FC2ブログ
Loading…
 

何が読みたいの?なぜ読むの?

SN3O2024_convert_20110222172637.jpg

一部ファンの皆様、お待たせしました。
久しぶり(?)の長文ぐるぐる・スペシャルバージョンです。
ムダに長いので、心の準備をして読み始めて下さいませ。

時々、思います。私、なんで、こんなに本を読むんだろ?って。
まぁ、プロフィールの冒頭にあるとおり、「とにかく本が好き」
このひとことに尽きるのだけど・・・。

何しろ、節操のないジャンルの幅と量だけが取り柄(?)みたいな、
やみくもで、とっちらかった濫読でしょう?
正直、自分でも疲れを感じることがあるのです・・・。
好きで読んでて、何かの成果も求めてなくて、趣味・娯楽なんだけど。
私の生きてる時間の大半を費やしてるには違いないわけで。

どうせ読むなら、もう少し「実」になるような読み方があるだろう、って。
読みたい本の山に追いまくられて読んでるけど、ほんとに、そんなに、
何でもかんでも、読みたいのか、私は?って。

ブログを始めた当初に、「本と私」というカテゴリまで作って、
自分と読書の関わり、何を本当に読みたいかを考える、という課題を
掲げたのだけど・・・いつの間にか面倒になっちゃって。

も、いいや~。今まで通り、勢いで読めるだけ読んでやる!と開き直り。
読みながら、愚直に1冊1冊に真剣に向き合っていれば、いずれ、
何か方向性みたいなものは見えてくるだろう・・・と。

う~ん。でも。やっぱり、たぶん。そんなものは無いような気がする。

居心地がいい作風や世界観ってのは、あると思うのですよ。
でも、私にとっては「違和感」も面白さのうちなので。
「大嫌い~」と思うことも、興味深い経験なので。つまり、何でもいい。

ひとつ言えば、「美しい」と思えるものが好きです。
でも、醜悪さを突き詰めると、いっそ美しく見えてくるというのもあり。

あ、ド下手な文章は、受け付けません。
ただし、堅苦しい翻訳文は、慣れてるのでむしろ好き。
それに格調や美文を追求してないので、下手すぎたら逆に面白く感じるかも。
・・・いや、きっと怒りまくる(こんなの出版するな!)んだけど、
その「怒り」を発散することが、結構楽しかったりするんだと思う。

だったら、別に悩まなくてもいい。今のままで。
でもね~。でもね~。そろそろ人生全体ってことを考えるとね~。

えっと。そう。ほんとは、もっともっと私が好きな本があるのに。
もっともっと、感動できる宝物のような、素敵な本があるのに。
「そこそこ」な本ばかりを読んでて人生終わったら悔しい・・・・。

数撃ちゃ当たる、方式の乱発はやめて、多少は狙い撃ちしたい、ってとこ?
いや、読書以外の全てにおいて、もっと確固たる価値観を持ちたいよ。

それは読む対象で決めるのでなく、読んだ上で自分が思うこと、感じること、
考えること、そこから発展させていくものが、作り上げるものだ・・・と。
そんな風に思ってはいるけど。(はからずもブログの説明と一致してますね)

ちょいと、アンタ、そこまで真剣に考えてる?読後に?毎回、毎回?
いやいや・・・多読の避けがたい弊害として1冊の重みは、減少しちゃってる。
時々、こんなユルイな読み方で、ごめんなさい!!って気持ちになります。

私なりの誠実さで、本に向き合ってるつもりでも。ぶっちゃけ手抜きはある。
そこに、まぁ、全ての本が「全力投球」に値しないという言い訳も加わる。
(それを判定する資格が己にあるかどうかという問題はさておき)

読書は、著者が描く世界、思想に出会うことであると同時に、
そこに向き合う中で、「自分」と出会うことでもある・・・と私は思っています。

新しい!と感じる書物に出会ったとき、それは新しい自分に出会うこと。
意外なものが、面白かったり好きだったりする自分を発見してワクワクしたり。
嫌悪感、もその理由を掘っていけば、自己に潜む価値観の秘密の一端がわかる。

え~。でも。それって、一歩間違えば、何もかもを「自己」に投影させてる?
自己満足?自己愛?自己嫌悪?自己憐憫?自己弁護?自己欺瞞?
それに・・・自己の経験値を超えないんじゃない、結局?

まぁ。でも。知識を得る、ということよりは。
私の読書姿勢は、読書することで自分を見つめなおす、という方向です。
もちろん、知らなかったことを知る喜び、純粋な知識欲もありますけれど。

こういう考え方だと、ムダな本っていうのは、ほぼ皆無。
つまらなく思ったら、「なぜつまらないか?」を考える。そこにも発見が。

つまり私にとってサイアクな本は、「何も感じない」本。
著者自身があまり真剣に考えてないな、なんかテキトーだな、って本が嫌い。
ま、それだって、なぜテキトーな本を著者が書いたかを考えれば、
そして自分も同様なテキトーさに陥る可能性(大いにある)を考えれば、
色々と見えてくるものがあったりは、します。

