FC2ブログ
Loading…
 

計算力を強くする  鍵本 聡

4062574934
ブルーバックス
Amazon

私、計算が、苦手です。アタマが文系で。
算数の時代からダメ。数学なんてまぁ! ヒドイもんです。

一つ、良き思い出として覚えてるコトと言ったら、
中学のとき数学の先生が、私の解いた方程式を見て、
「こういうのもアリだな。珍しい解き方だけどあってるな」と、
吃驚したことが数回あったという、それくらい。

数学がわからな過ぎるあまりに、必死で考えたら、
オリジナルな解き方になっちゃったという・・・いいのか、悪いのか?
ただ、自分の中では唯一の「数学で褒められた思い出」。

そんな私が社会人になり。仕事は、毎日計算だらけ。
デパート勤めでしたので・・・ま、簡単な計算が多いですけど。

お得意様だけのセールなどですと、値札にはない値引きを
計算しなくてはなりません。これが結構ややこしい。
商品によって値引率が違ったり、値引きした上に再値引きとか。
小数点以下の扱いも様々な事例があり。そこに、消費税が加わる。

お中元・お歳暮の受付も担当・・・こちらは、さらに大変。
50件、100件という注文も、ザラにありますから。
商品によって値引き率は違うわ、値引き不可な商品もあるわ、
送料別やら、送料込みやら、地域で送料は違うわ・・・。

大きな声では言えませんが、一度、大失態をやらかしまして。
なんと、商品券をディスカウントしてしまった~。
商品と別に計算せず、一括で割引しちゃったんです(汗)
(ま、これは計算うんぬんでなく、不注意ですね・・・)

ええ今は、コンピューターがやってくれるんですよ、自動で。
私の頃は、ぜーんぶ、自力で計算だったんです~。

とにかく。「絶対に暗算するな!!!」と厳命されていました。
どんなに簡単な計算でも必ず電卓でするべし、と。

なので、もともと弱かった暗算力は、ゼロ、いや、マイナスに・・・。
彩月の同僚(元)は、簡単な暗算が出来ない人が多いです。

仕事中、常に「マイ電卓」を持ち歩き、電卓を見失うと恐慌状態に陥る。
しょっちゅう誰かが、「私の電卓、知らない?」と叫んでいる。
・・・もはや職場の全員が、「電卓依存症」。

果ては、使い慣れた電卓でないと調子が狂う・・・という域に達し。
かと思えば、人に借りた電卓が思いがけず使いやすいとなると、
速攻で同じのを買いに行く・・・と。恐るべし、「電卓社会」。

すみません。本の感想でなく自分の思い出に浸ってしまいました。
ここからが、やっと本題の、本の感想・・・。
デパート勤めも辞めたことですし、電卓依存症を卒業したいなと。
で、この本を読んでみた・・・というワケです。

ええ。良かったです。実際に役立つ計算のコツが載ってました。
最後の方になると、私には高度すぎるようでしたけど・・・。

具体的な例をあげたいところですが、ごめんなさい。
数字に弱い彩月には、うまく説明できません。
頑張れば出来るかもですが・・・気力が湧きません。

気になる方は、実際に読んでみてください。
覚えてソンはないコツの数々に、ちょっと気持ちが弾みますよ。

ところが。残念なことに。
彩月は、紹介されてるステキな計算法を使っても、立派に間違うという、
救いがたい計算能力の持ち主だということが判明・・・。
潔く、マイ電卓と共に生きていこうかと今、思案中です。

いっそ計算はキッパリ諦めちゃうという、割り切りも人生には必要かも?

(2010.11.27)
実はこの本、「読書1万時間」で紹介されていたものなのです。
たいへんわかりやすいレビューで、実例も載せておられるので、
よろしければ、こちらをチェックしてみてくださいませ。
↓ 
http://readingability.blog57.fc2.com/blog-category-13.html


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/620-b03c0e7e

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 計算力を強くする  鍵本 聡
  • 2010年12月06日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***