FC2ブログ
Loading…
 

祖父・小金井良精の記(上)  星 新一

2011.03.26 星 新一   comments 2
4309407145
河出文庫
Amazon

祖父から老醜という印象を受けたことがない。年齢に不相応な欲望がどこかに残っていると、それが老醜となる。祖父にはそれがなかった。歳月の流れとともに、精神的にも肉体的にも、調和のとれた老いかたをしていた。

星新一が、祖父「小金井良精」を評した一節。
本書の最初の方に出てくるこの文章が、とても印象深くて。
私は、「どういう生き方をしたらそういう老い方ができるだろう?」と。
それが知りたさに、この大作を読んだような気がする・・・。

小金井良精と言う人は、越後長岡藩士として生まれ、
東大医学部の前身に入学、苦学の末、解剖学の草創期を築いた学者。
妻は、なんと森鴎外の妹であり、他にも姻戚関係には有名人がごろごろ。

つまり・・・星新一って、はっきり言って、めっちゃセレブ。
小金井良精さんに、興味がなかろうとも、周辺にキラ星のごとく、
あんな人やら、こんな人やらが登場し、退屈する間もない。
歴史上の人物が身近に見えてくるという余禄もある。

ショートショートのイメージの強い星新一氏、
祖父の伝記を書いても、その持ち味で文体がすっきりしてる。
正直、さして盛り上がりがないのに、淡々と面白いです。

(2011.3.10)
森鴎外に興味がある人は、これは必読かもしれません。
かの「エリス」もちょこっとですが登場します。

関連記事

こんにちは~。
星新一のショートショートは、子供の頃夢中になって読みました。
「ノックの音が」なんか連作形式で洒落てました。
今読み返しても、まったく古さを感じさせないですね。
2011.03.26 10:03 | URL | かっぱのしんちゃん #JyN/eAqk [edit]
そうなんですよ~。
いつ読んでも新しい!
むしろ大人になってからの方がその凄さがわかってきました。
読みながら、唸っちゃいます。
「ノックの音が」ってタイトルだけ覚えてます(笑)
2011.03.27 00:31 | URL | 彩月氷香 #b98C2Btc [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/860-7a2af535

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 祖父・小金井良精の記(上)  星 新一
  • 2011年03月26日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***