FC2ブログ
Loading…
 

呼吸の本  谷川俊太郎  加藤俊朗

4904507487
サンガ
Amazon

呼吸法の本、なわけです。
読み始めると、ヨガに通じるような「精神世界」の気配が。

んん?怪しい?正しい呼吸で心を浄化?ちょっとビクビク・・・。
私、そういうの、ちょっと苦手なんです。

いえいえ。全然、大丈夫。なんか独特な、のどかさ。
その素朴な言葉がなんとも、魅力的。やさしい言葉に、ほっとします。
ちょっと長いけど、私が好きだなぁ~と思ったところを引用しますね。

魂を磨くとは、心静かに、心穏やかに生きていける自分をつくることと考えてます。平和でやすらいだ生活です。争いごとをしない、他人と調和した生活です。一人の人間として人格を向上させることが魂を磨くということのように思います。
簡単に言いますと、
「ああいうことをしてはまずいぞ」
「じゃー、こういうことをすればいいのか」
「なるほど・・・」
・・・簡単過ぎますか。

他人の足を引っ張るようなことはしたはいけない、
他人が嫌がることをしない、
他人が不愉快になることをしない、
言葉と行為の暴力をしないことです。

魂をみがくとは人や社会の役に立つことをすることです。
仕事、生活、人間関係を通してしか魂は磨けません。
山の中に独りこもっても魂は磨けないとぼくは思います。独り静かに過ごすことはその人にとってはいいことでしょうが。
心穏やかに生きることです。エゴを捨てて自分中心じゃなく生きることで魂は磨かれます。

当たり前のことだけど、その当たり前がストン、と腑に落ちるのは、
なかなかにありそうで、ないこと・・・だと思うのですが?

肝腎な・・・呼吸法は試みるヒマがなかったんですよ・・・ね・・・
CDの付録も、まったく聴かずじまい・・・(汗)

(2011.5.23)
文章なんて書いたことがなかったという、加藤俊朗さん。
先生(谷川俊太郎氏)が言ったことを忠実に守って書いてたら、
少しずつ書けるようになり、書くことが楽しくなったそうです。
その教えというのは・・・

1 加藤さんの味を出すには実践を通して書くのがいい
2 具体的にわかりやすく書くようにする
3 一般に先生といわれているような人の書き方を真似しないほうがいい。
  偉そうに書いてはいけない。

・・・この教え、私も守ったほうが良さそうです。


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/963-4127de08

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 呼吸の本  谷川俊太郎  加藤俊朗
  • 2011年05月31日 (火)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***