FC2ブログ
Loading…
 

秋の京都 締めくくり

SN3O0998_convert_20101128201506.jpg


SN3O1006_convert_20101128202935.jpg


SN3O1039_convert_20101128201822.jpg


SN3O1029_convert_20101130195041.jpg


SN3O1035_convert_20101128201710.jpg


SN3O1013_convert_20101130194923.jpg

以下、延々と、私のダラダラとした道中日記が続きます・・・
さて、石段を降りた私、地図で見たうろ覚えの勘に頼り、街道を歩く。
目指すは、松花堂庭園。松花堂というのは、江戸時代初期の僧侶で
文化人でもあった松花堂昭乗が晩年に構えた草庵。

もともとは、岩清水八幡宮のある男山の東麓にあったけれど、
明治の神仏分離のときに、移築されてしまったのだそうな・・・。

というわけで。大雑把な彩月が、近いと思ったその庭園までの距離は、
なんと、実際は5kmあることがまもなく、判明。

道沿いに松花堂を含め、有名な史跡までの距離を示す、
まだ新しそうな、きれいな石碑が、すぐに見つかったのである。
ふーん。5kmか。1時間前後、歩けば、着くよね。余裕、余裕。

途中、小さなお寺にも寄り(一番上の写真)、紅葉を堪能。
さらに、目星をつけていた老舗和菓子屋で名物のういろうも、
欲張って白・黒・抹茶の三色購入。
家族のお土産にと、各三個・・・結構な荷物である。

なぜか、道沿いには大きな立派な家が多い。
彩月的には、こういうとこなら住んでもいいな、と思えるきれいな町。
歴史のある雰囲気は漂ってるけれど、古めかしくはなく程好い活気もある。
右手に、先ほど下ってきた男山も見えており、景色もなかなか良い。

さてと、着いた。松花堂庭園。ちょうど、お昼時。
庭園を散策する前に、庭園の入り口にある、「京都吉兆 松花堂店」にて、
ちょっと豪華なお昼を頂くことにする。

松花堂と聞いてピンと来た人いるかしらん?
松花堂弁当って、ほら2枚目の写真がそうなんだけど。あの四角い弁当箱。
もとは松花堂昭乗が考案した入れ物なのね。

彼は農家が種入れとして使っていた器をヒントにこの形の器を作り、
絵具箱や煙草盆として使用していたのだそうな。
それを後世、「吉兆」創始者の湯木貞一が弁当箱として使ったと。

そういう経緯なので、松花堂(移築されてるけど)の横にある「吉兆」
が、「松花堂弁当の元祖」を名乗っているわけなのだった。
そりゃ、ここに来たからには食べなくちゃね!

そこそこなお値段(吉兆ですから!)に見合うお味かというと、
まぁ、うん、美味しいけど高すぎじゃないかなぁ・・・という気も。
そもそも、高級な日本料理など、滅多に頂く機会もなく、
唯一、比べられるのは、京都の老舗の「近又」さんでのランチなのだ。

もの凄く美味しかったんだけど・・・値段、倍以上したしなぁ。
うん、ま、値段との折り合いは、これでついてると言えるかも。
余談ですが、お財布に余裕のある方は「近又」さんのランチ、お薦めです。
ああ、また食べに行きたい・・・。

私、そういえば、初!吉兆だったんだけどなぁ。
う~ん。悪くはないけど、感動は無かったなぁ。ま、言うてもお弁当やし。
お弁当と思えば、かなりスペシャルではありますよん。
見た目も、奥ゆかしく美しいし(私の写真が下手糞ですみません)。

あ、給仕の女性のサービスが素晴らしかった!
自分も接客業に長く就いていたので、この点、チェックは厳しいです。
いや、久々の満点ですね。所作は美しく、笑顔も自然、タイミング抜群、
気配りもさりげなく、かつソツなく・・・。

お礼状送りたかったレベル。あ~、残念。お名前、聞いたら良かった・・・。

いや、お漬物が美味しかったぁ。あと、ご飯。地元の八幡市の新米だそうで。
別に米どころではないのに、今まで食べたご飯のなかで一番美味しかった。
お漬物は、おかわりもできたので、彩月、この二つでかなり満足。

あ、せっかくだから(!?)昼間だけど、冷酒を頂きましたわ。
以前もどこかで語った気がするのだけど、私はバカの一つ覚えのように、
日本酒といえば「久保田」なのだが、残念ながら置いてなかった。

京都は伏見の地酒、「松の翠」を頂戴いたしました。
キリッとしていて、なかなか美味しゅうございました。
しかしなぁ。デザートがないランチは、ちと淋しいのう。
ま、家帰って、ういろう食べよっと。

さ、ではでは、お庭散策~。有名じゃないけど、良き庭でしたね。
人が相変わらず、少ないのがいい。いや、いいお庭だ。好きだな。
庭園を語るには知識がないので遠慮します。
というわけで、残る写真は、庭園内で写したものです。

で、さすがに少々疲れて、帰りはバスで駅へ向かい、帰途に。
とか言いながら、通り道の途中の梅田にて、ふらふらして、
勢いよくブーツを2足(!)買ったりしておりました(汗)

いや、節約、節約と頑張り過ぎると反動が・・・。

帰宅後、ういろう頂きましたが、美味しかった~。もちもちしてるの。
「志ばん宗」という変わった名前のお店。
三角形の大きなういろうで、なんと一個105円。安い~。
あ、写真撮るの、忘れちゃいました・・・。

すみませぬ。ダラダラと自己満足な写真を並べまして。
たまの余興ということで、大目に見て下さいまし。

実は、これより以前に京都散策した道中を語ろうと思ってたのですが、
内容が、ぎっしりすぎて、なかなか書けませんのです。
そちらは、折があればということで・・・。

三日間に渡る京都もみじ狩り日記に、お付き合い下さった読者さま、
ありがとうございました。これにて、終了!


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/652-c97d0718

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 秋の京都 締めくくり
  • 2010年11月30日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***