FC2ブログ
Loading…
 

34丁目の奇跡  ヴァレンタイン・ディヴィス

4751521926
あすなろ書房
Amazon


デパートにサンタクロースとして雇われた、サンタそっくりなおじいさん。
彼は、その真っすぐな正直さ、純真さ、正義感、そして、優しさで、
周囲の人々を幸せにします。

それは、一時的なものではなくて。
出会った人の心に消えない光を灯してくれるような・・・

正しく生きている人でも、見失っているものがある。
信じられなくなっているものがある。
最善を尽くして、生きているつもりでも、
知らず知らず、犠牲にしてしまっている大切なことがある。

気づかせてくれるのだ、そのことを。
ちゃんと、ずっと、すぐそばにある、光のことを。
それを自分も、誰かに分け与えることができることを。

贈られた光を、消さずに灯し続けるのは、実は、そう簡単じゃない。
風や雨で消えちゃうこともあるし、自ら吹き消してしまうこともある。

でも。大丈夫。消えても、再び灯すことは必ず、出来るから。

ローソクの光が、ゆらゆら瞬き、周囲のものの色を、
温かな空気と深い陰影に染めて、見る者に安らぎを与えるように。
静かに、でも、ふつふつと湧いてくる、小さく弾むような喜び。

気がつけば、いつも変わらずそこにある、不変の輝き。

深ーく、満足のため息をついて。
ああ、クリスマスっていいな、と声に出してつぶやいてみたくなる。
誰かが、うん、そうだね、と応えてくれる気がして・・・。

(2010.12.11)
映画の原作・・・といいますか、映画と同時進行に出来た本なのです。
私が生まれる遥か前の映画で、観てはいません・・・
なかなかの名作らしく、機会があれば観てみたいです。
1994年のリメイク版もあるようですが、古い方が好きそうな気配。


関連記事

あら、ちょっと興味が出てきました。

クリスマスはlonely&onlyですが、
一人で読んでも大丈夫でしょうか?

タイトルをみて
「ニューヨーク東8番街の奇跡」の原作かと
勘違いしてしまいました。

クリスマスにはよく奇跡が起こるものです。
僕にも奇跡起きたらいいなぁ。
2010.12.13 11:27 | URL | 東周 #- [edit]
なるほど。確かにねぇ・・・
クリスマスだからこそ淋しいと感じる時ありますね。

作中、幸せなカップルが一組成立しますが。
そこに焦点を合わせて描いてるというのでもないので・・・
し、私が読んでも大丈夫だったんで(曝)、たぶん大丈夫。

クリスマス当日、そう言えば私も何してるんだろうな。
・・・と、突然考えてしまいましたよ。忘れてたe-330
本読んでる? う~ん。それじゃいつもと同じだなぁ。

私も、たまには奇跡を願ってみようかなぁ。
2010.12.13 12:20 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
この話は大好きです!小学校の図書室でみかけたのを皮切りに何十回と読みました。それ以来、サンタクロースは絶対いるんだ!と信じ続けて今に至ります(笑)

1947年版の白黒映画も非常におすすめですよ。見る人をとにかく幸せにしてくれる映画です。クリス・クリングルを演じている人が、もう、本当にサンタクロースなんですよ!

ちなみに、リメイク版は微妙らしいですね。見ていないのですが……。
2010.12.15 01:34 | URL | TY #- [edit]
いいですねぇ~♪
小学生の時に出会ってたら私も間違いなく、繰り返し読んでますよ!
うん、何度でも読み返したくなる本だな~。
1947年版の映画も、ぜひ、見てみたいです。
2010.12.15 08:48 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/676-04b2980b

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 34丁目の奇跡  ヴァレンタイン・ディヴィス
  • 2010年12月13日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***