FC2ブログ
Loading…
 

クリスマスに少女は還る  キャロル・オコンネル

4488195059
創元推理文庫
Amazon

10歳の少女が誘拐された。同時に、二人。
とある田舎町で、クリスマスの近い日に。

おそらく、少女たちは還らない。
過去にも還ってこなかった・・・いいえ、物言わぬ姿で、
還ってきたのだ・・・クリスマスの当日に!

また悪夢が甦る。15年前、犯人は投獄されたはずなのに。

クリスマスまでに、何としても少女たちを見つけたいと。
そう願い、奮闘する人々・・・それぞれの抱えている過去。

深い傷、癒されることのない傷・・・敢えて自らを罰するかのように、
その傷を直視し続けて、生きてきた人々。みな、どこか狂っている。

個々が抱える闇が、読む者の心に迫る。
重い。暗い。救いがない。それでも生き延びた者たちは、
行き続けるために、闘い続けるほか、道がない。

どんな端役にも、その背景が鮮明に見える。
時に息苦しくさえ感じられる、細密な観察力と、
鋭い皮肉の利いた、刺々しい人物描写・・・そこに潜む弱き者への愛。

読んでいる間、辺りの光がすべて消え、
まるで深い蒼に染まった暗闇に籠もっているかのような、
不気味な静けさに包まれていた・・・。

その不穏な空気は、何故か居心地がいい。
作品全体に「詩」の響きがある。
ひたひたと迫る、決定的な破滅の影に怯えながら、
その世界の、神経を凍らせるような不吉な美しさに浸る・・・。

届かない祈りが、静かにこだまする。無数に。重なりあって。
抑制の利いた心理描写から、こぼれ落ちる感情が心に沁み透る。
そこへ、私も自分の祈りをそっと加える・・・。

そして、とうとうクリスマスの朝が来た。

(2010.12.12)
ラスト、息もつかせぬ急展開。
ミステリですが、サスペンス要素も濃い。
純粋なミステリファンの怒りを買う面もあるかもしれない。
でもとにかく、登場人物たちの魅力に抗えない。惹きこまれる。
エピローグでは、衝撃で言葉を失い、涙が止まらなくなった・・・。
人は何を拠り所に生きるだろう、かけがえのないものを失った時に?


関連記事

この本は面白そうですね~。
未読なのですがモロあたしの好みです。
スリルとサスペンスが入り混じる・・・
創元推理文庫ですね。
チェックチェックφ(・・*)
2010.12.15 10:10 | URL | igaiga #jWiXvKEs [edit]
断言はできませんが。igaigaさんに合うかも~。
結構、ヘンな人も多いし(笑)
かなり、びっくり!できるんじゃないかと。
ぜひぜひ、読んでみてください♪
2010.12.15 13:21 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/682-4d681b16

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • クリスマスに少女は還る  キャロル・オコンネル
  • 2010年12月15日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***