FC2ブログ
Loading…
 

近代文化人にみる書の素顔  疋田寛吉


二玄社
Amazon
(本の画像はありません)


紹介された書の中から、私の目に留まったものの、
ごくごく簡単かつ、私的な感想。

夏目漱石・・・良寛風。さっぱりして気取りがない。なかなか良い。

森鴎外・・・品格あり。冷ややかに端正。すっきり。

幸田露伴・・・おっとり感じる。整っているが丸みあり。

田山花袋・・・いい。割と好き。

有島武朗・・・力量を感じる。上手い。実力がある。

永井荷風・・・瀟洒。きれいで古風。

芥川龍之介・・・龍之介らしい。なぜか気持ちのよい金釘流。

正岡子規・・・好きだな。

河東碧梧桐・・・味があって、何か好き。面白い。

斉藤茂吉・・・なんかパラパラ感が良い(連綿していない)

横山大観・・・物静かで力強くて、かなり好き。

吉川霊華・・・幻の画家。私、知らない人。でも書は凄く良い。
       この本に載ってる中でダントツ。

書にもいろいろあるものだ。
筆で日常の文字を書いていた頃、をふと思ってみる。

それは、私は知らない時代・・・文字はきっと、もっと、
美しかっただろうなぁ。

(2008.11.23)
作品としての「書」よりも、日常の「文字」、
いわゆる「筆跡」に興味があります。
私が書を習ったのも普段、きれいな字を書きたかったから。

そのため、作品作りに熱が入りません。
床の間に飾る掛け軸なんて、別に書きたくないのです。
(現在、恥ずかしいことに私の力作が玄関に飾ってありますが)

とはいえ、ペン習字ではダメ。小手先でない、ホントの字が書きたい。
ペンと筆の違いは、やはり筆の方が身体の感覚が必要だからこそ、
いっそう心の有様が反映されると言う点だと、勝手に私は思っておりますが・・・。
(筆の字が、日常の文字にも変化を起こすのです。徐々に、ですが)

う~ん、いまだ。「私の字」と言えるところに到達しません。


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/735-fcb20a59

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 近代文化人にみる書の素顔  疋田寛吉
  • 2011年01月30日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***