FC2ブログ
Loading…
 

『猫は知っていた』  仁木悦子

4591116778
ポプラ文庫ピュアフル
Amazon

ほんわか、してますねぇ。
古い時代背景も、そんなに気になりません。
ミステリとして、特筆すべきことは感じないのですが。

好きですね。うん。
すこぉし、物足りなさがなくもないかもだけど、
たぶん、それは現代風な、刺激や驚愕の怒涛の嵐に慣れちゃってるから。

いい、塩梅だと思うのですねぇ。
疲れてる時に、丁度いいですよ~
(彩月、風邪ひいてる時に読みました)

兄と妹のデコボコ素人探偵コンビなワケですが。
妹が、かなりのコロコロちゃんなんですね。
美少女でないとこが、面白いですね。
兄がスマートなのは、お約束な感じでしょうか。

雰囲気の、居住まいの正しい感じが気持ちよい。
まぁ、トリックには期待しない方が良いかもです。
シリーズっぽいので、また疲れてる時に読もうかな。

(2010.12.28)

関連記事

はじめまして。
aostaと申します。本が好きだから本が好きな方のブログが好きで、ときどき見知らぬお宅にお邪魔してみたくなります。
今回は初めて伺ったのにもかかわらず、ちゃっかり上がりこんでしまいました。
不調法モンで申し訳ございません。
仁木悦子さん、懐かしいなぁ。「猫は知っていた」一作しか読んだことはないと思うのですが、ほんわり暖かな読後感と一緒によおく覚えています。
最近は年のせいか、前に読んだことを忘れて同じ本を買いこんだり、途中まで読んでからあれれ?などという具合に以前読んだことを思い出したり、という少々情けない状態ではありますが、「猫は知っている」はちゃんと覚えてました。
短期記憶より長期記憶って本当のようです。

猫つながりで思い出した1冊、氷香さまは小池真理子の「避暑地の猫」はお読みになられました?小池真理子はあんまり読みませんし、人にお勧めすることもないのですが、この「避暑地の猫」だけは例外。
もしまだお読みになられていないようでしたらぜひお読みになってください。
って、初めてお邪魔して勝手に押し売りしてる私って??
すみません。
ご迷惑でなければまたお邪魔して本のこといろいろおしゃべりさせていただいてもよろしいでしょうか。私の知らない本をたくさんお読みになっていらっしゃるから、いろいろなお話が伺えそうでとても楽しみです。
2015.03.30 20:37 | URL | aosta #.J3PU1tU [edit]
すみません!
「避暑地の猫」は宮本輝さんでしたね。
小池真理子は「棺の中の猫」でした。
陳謝m(__)m
2015.03.31 10:23 | URL | aosta #.J3PU1tU [edit]
お返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい。
しばらく、ブログを留守にしておりました・・・

「避暑地の猫」は大好きな作品なんですよ。
読んだのはかなり昔ですが、強く印象に残っています。
はい、宮本輝さんですね。この頃・・・というか、
昔の宮本輝氏の作品はとても好きでした。

パッと「避暑地の猫」を思い出されるあたり、
私とは、なかなか趣味があいそうです!

ぜひぜひ、お気軽にいつでも遊びにいらしてください。
長いこと毎日更新するのを日課にしていたのですが、
近頃は週一の更新もままならず、返事は遅れてしまうかもですが。
コメント頂くの凄く励みになりますので、大大大歓迎です!

本の話は大好きですし(リアルに出来る人がいないので尚更)、
おススメして頂くと嬉しくて、はしゃぎます。
今までにも、読者さまに沢山の本を紹介頂いたんですよ〜

もしかして、猫好きさんでらっしゃいますか?
大分以前から、「猫好きさん必読の書」とかいう、
猫関連の本を特集した記事を書こうと目論んでいます。

あ・・・実現は・・・ちょっと、いつになるやらですが(汗)
またのお越しを楽しみにお待ちしています♪
2015.04.03 21:08 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/720-921963a3

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 『猫は知っていた』  仁木悦子
  • 2011年01月04日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***