FC2ブログ
Loading…
 

『今夜、すべてのバーで』中島らも

4061856278
講談社文庫
Amazon

わかっていたのに。
綾瀬少年の死は完璧に予測していたのに。
泣いてしまった。涙がとまらなかった。

アル中というものが、遠くなく理解できるのは、
私も常に何らかの依存症にかかっているからなのだろう。
理性を超えて、人をクスリに、アルコールに、過食に、
走らせるものは、いったい何なのだろう。

「読む」対象を選ばない濫読を誇る私が、
何故か長年、無意識に避けてきた、中島らも。
正直、こんなに共感できてしまうとは夢にも思わなかった。

これは・・・たいした才能だ、と思う。
まず文句なしに面白い。そしてウソ臭さがない。

似たような小説は、私はだいたい大キライなのに。
上っ面の笑いの底に、偽善的な人生論が見え隠れして・・・。
でも、この本は、それらとは、違う。

自ら堕ちていく病を語って、説得力がある。
生きること、死ぬことの選択肢の中に存在しえる、病。
生死すら賭けたギリギリの縁に、在る病。

私はアル中にはならないだろう。そう言い切ってしまえるが、
それでもその病は、近しく、親しい。
・・・愛しいとさえ感じるほどに。

(2006.5.29)
私と中島らもの出会いの1冊。
この後、しばらく「らもブーム」だったことが懐かしいです。
また、読みたいな・・・。


関連記事

氷香さん、こんばんは。
「今夜、すべてのバーで」の感想アップしてくれたんですね!
すごく嬉しいです。
痛い小説ですよね。
人はだれでもなにかに依存していかないと生きて行けないですから……。
氷香さんの感想、素晴らしいです。
また、寄らせていただきますね~。
2011.01.14 22:48 | URL | かっぱのしんちゃん #JyN/eAqk [edit]
感傷的過ぎるかな、と今までアップしなかった感想なのですが。
かっぱのしんちゃん様のコメントが、心にジーンと響きまして、
自分は、どんなことを感じていたのかなぁと気になって、
探し出して、もう一度、読み返してみたんです・・・

で、素直な感想だなぁ、と。こういうのも悪くないかなぁと(笑)
褒めてくださってありがとう!
いつでも気軽に遊びに来てくださいね~♪

2011.01.14 23:01 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/745-8e0b3bcd

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『今夜、すべてのバーで』中島らも
  • 2011年01月14日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***