FC2ブログ
Loading…
 

『美的のルール』加藤ゑみ子

4887592639

ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

加藤みゑ子さんの「〜のルール」シリーズ。

先日ご紹介した「気品のルール」を筆頭に、
「淑女のルール」「知的のルール」「和のルール」
「美的のルール」(本書)
などがあります。私、実は全部持っています。

定価で本を買っていた時代のものだから、
きっと、かなーり昔のことです。

どの本を読んでも、加藤ゑみ子さんの価値観に対して
カッコいい! 素敵! 見習いたい!と思います。

でも。中でもダントツで好きなのは、この本。

(「美的」って言葉があまり美しくないな・・・というのは
まぁ、内緒ばなしということにしておいて下さい。)

心に刻んでおきたい言葉を書き抜きだしたらキリがありません。
なので、一カ所だけ。一つの章をまるまる引用します。

「美しさに感動を」

 美しさに感動しないものを手にしてはいけません。必要だから、みんなが持っているから、今それが役に立つから・・・・私たちは、数々の理由をつけてものを選びます。ではそのなかに、今も、そして今後も長く、それに感動していられるものはどれほどあるでしょうか。豊富な数量のものがあふれ、選ぶことはたやすく、そして難しい時代です。
 選ぶ基準を持たずに、その時々の必要という理由で所有に走り続けるのは、ただただ所有欲を満足させるだけのことです。たとえば限定という名の新商品などに気持ちが動いてしまうのは、「買っておかなくては」という強迫観念に近いものにすぎません。
 美しい感動があるものに選択を限定しましょう。展覧会やコンサート、映画にしても、観ていないと他の人に遅れるから観るのではなく、あれは観たという記憶だけを残すのではなく、感動を心に残すために観るという意識を持ちます。


(2015.5.16)

『気品のルール』加藤ゑみ子

4887591837

ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

ごくごくシンプルに、「気品」について語っている本。
初めて読んだのがいつだったか思い出せませんが。
時々、読み返しています。

ま・・・「気品」とは遠いままの私ではありますが。

がむしゃらにならなくても。
「気品ある人でいたい」と意識していることに
意味があるはず・・・と都合良く解釈しています(笑)

「こうありたい」と思いながら出来ない事の数々に、
読みながら苦しくなることもありつつ・・・
忘れたくない大切なことを思い出させてくれる本です。

読む時期によって、響いてくる箇所は違うのですが。
今の私に突き刺さったのは、こちら。



 言葉をいい加減に扱っていると、考え方も行動も、外見も乱れてきます。気品のある女性を目指すあなたなら、悪気があろうとなかろうと、無意識であろうとなかろうと、自分が発した言葉に責任を持ってください。自分の意図ではなく、相手がそれをどう受け止めたかに責任を持ってください。
 いったん言ってしまった後は、何もかも責任がとれるわけではないことに気づけば、迂闊さや無意識、無自覚な言動を慎まざるをえなくなるはずです。

              「自分の言葉に責任を持つ」


(2015.5.16)

『上質生活』加藤ゑみ子

488759495X

ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

加藤ゑみ子さんの著書は。
失礼ながらどれを読んでも同じことが書いてあるのですけれど。

このような心掛けで生きていきたい、
日々の生活の態度はこうありたい、
そんな理想を背後から支えて下さる指南書です。

まぁね。固定観念の強さはあると思います。
美に関しては私はもう少し価値観は広く持ちます。
持ち物の選び方に関しても、やや旧弊と言いますか、
これじゃあ窮屈すぎるよね・・・と。

だけど。そういうことよりも。
生活を美しく保つ上での心構えの脆弱さを、
叱咤激励してくれる効果が抜群で・・・。

折りにふれて読み返したい本です。

(2015.3.26)

『無駄なく、豊かに、美しく生きる30のこと』加藤ゑみ子

4799310879
ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

著者は大変、美意識の高い方です。
美しさこそが幸せをもたらすという信念をお持ちです。

シンプルライフとか、断捨離とかが流行り出すより以前に、
無駄をなくすことを「美」の観点から提唱しておられました。

彼女の著作を読むと、背筋が伸びます。

洋服のスタイルに関しての提案だけは、堅過ぎると思いますけれど。
暮らしのルールについては、かなり厳しく限定された価値観ながら、
私は共感しています・・・残念ながら半分程しか実践できませんが。

以下、自分の備忘録としての膨大な書き抜きです。
読者さんへの気遣いは皆無なので、興味のある方のみどうぞ。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***