FC2ブログ
Loading…
 

海外の絵本作家たち (別冊太陽)

柴田 こずえ
Amazon

(画像はありません)

海外の有名な絵本作家を、とても丁寧に紹介している。
読み応えのある、ロングインタビューと現地ロケ。
ふんだんな写真も美しく、目の保養になる。

取り上げられている作家は、以下の6人。
◆ディック・ブルーナ(ミッフィー)
◆エリック・カール(はらぺこあおむし)
◆クェンティン・ブレイク(ピエロくん)
◆ジョン・バーニンガム(ガンピーさんのふなあそび)
◆レイモンド・ブリッグス(スノーマン)
◆M.B.ゴフスタイン(ブルッキーのひつじ)

著者名だけでは、ピンと来ないかしら?と、
代表作を(独断ですが)書き添えみました。

この中でも、ミッフィーちゃんで有名なブルーナさんは、
人柄の魅力や独特のこだわりぶりが、割と広く知られているかな。
他の作家も、それぞれ作品と暮らしぶりに明確な個性があります。

しかし私がこの本を読んで良かった!と心から感じたのは、
M・B・ゴフスタインという今まで知らぬ作家に出会えたから。

作品も、暮らしぶりも。潔く美しい。
まるで、哲学者めいた、凛とした深い考えを持ち、
厳しく、やわらかく、生きている。

研ぎ澄まされた感性が、彼女の職場にも反映されていて。
目にも感動を呼び、さらに仕事術にも、惚れ惚れする。

あと、気づかされたことがある。
私は、「線」が好きだ。絵も、書も。
「色」よりも「線」・・・それも一つの個性。

ずっと四角いものを好む自分が不思議だったけれど。
そのわけも、朧につかめるきっかけがあったりした。
(これは長い話で、脱線するので割愛)

このゴフスタインさんの絵本を翻訳しているのが、
谷川俊太郎氏というところに、またちょっと感動。
・・・さすが、谷川さん!

(2009.1.28)
この本(ていうか雑誌)、母が気に入って購入してました。
絵本好き、特にここに挙げた絵本作家のファンなら、必読!


関連記事

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.01.08 18:37 | | # [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/736-2e914093

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 海外の絵本作家たち (別冊太陽)
  • 2011年01月08日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***