FC2ブログ
Loading…
 

午後の曳航  三島由紀夫

4101050155
新潮文庫
Amazon

三島由紀夫の美学が、ぎゅっと詰まった一冊。

主人公は、「欺瞞」というものに、あまりにも敏感過ぎる少年。
そういう時代は、誰にでもあって・・・。
懐かしく感じつつも、むず痒いような、気恥ずかしさを感じる。

その、若さゆえの潔癖さは、しかし歳月とともに擦り減っていく。
消えずにもしも、保たれたなら、その奇跡は当人にとって呪いとなる。

三島由紀夫本人が、きっと、そうだったのだ。
だからこそ、書き得た作品群の、美の残酷と腐敗臭。
退廃の奥の、冷めた視線。華やかさの裏の、皮肉に彩られた純真。

彼は、紛れもない天才だった、と。
著作を読むたびに、感じずにはいられない。

(2011.4.16)
「美」と「醜」が隣り合わせにあることを、常に濃厚に感じさせる。
そして、そのどちらもが強い光を放って同等に艶やかである。
美は決して寛容ではない。多くの犠牲の上に立つものだ、と。
その残酷な現実を、この上なく美しく描く・・・
なんと嫌味な才能の持ち主だろう!惚れ惚れさせられる。



関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/937-93eeb59f

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 午後の曳航  三島由紀夫
  • 2011年04月25日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***