FC2ブログ
Loading…
 

オードリーと、14の意味

SN3O0721_convert_20101101180807.jpg

ブログトップの部屋の額の写真を、オードリー・ヘップバーンで統一。
中途半端に他の人が混じってるのが、気になってきたので(笑)
こういうところは、やっぱり私、A型なのかもなぁ・・・

14枚収録されています。オードリー・ファンの方どうぞゆっくりご鑑賞ください。
他の女優さんは、別シリーズで作成します。あ、俳優シリーズも、いいかも。

企画は色々考えてるのですが、画像そろえるのとサイズ調整が意外と大変で・・・
勝手に1シリーズ14枚、と決めてたりするから余計に。

14って数字に意味はないんですけど、そのぐらい揃ってないと淋しいかなぁと。
12とか13とか、意味ありげな数字が好きじゃないのですよ。
で、あえて14・・・と言いながら。14に何か意味あったら、どうしよう?
と、14で検索してみたら・・・

ここからは、14という数字に関するトリビア的な話題。
たいした内容じゃありませんので、おひまつぶしにどうぞ。


◆14は合成数であり、約数は 1、2、7 と 14 である。
◆14 は初めの3つの四角数の和(14=1+4+9)である。
◆4番目のカタラン数である。一つ前は5、次は42。
◆5番目の半素数で、一つ前は10、次は15。
◆偶数のノントーティエントのうち最小の数である。次は26。
◆ハーシャッド数にならない合成数のうち最小の数である。

以上のような、チンプンカンプンな定義が発見されました。
数学がもわからない私には、ご縁が無い知識だなぁ。
すごいねぇ、ウィキペディアって。実はもっと続くんだけど割愛。
さらに「その他14に関すること」として、

◆第14族元素を炭素族元素という。
◆原子番号14の元素は硅素(Si)。
◆小惑星番号14番の小惑星はイレーネである。
◆第14代天皇は、仲哀天皇。
◆第14代内閣総理大臣は、西園寺公望。
◆通算して第14代の征夷大将軍は、守邦親王。(鎌倉幕府第9代将軍)。
◆鎌倉幕府第14代執権は、北条高時。
◆室町幕府第14代将軍は、足利義栄。
◆江戸幕府第14代将軍は、徳川家茂。
◆大相撲第14代横綱は、境川浪右エ門。
◆アメリカ合衆国第14代大統領は、フランクリン・ピアース。
◆アメリカ合衆国の14番目の州は、バーモント州。
◆殷朝第14代帝は、祖辛。
◆周朝第14代王は、桓王。
◆ルイ14世は、 ブルボン朝第3代フランス王。
◆ダライ・ラマ14世は、第14代のダライ・ラマ。
◆タロットの大アルカナでXIVは、節制。
◆易占の六十四卦で第14番目の卦は、火天大有。
◆十四日月を小望月(こもちづき)、幾望(きぼう)という。
◆結婚14周年記念日は、象牙婚式。
◆北海道の支庁は、14ある。
◆朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞の朝刊最終版は14版。
◆ブレゲー 14は、フランスの爆撃・偵察機。
◆読売ジャイアンツの背番号14は、沢村栄治の永久欠番。
◆ヨハン・クライフが14番を好んで付けていたことから、
 サッカー選手に好まれる背番号となっている。
◆14の「と・よ」という発音が「豊(とよ)」を連想させる事から、
 幸運とされる事がある。

◆『14才の母』は、日本テレビ製作の2006年のテレビドラマ。
◆『14(ジューシー)』は、亜桜まるの漫画。
◆『14ひきのシリーズ』は、いわむらかずおの絵本。
◆『14番目の月』は、荒井由実 のアルバム。
◆作家J・H・ブレナンによるゲームブックのシリーズ『グレイルクエスト』
 邦訳名ドラゴン・ファンタジー)において、パラグラフ14へ行く=死ぬ、
 ゲームオーバーを意味する。

へ~ぇ。こっちの方が、私としては面白いな。
なんとなく、気に入ったのだけ、青字にしてみました。

「ダライ・ラマ14世は、第14代のダライ・ラマ」って。
なんか、おちょくられてる気がしてくるんだけど・・・。

『14番目の月』って、きれいなタイトル。
映画『スリランカの愛と別れ』の高峰秀子のセリフに由来する、そうですが。
そう聞いても、やっぱりよくわからない。なんで「14」?

・・・ま、これを読んでも14に意味は大してない、と言えそうですね。
意味がないことを理由に14を選んだ、と言っても通用しそうです。

写真は私の部屋。薔薇ならゴージャスなのですが、実はミニ薔薇。
デジカメの特殊効果でモノクロにしてみました。



関連記事

オードリー、大好きなので嬉しいです。
(嫌いな人っているかしら?)

