がフィクションであるという保証はどこにもありません。 鯨統一郎」
そうそう、ここ。洒落が効いてますね。さりげなく、大胆!

では次回作は期待しすぎずに読んでみます。
そ~ですね、たいてい、処女作は特別なんですよね。
作者のいちばん良いものが込められているんだと思う。
(あ、これは私の個人的な持論です)
2010.10.24 09:55 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/539-a37fd52e

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 邪馬台国はどこですか? 鯨 統一郎
  • 2010年10月23日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***