FC2ブログ
Loading…
 

『アンジェリク 完全版 2 売られた花嫁』アン・ゴロン

4835448006
復刊ドットコム
Amazon

キラキラがまぶしい。

とりあえず。思う存分。
豪華・豪奢・贅沢・キンキラ・ピカピカ。

ドレスや住まいや食事や暮らしぶりが。
華やか過ぎて、目眩がします。

楽しみましょう!
ていうか、めちゃんこ楽しいわ!

この潔さ。
惜しげなくて、清々しいです。

剛胆な印象のある煌びやかさです。
しみったれたところがない。

アンジェリクの結婚相手が。
とてもとても魅力的に描かれています。

読んでいて。思う。
「あっぱれ!」って。

(2018.7.7)
現実逃避には、うってつけと保証します。

『アンジェリク 完全版 1 天使たちの侯爵夫人』アン・ゴロン

4835447999
復刊ドットコム
Amazon

なぜか、ふと。読んでみようと思った。

フランス王朝を舞台にした美女の大河ロマン。
講談社から出てた文庫の存在は知ってましたが。
「はだしの公爵夫人」とかいう謳い文句でドン引きし。

恋と陰謀と野望と没落と興隆と・・・
創造出来る内容に読む前から辟易し。

別に不倫がいかんとか言わないけれど。
不倫が文化どころか「正当」「正義」みたいな。
とにかく、派手派手キラキラ宝塚アダルト版みたいな。

そーゆーのは好きくないのよ!
そもそも私、「風と共に去りぬ」に感動できない変人。
本書はスカーレットに憧れて書かれたというではないか。

でもね。でもね。
なんか。馬鹿馬鹿しい(ごめんなさい!)ものを読みたくて。
頭を空っぽにして、没頭出来るような。
小難しくなく。繊細じゃなく。グイグイ引っぱられるような。

で。突如、長年の読まず嫌いが一転。
一生読まないだろうと思って本作に、白羽の矢が経ちました。

え。あれ。結構、重いわ。軽くないわ。
かなり歴史部分がしっかり・くっきり・しつこく書かれている。

まだ主人公のアンジェリクが幼い、シリーズ一作目。
わー。この子、可愛い。お転婆で負けず嫌いで。
天使みたいな美貌なのに、田舎娘なの。心が強い。

ていうよりも。オリジナルな子ね。
スケールが大きいというか。
毒々しいほどの女らしさの片鱗がありつつも。
さっぱり、きっぱりとした気性が好ましい。

意外なほど、好きになれました。
物語も面白い。ぺらぺらなメロドラマかと思ったら。
けっこうな厚みがあって。ふかふかの絨毯の贅沢さ。

キラキラを引き立たせるドロドロの濃さもなかなか。
びっくりするほど読み応えがあって楽しい。
なんでも読んでみるものだなぁ。

人生はつづき、いろいろな避けがたい義務を伴って、人々を閉じ込める。だが同時に、状況の変化への希望も生まれる。彼女は、日々が疲れを知らぬ急流のようなもので、今後は自分が修業の場へと強制的に引きずり込まれていくのを悟った。

ヒロインの波乱の人生の幕開けを予言する一節。

(修業の場って…もしかして写し間違えたかな?)

(2018.7.3)

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***