FC2ブログ
Loading…
 

『花の宇宙』星野道夫

4569666159
PHP文庫
Amazon

日々の暮らしに追われている時、
もうひとつの別の時間が流れている。
それを悠久の自然と言っても良いだろう。
そのことを知ることができたなら、
いや想像でも心の片隅に意識することができたなら、
それは生きてゆくうえで
ひとつの力になるような気がするのだ。

ここに、星野さんの想いが、よく表れていると思う。
彼は、その「悠久の自然」に想いを馳せるための、
写真と言葉を、自然とかけ離れたところで暮らしている私たちに、
たくさん、たくさん送り届けてくれた・・・その短すぎた命がつきるまで。

それは、自然を思い浮かべさせるというよりも、
すでに自然そのもの、大きな自然の中の、別の時間。

彼の写真と言葉は、広々と、心細さを誘うほど雄大で、
でも、とても、優しく、淋しく、繊細で、強い。

動物写真家のイメージの強い彼が、草花の写真も撮り始めたのは、
妻を迎えてからだったと、TVのドキュメンタリーで知った。

この本に収められているのは、その花たちの写真が中心。
いつもの厳しい優しさより、ちょっと甘さも感じる優しさ。

いつも、その文と写真に触れると思う。
この人の見ていたものは、広く大きく果てしなかった、と。
宇宙の規模で時間を過ごしていたような人だったと。
生涯、見ることはないであろう、アラスカの風景に、
なぜ、こんなに親しみを感じるのだろう・・・。

(2010.11.17)
写真と、文章が交互に収められています。
様々な写真集と、著作から編集されたもののようです。
文庫の小さな紙面に彼の写真は収まりきらないのでは、
と危惧していましたが、かなり上手く構成されています。
頁を開くだけで、心にひとすじの何か美しいものが流れる、
・・・そんな印象の、小さな宝物のような本です。
プレゼントなどにもいいと思います。



関連記事

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.11.25 00:21 | | # [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/617-f4f0b90d

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『花の宇宙』星野道夫
  • 2010年11月24日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***