FC2ブログ
Loading…
 

今年読んだクリスマス本

koube2.jpg

今月、ふと思い立って、クリスマス本ばかり読んでいた私。
読んだ本を一覧にしてみました。え~と、計11冊。
(まだ、お読みでない方は、リンクでそれぞれの感想ページに飛びます)


なかなか、バラエティに富んでて、楽しめました。
ミステリ、蘊蓄本、ヒューマンドラマ、絵本、ビジュアル本。

どれが好き?と問われると悩んじゃうくらい、ハズレなしでした♪

確実に泣けるのが、「クリスマスに少女は還る」と、
「クリスマス・セーター」かな。ただ、タイプは全然違います。
前者は、変化球、後者は、直球です、簡単に言うと(簡単過ぎ!)。

ほのぼのと心温まるのは、「サンタのおばさん」「34丁目の奇跡」、
「ベツレヘムの星」「クリスマスのまえのばん」

ちょっと驚きがあるのが、「セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴」と
「クリスマス・プレゼント」

「イェンセン家のクリスマス」はクリスマス飾りの参考にどうぞ。
「サンタクロースの大旅行」は雑学好きな方にオススメ。

リストアップしたけど読めなかった本もあるのでそれは、また来年に~。

正直、12月25日、という明確な締切があるので、少し大変でした。
気分的に追われてる感もあり、連載小説書く作家の気分(大袈裟!)を
疑似体験できました・・・って、誰も、催促してないんだけどねぇ(笑)

ちょっと、自分の感想に不満は残るけど・・・でも楽しかった!

で、ここから小さな声で、お知らせと言うか、告知・・・
クリスマス企画に味をしめた私。余韻冷めやらぬうちに頭をよぎったのが。
「クリスマスの次はやっぱ、正月でしょ!」・・・という、浅はかな考え。

え~と。これは、結論から申しますと。スケジュール的にムリです。
だって、本が調達できないも~ん。図書館、休みになっちゃうし。

期間が短すぎるのも、大きな問題。
お正月本を1月末とか、2月に読むのはヤだよね。ってことで却下。

なんですけれども。お正月でなく、新年にふさわしい本、とすれば。
期間も延ばせるし、ジャンルも広げられるし、うんうん面白そう。

で。で。新年にふさわしい本・・・・浮かびません。湧いてきません。

もう、この際。これは、読者さんにお伺いしよう!
私が、考えるんじゃなくて、私は、教えてもらっちゃおう!
・・・って。ムシが良すぎますか?

言うだけはタダ、と信じて。こっそり(!?)呟かせて頂きます。

「新年にふさわしい本」ご存知な方、独断と偏見でOKなので教えて下さい。
彩月、それを参考に読める限り、読みたいと思います。

「新年にふさわしい」だと、ちょっとカタイかなぁ。
「新年に読みたい本」にしましょうか?いや、ヒネリがないなぁ。

「心新たな、一年の始まりに似合う」本にします。

錯覚かもしれないけど、新年は心新たになりますよね。
その気持ちに、弾みがつくような、もしくは、沁みるような。
そういう、本が読みたいなぁ・・・。

彩月的には、2月までは新年だ、と。強引に解釈します。
ほんとは、今ぐらいから「新年を迎える」気持ちで読むと、
ベストなのかなぁとは思うのだけど・・・ま、いいや。

蛇足ながら、注意書き。ジャンルも長さも(全20巻とかは、ご勘弁を)
国籍も問いません。あ、英語は読めませぬ。日本語でお願いします。
あと、申し訳ありませんが、漫画は含みません。以上。

よろしくお願い致します。ご新規さんも常連さんも大歓迎です。

あ、ちなみに、前回の「すぐ読めて、満足感あり」のリストの本も、
読み進んでます。遅れてますが。そのうち、またアップしますね。
やりかけで、次に手を出す性分で・・・ごめんなさい。

写真は、もうクリスマスは終わったけど・・・クリスマス感満載な、
お花屋さんの店先。記事の内容にあってるから、いいよね?
神戸お散歩シリーズ第2弾。このシリーズ、しばらく予定・・・。
 

関連記事

そうなのですよ~。
クリスマスって確実に締め切りがあるので間に合うかと焦りました(笑)
かろうじて間に合ってよかった~(T▽T;)

そんな締め切りもこなし(?)、今はのんびり読んでます。
2010.12.27 09:03 | URL | igaiga #JyN/eAqk [edit]
締切なしが、いいですねぇ~
読むのと書くのと両方間に合わせるのは、キツイです(汗)

私も、ちょっと、この辺でまったりモードしようと思ってます。
2010.12.28 00:15 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
僕は読もうと思っていたジェフリー・ディーヴァー
すら読めませんでした。

結局、超変化球の「太陽の塔」一冊だけ。
そのうちリベンジしよう。

そして、「心新たな、一年の始まりに似合う」本ですか。
何故かこういうお題を出されると首を突っ込みたくなる性分なので、
僕も考えてみました。独断と偏見で。

「太公望」 宮城谷昌光 (文春文庫)

歴史ものが苦手だと前に仰っていたのに、歴史ものを選んでみました。
いや、読んでなさそうなので。

これ程、心新たになる本もございませんぜ。
何せ、古い王朝を打倒して国を一新する話ですから。
時代区分やら年号やら全部一新です。
まあ、メインは古い王朝の打倒までですが。

故郷を滅ぼされた少年は復讐を胸に秘め――
的な、ヒロイック・ファンタジーっぽい歴史もので、
「史記」や「封神演義」で描かれた老練な軍師とは
まるで違う太公望像です。
じいさんじゃなく、青年時代で終結しますし。

個人的に「十二国記」が好きなら楽しめるかと。
ちなみに、上・中・下の三冊。

最後に、風邪をお召しの様で、
無理をせず、ゆっくり休んで下さいな。
2010.12.28 01:56 | URL | 奇堂 #5Gg6z9h6 [edit]
無茶な、お題をぶち上げたかも・・・
コメントゼロだったら、淋しいぞ~寒いぞ~、どうしよ?
と、不安になっておりました。

いやぁ、嬉しい。めでたい。感謝!
私の苦手分野に突っ込んできてくださるのが、また憎い(笑)
ご明察~。読んでません。
お初の作者さんは、それだけで、「心新たまります」!

で、実は、長く続く話が大好物なので。
ヒロイックファンタジーも好きなので。
かなり楽しめそうな本ですね♪

祝・第1号! パチパチパチ~e-420
2号は、誰かな~? ワクワク♪(→単純)

風邪、今朝、微熱だったので、大丈夫みたいです。
油断せず、しばらくゆっくりモードで過ごして、
完治させますね~。ありがとうどざいます。
(「ございます」の、打ち間違い~、ははは)
2010.12.28 09:34 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/705-3c70bc84

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 今年読んだクリスマス本
  • 2010年12月27日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***