荒井由実の「14番目の月」、これはめちゃくちゃ懐かしいですね。
あ、彩月さんはもしかしてこの曲ご存知ないかな?
15番目の月、つまり満月はこれから欠けてくから
14番目の月のほうが好き、これから満ちるんだもの、って。
恋する女の気持ちですね。。。


象牙婚式。あぅっ!今年だったのに。
2010.11.02 00:44 | URL | はーちゃん #JyN/eAqk [edit]
「14番目の月」、そういう意味だったんだ・・・。
ありがとうございます。謎が解けて、すっきりしました。
いいですねぇ・・・。これから満ちる、かぁ。

母がユーミン大好きだったので結構、馴染みがあるのですが。
この曲は知らないか、聴いたことはあっても、
タイトルと結びつかないのか、どちらかですねぇ。

象牙婚式、あ、惜しい!過ぎちゃったんですね。
大丈夫です、はーちゃん様。
来年15周年は、水晶婚式ですよ(私も今、知りました)。
ぜひ、祝ってください~(笑)

オードリー見てると、心が洗われるようです。
こんなに愛らしい人、他にはいないですよね~。
2010.11.02 09:20 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
私も今年が象牙婚式だった。。。
そんな年があるとは知りませんでした。
はーちゃんさん、同じキャリア(笑)ですね。
来年は水晶婚なんだ。これは覚えとかなきゃ。早速、カレンダーにチェックしました。

14のトリビア、へぇーへぇーへぇーでした。
知らないことばっかりでした。。。

14番目の月の話、私も知らなかった。
この曲、何となくしか覚えてないかも。
再聴してみます。

オードリー・ヘップバーン、可愛い!
私はローマの休日の彼女が可愛くて可愛くて。
最後の作品「オールウェイズ」も、はっきりと覚えてますね。年を取っても美しいなと。
2010.11.02 15:24 | URL | 速読おやじ #JyN/eAqk [edit]
速読おやじ様も象牙婚式!おお~っ。
水晶婚も見逃す人多いと思うので、奥様、きっと感激ですよ!
来年が楽しみですね~。

実はこの記事、ちょっと悪ふざけが過ぎたかしらと気にしてたのですが、
皆様に、ささやかながら新しい知識を提供できたみたいで嬉しいです♪
「14」もバカに出来ない数字なんですよね!

私も、「14番目の月」聴いてみよう~と思ってます。

オードリー・ヘップバーン、可愛い過ぎますよね。癒されます。
無条件の可愛さ。ローマの休日、最高!麗しのサブリナも!
いえ、オードリーが出てるだけで、何でもいいと思えちゃう。

皺だらけになっても美しくて・・・生き方の美しさの証明でしょうね。
ああ、永遠の憧れだ・・・

2010.11.02 15:48 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
strat_endの由来始まりと終わり(1が始まり 4が終わり) 生と死 光と影 善と悪 対照的で決して合理しない 14(インヤン)をあとずけで意味し私が命を吹き込んだ 中国で一番古く最初の宗教(インヤン) 生命 人地球それらのもののバランスをとき !ふりこが片方にバランスを壊すと傾いて動きが止まる 動きは生を表し 止まれば死ぬ 平湖に端たなければ振り子は動かず バランスもとれない また人の心もそれとよく似ている! 秩序をたもち 少しでもバランスを崩せば傾いてしまう 昔に自分の悪を取り払おうとしたときに ゲト戦危 と言う漫画に出会い善悪混ざり合わないけど 省くこともできず2つで一つの意味をしていることに築きました (インヤン)を受け入れどう付き合い どう使うかはあなた次第 中国では太極拳を(陰)朝行い (陽)は夜お墓の前で一人で行う それで秩序を保つているらしい! 14始まりと4終わり 最高にいい数字におもえる ちなみに僕の名前もトシ漢字に変換し十四。それをまた変換し(14)toshi 覚えてもらえたかな!
2012.05.08 04:25 | URL | バルカン #JyN/eAqk [edit]
初めまして(ですよね?) 個性的な自己紹介、ありがとうございます。
詩のような・・・と思って読ませて頂いておりましたが。
読み進むうちに、完全に脳内で「ラップ」になってしまいました。

バルカン様の意図に叶っているかわかりませんが・・・楽しく拝読。
ツイッターでラップ調ツイート、とかも面白そうだなぁと。
ラップが苦手なので、私にはちょっと無理かもしれませんが。

また、気が向いたら遊びに来て下さいね~。
2012.05.08 12:00 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/579-cdfdc3be

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • オードリーと、14の意味
  • 2010年11月01日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***