FC2ブログ
Loading…
 

『人生を変える80対20の法則』リチャード・コッチ

4484981068
阪急コミュニケーションズ
Amazon
 


80対20の法則、とは。
一番わかりやすくて、納得もいくのは、
「売上の80%を占めているのは、20%の製品、20%の顧客である」というもの。
「犯罪の80%を20%の犯罪者が占めている」というのもわかりやすいかな。
著者は家庭でも社会でも職場でも、その法則が働いている、と指摘する。

そして、うまくこの法則を活かせば、何もかもが驚くほど改善する、という。
要は20%を占めているものを見つけろ、ということだ。
それが、成功や幸せにつながる、と。

そうねぇ。なかなか刺激的かつ、魅力的な考えですが、鵜呑みにはできないかな。
読んでいると、目の前が開けてくるような爽快感があるけど、落ち着いて考えてみると、実生活に活かすのは難しいように思える。会社経営してる人には役立つかも。

視点を変えてみるきっかけにはなるね。ついつい、人間って平等を求めて、努力の量と結果は比例すると単純に思いがちだけど、それは、確かに違うから。力を注ぐべきポイントは狭いところにある、と私も思う。

「ほとんどの人は、自分にとっても他人にとっても価値がないことに、たくさんの時間を費やす。80対20の考え方ができる人はこの罠にはまらず、大した努力もせずに、夢を実現する」・・・こうまで言われると、反感も湧いてくるんだけど。

では、具体的にどうしたらいいの?
◆努力の平均水準を上げるのではなく、努力を一点に集中する。
◆きめられたコースを走るのではなく、近道を探す。
◆最小限の努力で、人生の支配権を握る。
◆網を広げるのではなく、網を狭める。
◆多くの分野で平均点をとるのではなく、一つの分野で突出した成績を上げる。
◆いちばん得意とすること、いちばん楽しいと思うことだけをやる。

まだまだ抽象的?
この手の本は読んだ後の感動がすごい割に役に立ってくれないのよ・・・。私が凡人だからだと思うけど。
いったい、どれほどの自己啓発本やら成功のノウハウ本を読んだことか。
しかも、こういう本を読むと何か、利益をあげないと損した気分になるのね。

で、この本の主旨は無視して、自分なりに役立つと思うことをピックアップしてみる。
★複雑になるほど無駄が増える
★行動は減らしたほうがいい。行動は思考を追い出す
★いちばん幸せを感じるときがいつかをみつけ、その時間をできるだけ増やす。
★いちばん不幸に思えるときがいつかをみつけ、その時間をできるだけ減らす。
★不快なものを避ける
→うーん、すてき!私の行動を正当化してくれる心強い言葉だわ!

・・・と、茶化してしまいましたが、読んで損はない本だと思う。
私も私にとっての20%をあきらめずに探してみようかな。

(2010.3.3)

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/57-206b3f28

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『人生を変える80対20の法則』リチャード・コッチ
  • 2010年03月03日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***