FC2ブログ
Loading…
 

ルリボシカミキリの青  福岡伸一

4163724303
文藝春秋
Amazon

しかしその青は息がとまるほど美しかった。しかも見る角度によって青はさざ波のように淡く濃く変化する。こんな鮮やかさがなぜこの世界に必要なのか。いや、おそらく私がすべきなのは、問いに答えることではなく、それを言祝ぐことなのかもしれない。

「言祝ぐ」という言葉の美しさに、ハッとする。
誠実さと奥ゆかしさが、その鄙びた言葉を新鮮に響かせる。

「ルキボシカミキリの青は、フェルメールにも描けぬ青」
著者は、その青への思いをずっと胸に大切に抱いて、学者への道、
そして、研究者としての道、なおかつ、教育者の道を歩んでらした。

賞を取り、話題になった「生物と無生物のあいだ」を読んだ時も、
何よりも強く感じたのが、著者の心映えの清々しさだった。
・・・正直、本の内容は、理科系にとんと弱い私の頭には難しく、
途中から、ついていけなくなってしまっていたのだが。

生物学の本に対して、美しさとか誠実さとか優しさというのは、
どうにも的外れな感想だと思うのだけれど・・・。
私は、その書物に漂う「空気」の清浄さに心を打たれた。

難しいことを易しく説明する文章の、その平坦さのなかに窺われる知性も、
ちょこちょこと顔を覗かせる、少年のような真っすぐな感性も、
知りたいという思いと、知ることの喜びを伝えたいという思いも、
何か、渾然とした、なのに、すっきり爽やかな魅力となっている。

本書は、週刊文春に連載されたコラムをまとめたもの。
理系音痴にも難しくない内容で、時事的、文化的要素が強い。
で、ありながら、科学の香りが、ほんのりとする。

結構、ドキっとすることを書いてもいる、と思う。
でも、そこにユーモアと思いやりがある。大らかな優しさと。

おっ!と思わせる、一歩踏み込んだところもあれば。
そこで、でも敢えて一歩、踏みとどまってもいる。
読者に、その先を考えることをゆだねるように・・・。

本書から、強く感じたことは。
何か好きなことがひとつあり、
その好きなことがずっと好きであり続けられることの幸せ。

新年のはじまりに、とても良い本を読みました。

(2011.1.3)
福岡さん、読書家なんですね。読んだ本についての文、時々、登場。
短い一言のなかに、書物への愛情と作者への温かな目を感じます。
で、しっかり彩月の読みたい本リストに、ここから3冊追加。

◆福岡伸一「できそこないの男たち」
◆ローワン・ジェイコブセン「ハチはなぜ大量死したのか 」
◆マーシャ・ガッセン 「完全なる証明」

村上春樹を愛読しているようすで、そんなところも親しみが持てます。



関連記事

おめでとうございます!本年も引き続きお願いします。
早速、amazonの欲しいものリストに登録しました。ちょっと今、読んでない本が溜まってきたので(日経ビジネスを取り始めて、なかなか進まない~)、しばらくしたら読むと思います。「生物と無生物のあいだ」は今だにインパクトが残っています。なので、この本も楽しみ。
カウンター障害に困っておられますね(って、私のカウンターもか・・)。アクセス解析のデータを見ればだいたい分かりませんか?以前はなぜ連動してないんだろと思ってたのですが、こんなときはバックアップ的に使えて良いかも知れませんね。
2011.01.09 19:27 | URL | korogaruishi #BYrpI1Yk [edit]
こちらこそ~。今年も、どうぞよろしくお願い致します。

読んでない本、私も溜まってます~。
ここんとこ、録画したサンデル教授の講義にハマってまして(汗)

「生物と無生物のあいだ」、良かったですよねぇ。
私、またいつか読みなおしたいと思ってます。
この本は、比べればノリは軽いですけれど、福岡ハカセの人柄が、
よくよく伝わってきて、私は大好きです。
korogaruishi様の感想も、楽しみにしています♪

アクセス解析を見てもなぁ、元の数字がわかんないし。、
カウンターと同時期に設置してないし・・・
と、思ってたのですが。気づきました!
5000アクセスの日がわかるので、そこからに足せばいいんだ!

で、やってみたら、記憶にうっすらある数字に近いみたい!
よし、これで行こう!ということで、再変更しました。

ありがとうございます。ちょっとスッキリしました。

2011.01.09 20:40 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/698-79a0ec8e

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • ルリボシカミキリの青  福岡伸一
  • 2011年01月09日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***