FC2ブログ
Loading…
 

書くことについて

SN3O1073_convert_20101231011843.jpg

2つ目の、「15メートルの通学路」の感想文ですが。
予告通り、公開したものの、ゆっくりと読みなおした末、
やはり、消去することにいたしました。

文章が、ネジネジとしていて、これは心の乱れなのだな、と。
伝えたいことが分散しすぎているな、と。
ごっちゃごちゃな記事を目にされた方、ごめんなさい。

病気でなく、教育に比重を置いて、語りたかったのですが。
これは、まだ私の中に、重いしこりと傷を残していて、
冷静に語ることが不可能な様子です。

できるかな、と思ったのですが。
一個人への恨みが、どうしても混じってしまうため、
それを排して問題に向き合えないうちは無理なようです。

その恨みも、もはや消えているのですけれど。
文章にすると、恨み節が鳴り響く・・・。
ニュアンスの微妙な加減の難しさもあります。

その、取り下げた感想の中から、一節だけ引用します。

自分の苦しみに潜ってしまうと、周囲が何も見えなくなる。
その、ひたすら闇に向いた目線を、ふっと外に向けてくれる、
何気ない、さりげない、ちょっと軽すぎ?ってくらいの、
ほんわかした優しさやユーモアが、一番、子供には有難い。

ううん、それは、子供でも、大人でも、関係ない。

痛みを忘れさせてくれるのは、激励じゃなかったよ。
笑い、だった。小さな、楽しい遊びや、会話だった。

本のことに、少し戻りますと。
病気の子を教える、という特殊に思える題材だけれど、
この本で語られているのは、教育全体に通じることなのです。

立派なお説教より、「楽しい!」と感じる瞬間を贈られることが、
子供にとって、何よりの糧となる・・・と私は思います。
それを理解している人なのですよね、著者は。

取り下げた記事では、自分も、お説教調になっていました。
ああ、深く反省・・・。

自分の抱えている問題を、迂闊に書くのは危険だなぁと。
当事者ヅラって、なんだか、イヤなものですね。
経験したことを(辛いことでも)誇ってるかのようになってしまう。

「書くこと」に大事なのは、「読む人への思いやり」。
これだけは、忘れずに心がけていたい、と考えています。
(実現できているかというと、大いに怪しいですけれど・・・)

写真は神戸シリーズ第6弾。ランチを頂いたカフェの窓辺。


関連記事

彩月さん
今年はいろいろとお世話になりました。

彩月さんのぐるぐる記事、いつも楽しみにしていますよ(笑)

彩月さんの記事は、どれだけ長文であろうと、いつもすいこまれてしまい、ついつい最後まで読んでしまいます。

ところで、風邪の方は、どうですか?
あまり無理をされないように暖かくしていてくださいね。
もう掃除はダメですよ。

また来年からもよろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。
2010.12.31 17:34 | URL | 読書で気づいた男 #JyN/eAqk [edit]
どうやら病気みたいだぞ。
お見舞いしようか。
いやいや、起こすのは可哀想だ。
ああ、でも心配だ。

と、入り口をうろうろしていましたが、何度か帰り、今日はついに入ってきました。

寝ているところ、起こしちゃったらごめんなさい。

何で待てなかったの?って、だって年越しちゃうからですよ!


今年のお礼だけさせてね。

今年は楽しいブログ生活をありがとうございました。
ひとえに氷香さんのおかげです。

始めて10日の、記事もほとんどないブログにコメントくれて、あの時本当に嬉しかったのですよ。

ブログとは不思議なもので、大変そうなとき、何にもできないもどかしさもありますが、それでも心配はしております。
心もしんどそうですが、そんなときは無理せず、無理せずです。

大丈夫ですよ。
みんな心配しています。

速読、ごろ、速読、ごろ、ごろ、とお見舞いに参りますから(笑)
あっ、速読さまの名前を勝手に…ごめんなさい。

読書で気づいた男様の名前も入れようと思ったら、上手く略せませんでした。
「読気」、「読きづ」、「読男」ううー、なんか違うなあ。

「読書!」って誰か分からんやん。ってひとしきりやりました。

というわけで、何の話か分からなくなったので帰ります。
もちろん、こんなコメントには返信は結構です。
ゆっくり休んでくださいね。

では、来年が氷香さんにとって良い一年となりますように。
ありがとうございました。
2010.12.31 19:11 | URL | ごろちゃん #JyN/eAqk [edit]
ごろ(略称で失礼・・・)からの呼び出しで、お見舞いにきました。

私、彩月さんのお陰で本当に充実したブログ生活を送ることができました。
私を小説の世界に戻してくれたのは、彩月さんです!

からだも心も、ゆっくりするのが一番です。
年末年始、ゆっくりしてください。

これが今年最後のコメントになると思いますが、来年が彩月さんにとって素敵な年となりますように。

で、返コメは不要ですので。
よいお年をお迎えください
2010.12.31 20:20 | URL | 速読おやじ #JyN/eAqk [edit]
おかげさまで、風邪、ほぼ治りましたよ~。

こちらこそ。いつも「読書1万時間」にて、
数々の刺激や、気づき、励ましを頂いてます。

「今年1年を振り返り」の記事、とても素敵で。
じーんと心に沁みました・・・。
当ブログの紹介文も、私にとって、今年最後の、
とても嬉しい贈りものとなりました。
・・・ありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願い致します。
2010.12.31 22:05 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
お見舞い、うれしい!
実は風邪も治って、今日はバタバタ走りまわってました。
風邪でダウンしていた間の分を取り戻さなきゃ!と(笑)

雑用を全部済ませたら、ココに来ようと決めて、
必死で頑張ったんですよ~。やっと、来れました♪

私のおかげなんて!違う違う~ごろちゃん様の努力ですよ。
でも、そんな風に言って頂けるの、嬉しいです。

ブログ生活、楽しく続けていきたいですよね。
うん、できる自信、今日湧きました。
コメント欄を見て、幸せいっぱい、元気百倍です。

速読、ごろ、速読、ごろ、ごろ・・・ステキ!
読書で気づいた男さま、む、むずかしいなぁ・・・。
「読気男」「いた男」「気づ」??どんどんオカシクなっちゃう。
「男さま」とか、どうでしょう?(わーん、ごめんないっ!)

お返事、やっぱり、ギリギリながら、したかったんです。
ちょっと頭が回ってないけれど・・・

とにかく、いっぱいいっぱい、ありがとうございます。
2010.12.31 22:23 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
ありがとうございます。

喜びを感謝をどうしても言葉にしたくて。
簡単すぎますけれど、お返事をば。

速読おやじ様との出会い、ブログを続ける上で、
私の心の大きな支えとなった「事件」でした。

また、元気が出たら、ゆっくり語ります(笑)
来年からも、よろしくお願い致します。
2010.12.31 22:33 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/724-1ae40729

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 書くことについて
  • 2010年12月31日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***