ですけど。これは理想論。実際はそこまで自分に向き合うのも、しんどい。
自分を掘り下げてもね、所詮タマネギの皮むきみたいに不毛だろ、ってね。
考える気力を失う時もある。ううん、考えるのが浅いトコで終わってしまう。
「考える」のと「考え抜く」のとでは、雲泥の差があるのに。

たぶん、私、ちょっとスタミナ切れなのかもなぁ。

というわけで、本以外の方面で感じたり考えたりのリハビリ?
っていうわけでもないんですけど・・・映画や展覧会などに、
やたらと熱心に通おうとしてるのは、深層心理に危機感があるのかも。

何かわかんないけど、心動かすものに出会いたい。
今はそれが書物ではない、と感じているのかもしれない。
私にとって読書は「日常」になり過ぎてて。惰性と化している面もあり。

そんな時、わ~!と驚ける作品に出会えると、凄く嬉しいんですけど。
さすが、伊達に量だけ読んでるだけあって、何を読んでも「何々風」と、
分類できそうなくらいのストックが脳内に・・・。記憶も時に邪魔なのだ。

繰り返して読むと、また違うんですけどね。
再読によって見えてくるものは、自分の中の「時間」も物語りますから。
その余裕がないっていうのが・・・ていうか何から再読したらいいんだ(汗)

・・・というような、プチ・スランプな彩月の現状です。
これは定期的に、やってくる波のようなもので。これが進行すると。
本を全く読まなくなったりもしますが。今のトコ、読書欲は落ちてないです。

読書以外のやりたいことも、四方八方にとっちらかってて、
でも、時間も体力も気力も資金も、全然足りなくて。

何か諦めなきゃ。否、何か選ばなきゃ。何が一番、私にとって大切か?
ああ、それがわかってれば、こんなグダグダした人生送ってるもんか!

でも、ここで、やっぱり、行きつく先は、それでも。
「とにかく本が好き」・・・ああ、おめでたい。

写真は、そろそろ温かくなってきたのに・・・雪の写真。

関連記事

う~ん。ムダに長かった(笑

話を総じてみるとスランプなどではなくて。
新たなことを創造しようとしている前兆・前触れなのかもしれません。
例えば小説など書かれてみては如何でしょうか?
発表するとかしないとか別にして。
試みてもいいのではないでしょうか?


2011.02.23 20:32 | URL | waravino #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.02.23 20:39 | | # [edit]
お疲れ様です(笑)読んで下さってありがとうございます。

小説ですね。実は数年に一度、書こうとするのですが。
出来の良し悪し云々以前に、未完で終わりますね、毎回。
小説書くには決定的に何かが私には不足してるらしいです。

下手糞でも完成できたら、達成感あるかもしれませんね。
いや未完とも言えない、まだ始まってもいない地点で
挫折するんですけどね・・・いつも。

いつか突然、書けるんじゃないかって思ってましたが。
それが今なのか?もしかして?(笑)
試みてみる、というのは良いかもしれませんね。

そういえば、前回書こうとしてから大分、月日が過ぎました。
2011.02.23 22:27 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
私のつぶやきを、そんな風に読んで下さる方がいることが、
何よりの喜びです・・・ありがとうございます。

鍵コメ様がおっしゃって下さったことは、
私が好きな文章を読むとき、感じる想いに似ています。
身に余るお言葉で面映ゆく・・・深く心に沁みました。

帽子を被り、マスクして(!)、お散歩に出てみましょうか。
心に浮かぶ景色も、また違う色合いを帯びるかもしれません。
2011.02.23 23:04 | URL | 彩月氷香 #- [edit]
彩月さん、

ぐるぐるファンの第一人者と自負しております速読おやじです(笑)
私、ほんとにこういう文章好きですよ!

さて、私も「美しい」と思えるものは好きですよ。本を読んでいて、全体的に美しいものもたまにはありますが、たいていは、あの何ページの何行目のここが「美しい!」くらいです。でも、その発見ができたたけで、結構ハッピーだったりします。

私も何のために本を読むのだろう?と時々自問自答しています。
リアルな生活の中ではなかなか経験できないようなことを小説を通じて経験を積み、人生を豊かにするため?・・・・って、取って付けたような説明ですね。

私もぐるぐるするのですが、やはり、読みたいから読む! 好きだから読む!そういうゆるい感じでいいのかなって最近思います。

で、書きたくなったら、書きたいから書く!で。

では、また、ぐるぐる期待していまーす(笑)
2011.02.24 20:15 | URL | 速読おやじ #JyN/eAqk [edit]
良かった! ファンがいる、ということが心の支えとなって、
ぐるぐるを、恐れず発表できて・・・誠にありがたき幸せです。

あまり、褒められると調子にのって、毎日ぐるぐるしますよ~(笑)
ぐるぐるネタは、たっぷりストックがありますから~!
書きたいから書く!という点から言っても、読書感想よりも、
もしかしたら「ぐるぐる」の方が強いかもしれません・・・。

でも、たぶん。時々だから、いいんだと思います(笑)

いやそれにしても、この長いのを最後まで読んで下さる方が、
たくさんいらっしゃることには、毎回感謝しきれない思いです。
次回も、確実に長いですから。ご期待ください♪

2011.02.25 00:22 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/845-1d1f6511

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 何が読みたいの?なぜ読むの?
  • 2011年02月23日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***